ワンプレートカフェごはんのレシピ。柳澤英子さんの和食献立。

ワンプレート カフェごはん ランチプレート レシピ

料理研究家の柳澤英子さんが考案した、ワンプレートカフェ風ごはんのレシピをご紹介します。

「ゴマネギチキン カフェ風プレート」です。

メニューは、「ゴマネギチキン」と「食べたら茶碗蒸し風」の2品。

野菜をたっぷり使った、和テイストのワンプレートごはんです。

(情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2016年11月2日放映)

スポンサーリンク

ゴマネギチキンの作り方

ワンプレート カフェごはん ランチプレート レシピ

まずご紹介するのは、「ゴマネギチキン」のレシピです。

パプリカやエリンギなどの野菜も一緒に調理します。

材料【2人分:調理時間10分】
鶏モモ肉200g
長ネギ2/3本
エリンギ2本
パプリカ(赤と黄)各1/2個
ピーマン2個
塩・コショウ各少々
中華顆粒ダシ小さじ1
大さじ1
ゴマ油大さじ1
黒ゴマ少々
作り方
  1. 長ネギは斜め薄切りにし、エリンギは縦横に2等分し、縦に薄切りにする。ピーマンとパプリカは横に薄切りにする。
    鶏肉は、皮目ではない方に2センチ幅の格子状の切れ目を入れ、一口大に切り、塩・コショウをまぶす。
  2. フライパンにゴマ油を入れ、鶏肉を皮目を下にして並べ、中火にかける。
    片面を3分焼いたらひっくり返し、長ネギ(半量)・エリンギ・パプリカ・ピーマンを入れ、中華顆粒ダシと酒を振り、フタをして3〜4分蒸し焼きにする。
    最後にフタを取って軽く水気を飛ばし、残りのネギ(半量)を加え、さっと混ぜる。
  3. 鶏肉を皿に盛り、その脇に野菜を添える。鶏肉に黒ゴマをトッピングしたらできあがり。

調理のポイントは、2つあります。

1つは鶏肉の扱い方。
筋切りの代わりに格子状の切れ目を入れ、冷たい状態のフライパンにのせ、焼き始めます。
切れ目を入れると肉が縮みにくくなり、また温度をゆっくり上げて焼くと、柔らかくジューシーに仕上がります。

2つめは、長ネギの加熱の仕方。
ネギの半量はしっかり加熱し、残りの半量は最後に加え、食感の違いを出します。

ワンプレート カフェごはん ランチプレート レシピ
素材の味をいかした優しい味付けのおかずが出来ますよ。

スポンサーリンク

食べたら茶碗蒸し風の作り方

ワンプレート カフェごはん ランチプレート レシピ

次にご紹介するのは、「食べたら茶碗蒸し風」のレシピです。

材料【2人分:調理時間5分】
エリンギ1本
3個
豆乳150ml
和風顆粒ダシ小さじ1/2
塩・コショウ各少々
片栗粉大さじ2
三つ葉少々
作り方
  1. エリンギは縦横に2等分し、縦に薄切りにする。
  2. 卵・豆乳・和風顆粒ダシ・塩・コショウ・片栗粉をボールに入れ、よく混ぜる。
  3. 冷たいフライパンに1を流し入れ、エリンギを加え、弱火にかける。
    ヘラでゆっくり混ぜながら、とろっとした半熟状に固まるまで加熱する。
  4. 3を器に盛り、三つ葉を添えたら出来上がり。

ワンプレート カフェごはん ランチプレート レシピ
本物の茶碗蒸しのようなプルンとした食感ではなく、とろっとした口当たりの一品ですが、お味の方は、ダシの味が染みた茶碗蒸しです。

とても面白いレシピですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク