家事えもんの、かた焼きそばのレシピ。もやしが麺の代わり。

もやし かた焼きそば レシピ 家事えもん

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、かた焼きそばのレシピをご紹介します。

「もやしのかた焼きそば風」です。

モヤシとエノキを麺に見立てた、ヘルシーなかた焼きそばです。

風味豊かで食感がユニークな、美味しいかた焼きそばが出来ますよ。

(情報元:TV「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年11月3日放映)

スポンサーリンク

もやしのかた焼きそば風の作り方

もやし かた焼きそば レシピ 家事えもん

「もやしのかた焼きそば風」のレシピです。

材料【1人分:調理時間16分】
あん
鶏ムネ肉50g
モヤシ100g
ニンジン30g
キャベツ50g
キクラゲ4g
◎鶏ガラスープの素小さじ1/2
◎酒大さじ1/2
◎醤油大さじ1
◎酢大さじ1
◎片栗粉小さじ1
◎水100cc
モヤシ100g
エノキ100g
粉チーズ大さじ2
片栗粉大さじ1
ゴマ油小さじ3
作り方
  1. 鶏ムネ肉は一口大に切る。
    ニンジンは千切りにし、キャベツとキクラゲは食べやすい大きさに切る。エノキは石づきを取ってほぐす。
  2. 【麺を作る】モヤシ・エノキ・粉チーズ・片栗粉をボールに入れ、よく混ぜる。
    フライパンにゴマ油(小さじ2)を引き、ボールの中身を円形に広げ、片面6分焼く。
    ひっくり返し、ゴマ油(小さじ1)を補い、もう片面も6分焼く。皿に取り出す。
  3. 【あんを作る】鶏ムネ肉と◎をフライパンに入れ、さっと煮る。
    モヤシ・ニンジン・キャベツ・キクラゲを加え、具材すべてに火が通り、とろみがつくまで煮る。
  4. 2の麺の上に3をかけ、好みでカラシや酢を添えたらできあがり。

もやし かた焼きそば レシピ 家事えもん
かた焼きそばの麺は、モヤシ・エノキ・粉チーズ・片栗粉を混ぜて作ります。

これらを混ぜたものを、ゴマ油を引いたフライパンに広げ、両面をこんがりと焼きます。

【調理のポイント】
かた焼きそばの麺は、モヤシとエノキに、片栗粉と粉チーズを混ぜて作ります。

片栗粉を加えると、モヤシの水分を吸収し、モチモチの食感になります。
また粉チーズが焦げて固まり、表面がカリッと仕上がります。

モヤシとエノキ本来の歯ごたえも加わり、食感が豊かな麺が出来ます。

もやし かた焼きそば レシピ 家事えもん
焼き上がりはこんな感じ。

私は焦げ目を少ししっかりめに付けましたが、家事えもんは、もう少し浅い焼き色に仕上げていました。

もやし かた焼きそば レシピ 家事えもん
このかた焼きそばは、麺の味と食感がとても面白いです。

お味の方は、チーズの風味とエノキの旨味が特に印象的で、優しい味付けのあんとよく調和しています。

食感は、普通のかた焼きそばにくらべ、カリカリ感はやや弱いものの、片栗粉のモチモチ感にエノキとモヤシのシャキシャキ感が加わり、食べ飽きません。

私は、普通のかた焼きそばよりも、こちらの方が好きです。小麦粉の麺を使わなくても、美味しいかた焼きそばが作れますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク