鶏むね肉のレシピ。柳澤英子さんの、ガッツリステーキ。

鶏むね肉 レシピ ステーキ

料理研究家の柳澤英子さんが考案した、鶏ムネ肉のレシピをご紹介します。

「鶏むね肉のガッツリステーキ」です。

ワサビとマヨネーズを混ぜたソースでいただく、さっぱりとしたステーキです。

パプリカやレンコンなどの野菜の付け合わせも一緒に作って、調理時間はたったの15分です。

(情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2016年11月4日放映)

スポンサーリンク

鶏むね肉のガッツリステーキの作り方

鶏むね肉 レシピ ステーキ

「鶏むね肉のガッツリステーキ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間15分】
鶏ムネ肉1枚(200g)
ベーコン160g
レンコン1節
パプリカ(赤)2/3個
塩・黒コショウ少々
少々
サラダ油小さじ2
三つ葉少々
わさびマヨソース
マヨネーズ大さじ1
練りワサビ小さじ1/2
作り方
  1. 鶏ムネ肉は観音開きにし、厚さを均等にする。塩・コショウ・酒で下味をつける。
    ベーコンは1センチ幅に切る。
    レンコンは5ミリ厚の半月切りにし、酢水にさらし、水気を切る。
    パプリカは一口大に切り、ラップをして電子レンジ(600W)で2分加熱する。
  2. 冷たい状態のフライパンにサラダ油を引き、鶏ムネ肉を皮目を下にしてのせ、中火にかける。
    鶏肉のまわりが白くなったらひっくり返し、レンコンとベーコンを加えてコショウを振り、フタをして5分蒸し焼きにする。
    フライパンの中身をすべて皿に取り出し、鶏肉は粗熱を取って切り分ける。
  3. 【ソースを作る】2のフライパンにマヨネーズを入れ、弱火で30秒ほどさっと火を通し、練りワサビを加えて混ぜる。
  4. 2とパプリカを皿に盛る。鶏肉に黒コショウを振り、ソースをかけたらできあがり。

調理のポイントは、鶏肉の焼き方にあります。

鶏肉は、冷たい状態のフライパンにのせ、焼き始めます。
ゆっくり温度を上げていくと、鶏肉がしっとり仕上がります。

また焼き上がった鶏肉は、粗熱を取ってから切り分けると、肉汁が流れ出ません。

鶏むね肉 レシピ ステーキ
鶏ムネ肉の食感は、少ししっかりめではありますが、しっとりしています。

ワサビの爽やかな辛さがアクセントになったマイルドなソースが、さっぱりとした鶏肉によく合います。

たったの15分で、1食分のボリュームのあるおかずが作れますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク