みきママの、ちゃんちゃん焼きのレシピ。ほっけで作ります。

ちゃんちゃん焼き ほっけ レシピ 作り方

おうち料理研究家のみきママが考案した、ちゃんちゃん焼きのレシピをご紹介します。

「ほっけのちゃんちゃん焼き」です。

鮭の代わりにホッケを使ったイタリアン風のちゃんちゃん焼きで、ホットプレートで作ります。

私は大きめのフライパンで作ってみました。

調理時間は30分。
材料費は1人前267円程度です。

(情報元:TV「バイキング」坂上忍とみきママの超お手軽!マジックレシピ 2016年11月7日放映)

スポンサーリンク

ほっけのちゃんちゃん焼きの作り方

ちゃんちゃん焼き ほっけ レシピ 作り方

「ほっけのちゃんちゃん焼き」のレシピです。

材料【4人分:調理時間30分】
ホッケの干物2尾(400g)
白菜1/6玉(500g)
シメジ1パック(150g)
ピーマン3個(90g)
玉ネギ1個(200g)
◎オリーブオイル大さじ3
◎おろしニンニク大さじ1と1/2
◎鷹の爪(輪切り)ふたつまみ
ふたつまみ
カットトマト缶1缶(400g)
ピザ用チーズ100g
パセリみじん切り適量
ピーナッツケチャップ味噌だれ
バターピーナッツ40g
味噌大さじ4
ケチャップ大さじ7
砂糖大さじ2
バジルソース
オリーブオイル大さじ1と1/2
ドライバジル小さじ1
粉チーズ大さじ1
おろしニンニク小さじ1/2
作り方
  1. 【ホッケの塩抜き】水(5カップ:分量外)と塩(10g:分量外)をバットに入れ、ホッケを30分ほど浸す。
  2. 白菜は食べやすい大きさに切り、シメジは石づきを取って小房に分ける。
    ピーマンは1センチ幅の輪切りにし、玉ネギは薄切りにする。
  3. 【ピーナッツケチャップ味噌だれを作る】ビニール袋を2重にし、バターピーナッツを入れ、麺棒で30回ほど叩いて粗めに砕く。ピーナッツ・味噌・ケチャップ・砂糖を混ぜる。
  4. 【ちゃんちゃん焼きを作る】ホットプレートを250度に温め、◎の材料すべてを入れる。
    続いて白菜・シメジ・ピーマン・玉ネギ・塩を加え、油が全体に回るようにヘラで混ぜながら2分ほど炒める。
    野菜を広げ、その上にホッケを皮目を下にしてのせる。
    トマト缶を野菜の上にかけ、3を全体に万遍なくかける。
    チーズを全体に散らしてフタをし、7分蒸し焼きにする。
  5. 【バジルソースを作る】ドライバジルを耐熱容器に入れ、電子レンジ(600w)で1分ほど加熱し、香りを出す。オリーブオイル・粉チーズ・おろしニンニクを加え、よく混ぜる。
  6. 4にパセリを散らし、5を添えたらできあがり。ホッケの骨を外し、全体をかき混ぜていただく。

調理のポイントは、2つあります。

1つは、砕いたバターピーナッツを加え、コクをプラスし食感を良くすること。

2つめは、トマト缶・ケチャップ・チーズを使うこと。
子供から大人まで楽しめる、イタリアンなちゃんちゃん焼きが出来ます。

ちゃんちゃん焼き ほっけ レシピ 作り方
ホッケの干物は、塩抜きをして使います。

またホッケと野菜は、上の写真の右中央にある「ピーナッツケチャップ味噌だれ」で味付けします。

そして、出来上がったちゃんちゃん焼きは、手前にある「バジルソース」をかけていただきます。

ちゃんちゃん焼き ほっけ レシピ 作り方
このちゃんちゃん焼きは、ホットプレートで作りますが、レシピの半量(2人分)だったら、26センチ程度の大きめのフライパンでも作れます。

ホッケの干物とトマトの風味がよく馴染んだ、旨味たっぷりの、子供も喜ぶちゃんちゃん焼きが出来ます。

ソースのバジルの風味と砕いたピーナッツの食感がアクセントになっていて、とても美味しいですよ。

ちなみにみきママによると、このちゃんちゃん焼きは、薄切りにしたバケットにのせて食べても美味しいそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク