豆苗の育て方。残った根本で再収穫する方法。

豆苗 育て方 とうみょう 育てる 栽培

豆苗(とうみょう)を自宅で栽培・再収穫する方法をご紹介します。

食べ終わった後に残る根本の部分を、1週間から10日かけて水栽培します。

うまくいくと、2回は収穫出来ますよ。

スポンサーリンク

豆苗の育て方

豆苗 育て方 とうみょう 育てる 栽培
まず根本から3〜4センチのところで切ります。

なぜ3〜4センチかと言うと、根本から2つめの脇芽の上あたりで切ると、豆苗が早く成長するからです。

切った若菜は、料理に使います。

豆苗 育て方 とうみょう 育てる 栽培
残った根本は清潔な容器に入れ、豆が浸らない程度の水を注ぎ、室内の明るいところに置きます。

そして1日に1〜2回くらい水を替えます。

そうすると、冬場でも2〜3日くらいで新芽が出てきます。

豆苗 育て方 とうみょう 育てる 栽培
1週間〜10日ほど栽培し続けると、そろそろ食べ頃です。

買った時と同じ、柔らかくてみずみずしい若菜が収穫できます。

ちなみにもう1回同じことを繰り返すと、2回目が収穫出来ることもありますよ。

最後に、当ブログで人気の豆苗レシピを2品ご紹介します。

スポンサーリンク

豆苗の人気レシピ

豆苗 レシピ 人気 とうみょう 料理

栄養満点!豆苗と豚肉のあんかけ

料理研究家 柳澤英子さんのレシピ。

シンプルな味付けのさっぱりとした豆苗が、コクのある豚バラ肉とよく合います。

詳しいレシピは、メニュー名のリンク先をご覧ください。

チャンプルー レシピ 和田明日香

なんでもチャンプルー

食育インストラクター 和田明日香さんのレシピ。

包丁を使わず、たったの5分で作れます。

野菜の甘みが引き立つ、優しい味付けのチャンプルーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク