煎り酒の作り方と使い方。車浮代さんのおすすめ。

公開:

煎り酒 レシピ あさチャン あさトク

江戸時代の万能調味料「煎り酒」の作り方をご紹介します。

「煎り酒」は、醤油の代わりに何にでも使え、塩分が控えめでヘルシーなことから、今再び注目されているそうです。

「煎り酒」は、自宅でも簡単に作ることができます。
材料は、かつお節と梅干しと酒だけ。

今日は、江戸料理文化研究家の車浮代さんがすすめる、「煎り酒」のレシピと使い方をご紹介します。

ちなみに車さんは「江戸おかず」をはじめとした、江戸料理のレシピ本を執筆しています。

(情報元:TBSテレビ「あさチャン!」あさトク 2017年5月15日放映)

スポンサーリンク

煎り酒の作り方

煎り酒 レシピ あさチャン あさトク

「煎り酒」のレシピです。

材料【100ml分】
日本酒200ml
梅干し大1個
少々
かつお節1/2パック(1.25g)
作り方
  1. 小鍋に日本酒・梅干し(種ごと)・塩を入れ、日本酒が半分になるまで弱火で煮詰める。
    かつお節を加え、さらに5〜6分弱火で煮る。
  2. 1を火からおろして粗熱を取り(上の写真)、キッチンペーパーを敷いたザルで丁寧に濾したらできあがり。
    煮沸消毒した容器に入れ、冷蔵保存で1週間以内に使い切る。

使用する鍋は、梅干しが日本酒にしっかり浸るような、底の狭いものがおすすめだそうです。

煎り酒 レシピ あさチャン あさトク
ほのかな酸味と深い旨味が印象的な、優しい味の調味料が出来ます。

車さんによると、ごく一般的な醤油の塩分は、大さじ1あたり2.6gくらい。でもこの煎酒は、その1/6程度(0.42g)です。
かつお節の風味が効いているので、少ない塩分でも塩気がしっかりと感じられるのだそうですよ。

お刺身やおひたしと合わせたり、卵にかけたりと、普通の醤油と同じように使えます。

煎り酒 レシピ あさチャン あさトク

最後に、車さんおすすめの煎り酒の使い方をご紹介します。

まずご紹介するのは、「煎り酒ドレッシング」のレシピです。
煎り酒とオリーブオイル(各適量)を混ぜたら完成です。
さっぱり味のドレッシングで、サラダやカルパッチョにおすすめだそうです。

次に、このドレシングを使った「しらすとキャベツの和風パスタ」(上)のレシピをご紹介します。
ゆでたキャベツとパスタに「煎り酒ドレシング」を混ぜ、シラスと大葉と卵黄をトッピングし、最後に煎り酒を回しかけたらできあがり。
私は濃い味に慣れてしまっているからか、煎り酒をけっこうたっぷり使ってしまいましたが、さっぱりとしつつも味に深みのある、食べ応えのあるパスタが出来ましたよ。

※車さんおすすめの江戸時代の万能調味料「煮貫」のレシピも紹介しました。リンク先も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
煮貫(煮ぬき汁)の作り方。車浮代さんのおすすめ。

江戸時代の万能調味料「煮貫(煮ぬき)」の作り方をご紹介します。「煮貫」とは、味噌仕立てのめんつゆのこと。醤油が普及する前、江戸庶民がうどんや...

とうもろこしの炊き込みご飯のレシピ。芯も使います。

トウモロコシの生産者、「安西農園」の安西淳さんのが考案した、トウモロコシの炊き込みご飯のレシピをご紹介します。「トウモロコシご飯」です。トウ...

トマト味噌のレシピ。減塩できる万能調味料の作り方。

料理研究家のMICHIKOさんが考案した、「トマト味噌」のレシピをご紹介します。「トマト味噌」とは、トマトと味噌の旨味をいかした万能調味料の...

木村多江さんの、鶏肉のレシピ。鶏肉と梅の酒煮。

女優の木村多江さんが考案した、鶏肉の簡単レシピをご紹介します。「鶏肉と梅の酒煮」です。鶏手羽元に叩いた梅干しと酒を加え、20分ほど煮たら完成...

乳和食のレシピ。牛乳を使った新しい和食の作り方。

管理栄養士の小山浩子さんが考案した、「乳和食」のレシピをご紹介します。「乳和食」とは、牛乳を使った和食のこと。カレーやシチューに牛乳を加える...