ほうれん草をレンジでチンする方法。時間は600wで2分。

公開: 更新:2017/06/08

ほうれん草 レンジ 電子レンジ

ほうれん草を電子レンジでチンする方法をご紹介します。

水洗いしたほうれん草(1束)をラップで包み、600wで2分加熱します。

ほうれん草はアクが強いので、チンした後はさっと水にさらします。

手順
  1. ほうれん草(1束)を水洗いし、ラップで包み、電子レンジ(600w)で2分加熱する。
  2. ラップを外して水にさらし、水気を絞ったらできあがり。

管理栄養士の足立香代子さんによると、ほうれん草は鍋で茹でるよりレンジでチンした方が、栄養を逃さず摂取できるそうです。

写真をもとに手順を説明します。

スポンサーリンク

ほうれん草を電子レンジで加熱

ほうれん草 レンジ 電子レンジ
【工程1】
まずほうれん草(1束:200g)を水洗いします。
ちなみにスーパーで売られているほうれん草は、だいたい1束200gと決まっています。

そしてほうれん草全体をラップで包み、電子レンジ(600w)で2分加熱します。


【工程2】
チンしたらすぐにラップを外し(熱いので注意)、ほうれん草をさっと冷水にさらし、水気を絞ります。

ほうれん草には「シュウ酸」という体に良くない成分(度を超えて摂取するとカルシウムの吸収が阻害されたりする)が含まれているので、面倒でも加熱後に水に浸し、シュウ酸を取り除くことおすすめします。
またシュウ酸は苦味やエグミのもとでもあるので、水にさらした方が、小さな子どもでも食べやすくなりますよ。

ただあまり水に浸しすぎると、ほうれん草に含まれる一部のビタミンも流れ出てしまうので、さっと浸すくらいがおすすめです。


食べやすい大きさに切ったらできあがりです。

ちなみに管理栄養士の足立香代子さんは、ほうれん草の栄養を無駄なく摂取するおひたしの作り方として、このレンジを使った加熱方法と水にさらす方法をすすめています。詳しくはこちらをご覧ください。

このレンジを使った簡単な加熱法をいかせば、ほうれん草のお料理をまったくの手間なしで食卓に出せますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほうれん草のおひたしのレシピ。電子レンジで栄養たっぷり。

電子レンジを使った、ほうれん草のおひたしの超簡単レシピをご紹介します。管理栄養士の足立香代子さんがすすめる、栄養を無駄なく摂れるおひたしの作...

ブロッコリーを電子レンジで加熱する方法。時間は100gで1分。

ブロッコリーを電子レンジで加熱する方法をご紹介します。ブロッコリーをチンする方法ブロッコリーを小房に分ける。1を耐熱皿にのせ、大さじ1~2程...

玉ねぎが目にしみない方法。電子レンジでチンします。

玉ネギを切っても目にしみない方法をご紹介します。皮をむかずに丸ごと電子レンジで加熱するのが、一番簡単な方法です。目にしみない上に、皮もむきや...

家事えもんの、本格カレーのレシピ。電子レンジで作ります。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、カレーのレシピをご紹介します。「火を使わずに2日煮込んだような 本格カフェカレー」です。...

家事えもんの、カップケーキのレシピ。ほうれん草フォンダンショコラの作り方。

家事えもんこと、ジューシーズの松橋周太呂さんが考案した、カップケーキのレシピをご紹介します。「ほうれん草フォンダンショコラ」。ほうれん草をた...