トイレブラシなんて、もう要らない。手を突っ込んでゴシゴシ洗う。私のシンプルトイレ掃除術

公開: 更新:2016/08/30

トイレ

以前、風水の本を読みあさっていた頃、トイレ掃除についての、とても印象的なフレーズに出会いました。

トイレ掃除は、健康運をも左右する。

誰の本だったけかな。残念ながら、忘れてしまいました。
思い出せないけれど、なんだか妙に腑に落ちるフレーズです。
トイレをピカピカにしていたら、健康的な生活が送れる。本当にそんな気がしてくるから不思議です。

私は、もともと掃除は嫌いじゃありません。むしろ、好きです。でも、この言葉に出会って以来、今まで以上にトイレ掃除に励むようになりました。便器の中を磨く頻度も、2~3日に1ぺんだったのが、毎日になりました。

けれども、何かが違う。
たしかに便器自体は綺麗になるんですが、どうも、しっくりこない。
そしてある時、気がついたんです。その不快さの原因に。

スポンサーリンク

トイレ掃除が嫌なのは、トイレブラシに原因があった

マーナ SLIM トイレブラシ ホワイト W201W

自分のトイレ掃除がしっくり来なかった理由、それは、トイレブラシにありました。

掃除後、ビショビショのままトイレの隅っこに放置されるトイレブラシ。水分を適度に含んだ容器の中でワラワラと増殖する細菌たちを想像するとゾッとします。何というか、トイレ全体の品位を貶めている感じですね。あれは、よくありません。

まあ、濡れたまま放置するのではなく、流しできれいに洗った後に、屋外に干してから仕舞うことで、だいぶマシになるとは思います。でも、どこからどう見てもトイレブラシにしか見えないあの物体が、ベランダなどに干してあるのはあまり気持ちのいいものではありません。

そこで、考えたんです。ホントにトイレブラシは必要なのかって。

トイレブラシというのは、そもそも、できるだけ便器に顔を近づけたくないという思いから生まれた商品だと思います。だから、柄が長い、あの形状になったのでしょう。

だったら、便器に手を突っ込んで、顔を近づけて洗えば、トイレブラシなんていらないんじゃないかと。
私はそう考えて、思い切ってトイレブラシを捨てることにしたんです。

スポンサーリンク

便器の中は手で磨くのがイイ

さて、トイレブラシを処分した後、どうなったか?
とってもシンプルなトイレ掃除になりました。

スポンジに洗剤をつけて、便器に手を突っ込んで磨く。これでいいじゃんと思います。

正直、はじめは抵抗感もありましたが、慣れてみたらすごくイイです。
慣れてしまえば、お風呂に残った垢を掃除するのと一緒です。
隅々までキレイになるし、トイレブラシでおっかなびっくり掃除していた頃とは大違い。ツルッツルです。

トイレブラシなんて、いらない。便器は手を突っ込んで磨く。
オススメですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:ぐらんぱるぽーとのトイレ by Norio NAKAYAMA

トイレマットとトイレカバーを無くし、トイレ掃除を頻繁にしています。

つい最近まで私は、清潔なトイレマットとトイレカバーがトイレには欠かせないと考えていました。トイレマットとカバーは、私にとって、気持ちの良いト...

ユミリーさんのトイレ風水。窓のないトイレを、塩・観葉植物で浄化。

私は今、「風水」にハマっています。なんだか最近、いまひとつパッとしない。日々の生活にちょっとした閉塞感を感じていたんです。そんな中、本屋でた...

トイレ掃除で金運アップ。トイレがきれいな家庭は、90万円ほど年収が高い。

トイレ掃除をすると金運がアップすると言われます。風水などでお馴染みの話です。私はずっとこの話を漠然と記憶していました。インパクトはありますが...

トイレマットの必要性。洗濯の手間がかかることが、実はメリットなんだと思う。

トイレマットの必要性については、賛否両論がありますよね。いらない派の代表的な意見としては、「スグに汚れるから、洗うのが手間」というものだと思...

努力しなくても部屋をキレイに保ち続ける方法。掃除機の通り道を確保しよう。

「部屋を活かせば人生が変わる」という本を読みました。片づけと掃除術について、ちょっと変わった視点から書かれており、なかなか面白い本です。この...