近藤麻理恵さんの片付けレッスン。「どんな暮らしが理想ですか?」

公開: 更新:2016/05/23

近藤麻理恵 こんまり 毎日がときめく片づけの魔法

片付けコンサルタントの近藤麻理恵さん。
彼女の片付けレッスンは、「どんな暮らしが理想ですか?」と聞くことから始まるそうです。

理想の暮らし。こう聞かれると、理想の「家」あるいは「部屋」を思い浮かべる方が多いと思います。
広々としたキッチンで料理がしたいとか、ベランダのある家でガーデニングがしたいとか、あるいは、かわいい小物やインテリアに囲まれて暮らしたいとか。
つまりは、「理想のおうち」。
まあ、私もそうなんですけどね。

でも、冒頭の質問は、そのような「理想のおうち」を聞いているものではないようなんです。

スポンサーリンク

「理想のくらし」とは、「理想の時間の過ごし方」のこと

では、何を質問しているのでしょうか。

こんまりさんによれば、「どんな時間の過ごし方が理想ですか?」ということを聞いているんだそうです。
「おうち」の中での、毎日の時間の過ごし方。それが、こんまりさんの言う、「暮らし」なんです。

なるほど。とっても興味深いご指摘だと私は思います。
暮らしとは、行動。ハコモノじゃない。
そう考えると、いま住んでいる部屋が「理想のおうち」じゃなかったとしても、「理想の暮らし」を手に入れることはできるということですものね。

さらには、こんまりさんは、こんなことも仰っています。

ここだけの話、片付けを終えて「理想の暮らし」を始めた人から、「二年後に理想通りのおうちに引っ越せました!」「ずっと欲しかった家具を譲ってもらえました」なんて、「理想のおうち」のほうまでかなってしまったという声が絶えないのも、これまでこの仕事を続けてきて、不思議に思うことの一つです。

実は、「理想のおうち」を手に入れる近道は、「理想の暮らし」を送ることなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:Flowers in Jars Vase by Dinner Series

「理想のくらし」を考えるには、朝と夜の「理想の過ごし方」に注目するといいです。

片づけコンサルタントの、近藤麻理恵(こんまり)さん。先日私は、近藤麻理恵さんの片付けレッスン。「どんな暮らしが理想ですか?」という記事の中で...

近藤麻理恵さんが絶賛するお部屋。美輪明宏さんが若い頃に住んでいた、6畳一間の素敵なお城を紹介します。

近藤麻理恵(こんまり)さんの著書、「毎日がときめく片づけの魔法」。その本の中に、こんまりさんがとても気に入っているという、1冊の書籍が紹介さ...

近藤麻理恵さんのときめく片づけ。「マイ神棚」のある生活を始めました。

上の写真をご覧ください。これは何だと思いますか?実は、これ、わが家の神棚なんです(笑)。本棚の上段につくった神棚です。この神棚をつくるきっか...

近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけ」で、劇的に変わったわが家の本棚

 先日わが家の本棚を片づけた時、私は、以下の2つのプロセスが片づけをする上でとても大切であることに気づきました。まずは、もともとあった場所か...

ドミニック・ローホーさんの理想の家。人生の変化に合わせた住まい方。

モノを極力持たない暮らしを模索されている執筆家のドミニック・ローホーさんは、今月(2015年1月)に発売された新刊「屋根ひとつ お茶一杯 魂...