アンチエイジングに効く食べ物。鮭は、チリ産やノルウェー産ではなく、アラスカ産を選ぶべし。

公開: 更新:2016/08/30

アンチエイジング,食べ物,鮭,アスタキサンチン

鮭は、アンチエイジングに効果があるとよく言われます。
鮭の身を赤くする「アスタキサンチン」という成分には、抗酸化作用があるためだそうです。

ただし、鮭を購入する際には、注意が必要です。
なぜなら、このアスタキサンチンを摂取するためには、「天然の鮭」を選ぶ必要があるからです。

スポンサーリンク

アンチエイジング効果のために、天然の鮭を選ぶ理由

養殖の鮭の身が赤いのは、着色料によるものだそうです。アスタキサンチンによって身が赤くなっているのではありません。天然ものに見た目を近づけるために、人工的に色をつけているんですね。
一方、天然の鮭は、海にいるオキアミなどのプランクトンを食べることで、アスタキサンチンをつくりあげ、その結果、赤身になるそうです。

つまり、養殖の鮭を食べても、アスタキサンチンは摂取できないため、アンチエイジングの効果がないということです。
着色料で染めているなんて、養殖の鮭を食べるのがイヤになっちゃいますね。

アラスカ産の鮭は、100%天然もの

さて、養殖か天然かでアンチエイジング効果が分かれる鮭ですが、あまり意識せずに購入した鮭が、意外と天然ものだったりすることもあるようです。

鮭というと、チリ産やノルウェー産などが多いですよね。
実際、国内で流通している鮭・マス類の72%が輸入もので、輸入元の国別ランキングでは、1位チリ(輸入の66%)・2位ノルウェーなんです。

でもそんな中、たまに「アラスカ産」の鮭を見かけませんか?もしくは、アメリカ産。(アメリカで取れる魚介類のおよそ66%は、アラスカで捕獲されるそうです。)

実は、アラスカでは、州の法令で、ひれ魚の養殖が禁止されているそうです。ですから、アラスカ産の鮭は100%天然物らしいのです。
私は今まで、このことを知らずに、たまにアラスカ産の鮭を購入していました。どうせ養殖だろうと思いながら。

アラスカ産の鮭だったら、アンチエイジングの効果も期待できますね。
ただし、チリ産やノルウェー産の鮭よりも少々割高のようですけどね。

参考サイト:そのサケ、どこ産?輸入シーフード“産地ブランド”の意外な事実
画像引用元:MARCHE MAY 2010 GLAZED SALMON BY SWANKSALOT

スポンサーリンク
スポンサーリンク
異性にモテたいなら、香水は自分で選ぼう

 『「体臭」は消さずに補え!モテる香水の使いかた』、クーリエ・ジャポン2012年7月号のこの記事が、とても興味深かったのでご紹介します。どう...

美肌に良い鮭のレシピ。抗酸化作用は、レモンの6000倍。

食事療法の専門家で西台クリニック院長の、済陽高穂さんがすすめる、美肌効果のある鮭のレシピをご紹介します。「鮭とアボカドのサラダ和え」です。鮭...

アンチエイジングに大敵な「紫外線A波」。日焼け対策は5月から強化すべし。

皮膚科医の吉木伸子さんは、今日放映されたテレビ番組(テレビ朝日「グッドモーニング!」)の中で、これから夏に向けた紫外線対策についてお話されて...

桝谷シェフの、鮭茶漬けと水菜のサラダのレシピ。

イタリアンのシェフ 桝谷周一郎さんが考案した、「鮭茶漬け」と「水菜のサラダ」のレシピをご紹介します。桝谷さんは、タレントの明石家さんまさんの...

アンチエイジングに効果抜群の食生活。「小麦は食べるな!」の著者がすすめる、老けない食べ方

AGE。「年齢」という意味の英語ではありません。AGEとは、最終糖化産物(Advanced Glycayion End Products)の...