本棚の整理方法。読み終えた本はAmazonで売ろう!

公開: 更新:2016/05/23

本の整理

今日は、本棚をスッキリと整理する、私なりの方法をご紹介します。

それは、「読み終えた本を、Amazonで売る」ということ。
まあ、私の場合はAmazonでしたが、かりにAmazonでなくても、手元の本を活かしつつ、手放す覚悟がいつでも出来る状態っていいなと思うんです。
そんな環境をつくっておくことが、本を片づける上でとても効果があることに、私は最近気づきました。

スポンサーリンク

本の片づけに目覚めたきっかけは、近藤麻理恵さん

私が本棚の片づけに目覚めたのは、ちょうど1年くらい前のこと。
近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」という本を読んだことがきっかけでした。

その際、近藤さん流に本を1冊ずつ手に取り、「ときめくか」「ときめかないか」を確かめたところ、数百冊あった本がなんと50冊くらいに減ったんです。
実はそれまでの私は、本というのは年を重ねる度に増えていくものだという思い込みがありました。もう2度と読まない本だと分かっていても、本好きの私は、その本を処分することができなかったんです。

でも、近藤さんのおかげで、ときめくモノに囲まれて生きることの意味が分かるようになりました。今では、家の中の「ときめき度」を、さらにもっと上げたいと思っています。

Amazonで本を売ることの意味

さて、その後私は、さらに本の数を減らし、50冊あった本が、今では十数冊になりました。しかも、そのうちの半分は、近々家からなくなる予定の本なんです。つまり半分は、Amazonに売るための本ということです。

私は先月から、Amazonで本を売るようになりました。
面白半分で始めたことですが、1か月経過してみると、結構バカにならない収入になることがわかりました。
ちなみに、これまで 50冊の本を売って、2万円以上の純利益が出ました。

思わぬ小遣い稼ぎになったことには、とても驚きましたが、Amazonで本を売るメリットは、他にもありました。
それが、今日お話ししたい「本の片づけ」と関係があります。
以下に簡単にまとめます。

Amazonで本を売るようになって起こった変化

  1. 本の数がグッと減った。
  2. あまり重要でない本も、大事に扱うようになった。
  3. 本棚の隅々にまで注意が行き届くようになった。

Amazonに出品するようになって、一番変わったことを一言で述べるとすれば、本にあまり執着しなくなったことでしょうか。
もちろん、素晴らしいと思える本は今でもありますけど、よくよく考えると、出版年が古い本だったら、どこかの図書館に行けば、簡単に読むことができます。
それらを手放してAmazonで売れば、得られた収入を新刊の購入に使うことができます。しかも、「読んだら手放す」を習慣にすると、本の内容をしっかりインプットできることが分かりました。
そのため最近では、私は、よほどのことがない限りどんな本も、読んだらすぐに手放すようになりました。
こうして私の本は、グッと冊数が減りました。

現在私の本棚には、これから読む本が数冊あります。そして、すでに読み終わった本の殆どは、「売り物」です。
つまり、今後も取っておく本は、ほんの数冊しかありません。

ちなみに「売り物」の本は、私の本棚の一番上の段に並んでいます。
これまでは、読み終えてあまり印象に残らなかった本は、本棚の隅っこの方で適当な扱いを受け、忘れ去られる運命にありました。でも、Amazonで本を売るようになって以来、それらはむしろ、VIP扱いされています。
結果的に、本棚の隅々まで注意が行き届くこととなり、すべての本を大事に扱えるようになりました。

ところで、Amazonでたとえ売れたとしても、Amazonに支払うマージンもあるため、どんな本でも利益が出るわけではありません。1円でしか売れない本も時にはありますからね。
そんな場合、私は、ある程度まとめてブックオフに売っています。まあまあの金額になることもありますよ。

本は読んだら手放すことを考える。本棚も気持ちもスッキリします。
Amazonは使えますよ。

画像引用元:My bookshelves: fiction by emmajanehw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけ」で、劇的に変わったわが家の本棚

 先日わが家の本棚を片づけた時、私は、以下の2つのプロセスが片づけをする上でとても大切であることに気づきました。まずは、もともとあった場所か...

近藤麻理恵さんのときめく片づけ。「マイ神棚」のある生活を始めました。

上の写真をご覧ください。これは何だと思いますか?実は、これ、わが家の神棚なんです(笑)。本棚の上段につくった神棚です。この神棚をつくるきっか...

近藤麻理恵さんの「毎日がときめく片づけの魔法」。

近藤麻理恵(こんまり)さんの新刊、「毎日がときめく片づけの魔法」が、今日発売されました。この本は、こんまり流「片づけの魔法」シリーズの第3弾...

クローゼットの整理術。「少ないけど良質の服を」が、今のトレンド。

クローゼットの中の服を減らした、シンプルな暮らしをすすめる本が、最近はとても人気があります。私はそうした本の影響で、クローゼットを自分でも驚...

半径50センチからの部屋づくり。エレガントな女性に必要なのは、自分の好きなもの。

今日は「エレガントな女性になるため部屋づくり」を話題に取り上げます。そのために、まずは片づけについて触れたいと思います。モノがほとんどない部...