ロッテのパネトーネを食べてみた。

公開: 更新:2016/08/26

パネトーネ(ドライフルーツ)

2014年3月25日に東日本で先行発売されたロッテの「パネトーネ」。
「ドライフルーツ」を食べてみました。

スポンサーリンク

パネトーネ(ドライフルーツ)
商品名になっている「パネトーネ」は、イタリアで作られる伝統的なお菓子の名前。
「パネトーネ」という発酵種を使って、膨らませた甘いパンのことです。

ロッテによると、新商品の「パネトーネ」は、このイタリアのお菓子を、同社の半生菓子技術を生かしつつ再現したものだそうです。

味は2種類。
「ドライフルーツ」と、「チョコレート」があります。

パネトーネ(ドライフルーツ)
パッケージの中には、マフィン型をしたパネトーネが1つ入っています。

さっそく味見をしたところ、驚きました。
本格的なパネトーネ。
これはとても美味しいです。

私はこれまで、本場イタリアでも日本でも、パン屋さんとお菓子屋さんでしかパネトーネを見かけたことがありません。
ですから、こうして1つずつ袋づめされて駄菓子売り場に並んでいるパネトーネが、何だかとても新鮮でした。

パネトーネ(ドライフルーツ)
ところでこの商品、イタリアで作られている通り、ちゃんとパネトーネ種を使って発酵させているそうです。パネトーネを使った生地って、フルーティーな風味と上品な甘さがありますよね。私は大好きなんです。
そんな本場のパネトーネの特徴も楽しめましたよ。

また生地は、しっとりして食べやすい。ロッテの半生菓子技術によるものでしょうか。

ドライフルーツの種類がたくさん入っているところも嬉しい。
レーズン・オレンジ・レモン・シトロン・パイン・クランベリー・リンゴ。これらの酸味がほどよく効いていたのも印象的でした。

今度はチョコの方を食べてみたいな。
ごちそうさま。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チョコ好きのためのチョコケーキを食べてみた。

山崎製パン(Yamazaki)の新商品、「チョコ好きのためのチョコケーキ」を食べました。「チョコ好きのためのチョコケーキ」には、もう1つ別の...

りんごパンのレシピ。パネトーネマザーでつくると上品な味わいになります。

生のままいただくにはちょっと水っぽくて残念なリンゴで、パンをつくりました。まず、リンゴから出る水分だけで煮リンゴをつくります。煮リンゴをさら...

weleda(ヴェレダ)のリップクリーム。勝田小百合さんの超オススメが、気に入っています。

先日、ドイツのオーガニックコスメブランド「ヴェレダ」のリップクリームを買いました。私は、ヴェレダの商品を長いこと愛用しているんですが、リップ...

パネトーネマザーを使って、食パンを焼いてみました。

「パネトーネマザー(粉末)」を使って、食パンを焼いてみました。 パネトーネマザーとは、イタリア北部のコモ湖周辺に生息する自然酵母を、400年...

ミシュランガイドで紹介された、手打ちそば屋「鎌倉 梵蔵(ぼんぞう)」。人気の「天ざる」をいただきました。

鎌倉の手打ちそば屋「梵蔵(ぼんぞう)」で、「天ざる」をいただきました。こちらのお店は、2011年2012年版のミシュランガイドに掲載されたそ...