家を精一杯美しく使うと、より良い家が次に待っている。有元葉子さんの体験談より

公開: 更新:2016/05/23

有元葉子

料理研究家の有元葉子さんの著書には、しばしばご自宅の写真が掲載されています。

イタリアと日本、どちらのお家も、シックで落ち着いた雰囲気が素敵。思わずうらやましくなります。暮らしぶりをうかがうと、有元さんが、ご自宅での生活を存分に楽しまれている様子が伝わってきます。

さて、そんな有元さんは以前、あまり気に入らない家にお住まいだったこともあるようです。でも、好きになれないからといって、適当な扱いをしていたわけではありません。有元さんは、どんなお家でも自分なりに精一杯美しく使ってきたと言います。
そして彼女によれば、そんな心がけが、より良い家との出会いに繋がりました。

スポンサーリンク

使いきる。」という著書の中で、有元さんは次のように語っています。

今あるこの空間を自分なりに精一杯美しく使っていると、より良い空間が次に待っている・・。
これね、本当なんです。ちょっと不思議な話だけれど、そういう経験をしてきて、私自身がびっくりしているのです。(中略)

ただ一所懸命暮らしてきたんですね、私はどの年代もどの時代も。狭い空間だったり、たとえ気に入っていない環境だったとしても、そこに住んでいるときは、「これ以上はできません」っていうぐらい、自分なりに美しさや快適さを追求する。その空間を充分に使いきる。するとなぜか自然に、次の良いものが待っている。私の場合はそうでした。

残念ながら、今の私には実感の持てるお話ではありません。でも、おそらくこれは真実なのでしょう。
今ある家を一所懸命磨き上げると、よりよい縁が引き寄せらる。「暮らしに対する心がけ」と「住まう家」って、深い関係があるんですね。

このお話は、有元流の「理想のお家に住む方法」として、しっかり記憶しておこうと思います。

※冒頭の写真はイメージ画像です。
画像引用元:The living room sofa, brightly colored pillows, table, lamps, and art, staged Craftsman house, U District, Seattle, Washington, USA by Wonderlane

スポンサーリンク
スポンサーリンク
近藤麻理恵さんのときめく片づけ。「マイ神棚」のある生活を始めました。

上の写真をご覧ください。これは何だと思いますか?実は、これ、わが家の神棚なんです(笑)。本棚の上段につくった神棚です。この神棚をつくるきっか...

カレンダーと壁掛け時計のない生活。有元葉子さんのシンプルライフ

私は「モノを持たないシンプルな生活」を日頃から心がけています。でも、思い込みや先入観から、まだまだ余計なモノに振り回されていると気づくことが...

女性らしさを磨く方法。ワタナベ薫さんがすすめる「一人セレブごっこ」を試してみた。

メンタルコーチのワタナベ薫さんは、美しくて前向きな女性の生き方を提案されています。ワタナベさんのご意見を、私はよく参考にさせていただきます。...

まな板に除菌&漂白剤は要らない。有元葉子さんがすすめる、まな板の洗い方。

料理研究家の有元葉子さんがすすめる、まな板の洗い方&管理の仕方をご紹介します。有元さんは、著書「毎日すること。ときどきすること。」の中で、ま...

服は「一生もの」を選ぶのではなく、常にアップデートすることを考える。

今月(2014年11月)発売された『「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女の秘密』という本は、著者が出席した同窓会の話か...