鎌倉でおすすめのフレンチレストラン「フィデリテ」。素材の味を生かした繊細な味つけと細やかな配慮が魅力です。

フィデリテ
鎌倉にあるカジュアルフレンチレストラン「フィデリテ」でランチをいただきました。

こちらのお料理は、素材の味を生かした繊細な味つけが素晴らしい。店主の細やかな配慮が嬉しい、私の超おすすめ店です。

スポンサーリンク

フィデリテ
フィデリテは、小町通りという観光客で賑わう通りの1本となりにある、人通りがまばらな細い道沿いにあります。

フィデリテ
店内では、中庭を眺めながら食事ができます。

食べログでも好評価がされているためか、ランチが終わる14時近くにお邪魔したにも関わらず、お客さんが絶えずこのお店を訪れます。

フィデリテ
こちらが本日のランチメニュー。1,800円と3,200円、2種類のコースがありました。

私は連れと一緒に、1,800円のコースを注文。メインディッシュには「もち豚のロースト」を選びました。

フィデリテ
「前菜の盛り合わせ」です。

この一皿に、私はとても感動しました。素材の違いで、繊細な味つけがなされているのがとても良く分かるから。一品一品丁寧に作られていて、とても好印象。

フィデリテ
左上から、白いカップに注がれているのはグリンピースのスープ。ポタージュ風のコクのあるスープでした。

その下にあるのは、レンズ豆のサラダ。シンプルな味つけで、豆の風味が生きてます。

ニンジンのサラダは、意外な味が。ほんのりとクミンの風味。上に添えられているのはイナダのお刺身です。

やはりシンプルな味つけの、赤キャベツのサラダ。こちらには、クリーミーな白身魚のペーストとバジルソースが添えられています。

そのとなりは、小アジのマリネ。ちょっと甘みの効いたマリネです。

そして、シラスの入ったオムレツ。ほどよい塩気とバターの風味がいいですね。

最後はレタスのサラダ。さっぱりとしたドレッシングがかかっています。

この前菜は、品数が豊富な上に、素材の違いで微妙に違う味つけがされているのが素晴らしい。店主のこだわりが感じられます。

ぜんぶ美味しかったです。

フィデリテ
さて、いよいよメインの登場。「もち豚のロースト」です。

フィデリテ
3センチほどの厚みのある豚のローストに、バター風味のジャガイモのソテー。そこに、紫大根・カブ・スナップえんどう・ブロッコリといった蒸し野菜が添えられています。酸味の効いたグレイビーソースとマスタードでいただきます。

フィデリテ
豚肉は柔らかくてとてもジューシー。また蒸し野菜は、歯ごたえがほど良く残るよう調理されており、細やかな配慮が感じられました。

フィデリテ
食事の締めはコーヒー。一緒にいただいたアーモンドクッキーは、敢えて冷やされているところが印象的。

フィデリテ
お店から中庭に出ることもできます。よく手入れされた和風のお庭です。

今度は是非ディナーをいただいてみたいです。質の高いお料理が、お手頃な価格で楽しめる。「フィデリテ」は、私の超おすすめフレンチレストランです。

関連ランキング:フレンチ | 鎌倉駅

スポンサーリンク