美しい管理栄養士・木下あおいさん。甘いものが欲しい時に食べる意外なものとは?

公開: 更新:2016/08/30

切り干し大根

予約のとれないダイエット料理サロンを主催する、管理栄養士の木下あおいさん。
木下さんは、女性が美しくなるための食事法を提唱しています。

木下さんは近著「美人はコレを食べている。」の中で、甘いものがどうしても欲しい時に、おすすめの食べ物を紹介しています。

それが驚きます。
なんと、切り干し大根。しかも、そのまま食べるというのです。
そのままと言っても、さっと洗って軽く絞る。でも、味つけは一切しません。もちろん煮たりもしません。

このようにして切り干し大根を食べると、けっこう甘いそうです。ですから、甘いものを我慢せずに美しく痩せられると木下さんは言います。

スポンサーリンク

切り干し大根は、美容に効果があるスーパーフード

大根は美容に良い食材だそうですが、切り干し大根には、さらにそれを上回る栄養があるようです。特に、カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富で、炭水化物を分解するビタミンB1や脂肪を分解するビタミンB2も含まれているとのこと。また、生の大根にくらべて、切り干し大根の方が旨味が強いのも特徴ですね。

わが家ではよく、切り干し大根でハリハリ漬けを作ります。軽く戻して酢醤油に漬け、仕上げに粉とうがらしを軽く振るだけ。なんてシンプルな料理と思っていましたが、それを上回る切り干し大根の簡単レシピがあったとは。

さっそく私も試してみました。
切り干し大根をそのまま食べたのは初めてでしたが、けっこういけます。切り干し大根ってこんなに甘かったんだと驚きました。しかも美味しい。これだったらスイーツが我慢できるかもしれません。

スイーツがやめられないという方、是非お試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダイエットごぼう鍋」のレシピ。栄養学のプロが考えた、ごぼうの賢い調理法。

「すき焼き」や「牛肉のゴボウ巻き」そして「豚汁」といった料理には、肉と一緒にゴボウが使われることが多いですよね。実はこの「肉とゴボウ」という...

お米の賢い食べ方。栄養学のプロのおすすめです。

美容や健康のために、糖質オフをする人が増えています。甘いお菓子やパンだけでなく、ご飯も一切食べないという方は私のまわりでもけっこう多いです。...

アメ色の美味しい「ぶり大根」の作り方。アラを使って作ります。

我が家では、よく「ぶり大根」をつくります。「ぶり大根」のぶりには、私はいつもアラを使います。切り身より、味わい深く仕上がるような気がするし、...

タマネギは、切ったらしばらく放置する。栄養を効率良くとる賢い食べ方。

テレビ番組で、「タマネギの理想的な料理法」が話題になっていました。タマネギを加熱調理する場合には、切ったらそのまましばらく放置するとよいよう...

医師・南雲吉則さんの薦める、「まるごと食べる」食事法

健康的な食生活を想像してみて?と問われたら、みなさんはどのようなことを真っ先に思い浮かべますか。私は、「いろいろな野菜や果物をたっぷり食べる...