ソーセージのゆで方。専門家がすすめる一番美味しい食べ方。

公開: 更新:2016/05/20

ソーセージ ゆで方 ウインナー 食べ方

ソーセージの専門家、酪農大学の石下真人教授がすすめる、ソーセージ(ウィンナー)の一番美味しい食べ方をご紹介します。

石下さんによると、ソーセージは、焼くよりも茹でる方が美味しいそうです。

茹で方は、超簡単ですよ。

(情報元:TV「ホンマでっか!?TV」2014年7月9日放映)

スポンサーリンク

ソーセージの茹で方

ソーセージ ゆで方 ウインナー 食べ方

石下さんがすすめる、ソーセージの上手な茹で方です。

ソーセージの上手な茹で方
  1. 鍋に湯を沸かす。
    沸騰したら火を止め、冷蔵庫から取り出した冷たいままのソーセージを投入。
  2. フタをして、そのまま10分置いたらできあがり。

ソーセージは、ゆでる直前に冷蔵庫から出すのがポイントです。

石下さんによると、ソーセージは75度くらいで茹でるのが一番美味しいとのこと。
冷蔵庫から出した冷たいソーセージを沸騰した湯の中入れると、ちょうど75度くらいになります。
超簡単な茹で方ですね。

ちなみにこれ以上高温で茹でると、肉のタンパク質が壊れ、味が落ちてしまうようなので注意しましょう。

最後に、石下さんがすすめる、美味しいソーセージの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

美味しいソーセージの選び方

ソーセージ ゆで方 ウインナー 食べ方

石下さんによると、ソーセージの品質は、パッケージに表示されたJASマークを見ると一発で見分けられます。

ちなみに上の写真は、ソースについていたものですが、JASマークです。
JASマークには、上のように「特級」と印字されたものの他に、「標準」「上級」と書かれたものがあります。

石下さんによると、ソーセージに使用されている豚肉の割合が一番高いのは「特級」。
だから「特級」を選べば間違いなし。
「特級」と印字されたものは、肉本来の旨みのある一番美味しいソーセージだそうですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:本日のソーセージ三種盛り by y_ogagaga

凄腕のソーセージ職人がすすめる、本当に美味しいソーセージの食べ方。

山形県高畠町にあるハム・ソーセージの専門店「スモークハウス ファイン」で、およそ20年にわたり化学調味料を一切使わない無添加ソーセージをつく...

超一流のハム職人が教える、やってはいけないハムの食べ方。

茨城県守谷市にあるハム・ソーセージの専門店「デリカテッセン ハンス・ホールベック」の店主・小島豊さんがすすめる、やってはいけないハムの食べ方...

浜内千波さんの、とうもろこしのゆで方。ゆで時間は3分です。

料理研究家の浜内千波さんがすすめる、トウモロコシの茹で方をご紹介します。材料【2本分】トウモロコシ2本湯たっぷりめ塩湯の0.5%(※)※湯1...

お弁当の簡単おかずレシピ。クックパッドで人気の、サーモンと厚揚げのハニーマスタード。

お弁当の簡単おかずレシピをご紹介します。今日のおかずは、次の2品です。メニュークックパッド人気ユーザーsantabaabyさんの「サーモンと...

大人のきのこの山の意外な食べ方。人気パティシエのおすすめ。

東京・高円寺にある人気洋菓子店「パティスリー・ラブリコチエ」のオーナーシェフ・佐藤正人さんがすすめる、「大人のきのこの山」の意外な食べ方をご...