ゆるりまいさんが愛用している「マジックソープ」。メイク落としや食器洗いにも使えるそうです。

2016/08/30

マジックソープ

8月1日(2014年)に発売された、ゆるりまいさんの新刊「なんにもない部屋のもの選び」には、ゆるりさんの数少ない所持品の中からいくつかのモノが紹介されています。

「なんにもない」と言えるほどスッキリとしたお家に住んでいらっしゃるゆるりさん、この本を読むと、片づいた家の中を維持するため、かなりシビアにモノを厳選・管理されているのがよく分かります。

今日はそんなゆるりさんが愛用しているモノの中から、とても興味深い商品を1つご紹介します。「マジックソープ」という液体石けんなのですが、ゆるりさんは、自宅にストックするモノを極力減らすため、この石けんを4つの用途で使用しているそうです。ちょっと意外な使い方もしていますよ。ご紹介します。

スポンサーリンク

マジックソープについて

ゆるりさんが愛用している「マジックソープ」は、ナチュラルソープを作っているアメリカのドクターブロナーの商品。天然の植物オイルから作られています。

「マジックソープ」は全部で11種類。含まれる精油によって香りが異なります。ゆるりさんが本で紹介しているのは上の2種類、「ペパーミント(左)」と「グリーンティ(右)」。他にも、ラベンダー・ローズ・シトラスオレンジなどの香りがあります。

メーカーのホームページには、「マジックソープ」は単にボディーソープとしてだけでなく、洗顔石けんとしても、またメイク落としにも使える多用途な石けんだと説明されています。全身に使えるということですから、おそらく髪を洗うことも可能でしょう。

ですが、ゆるりさんはこの石けんを、さらに幅広く使っています。なんと食器用洗剤にもしているそうなんです。ちなみにメーカーのホームページには、マジックソープが食器用洗剤になるとは記されていません。もしかしたら、色々と試せばさらに幅広く使えるのかもしれませんね。

そんなわけで、ゆるりさんがこの石けんを使う4つの用途は、食器用洗剤・メイク落とし・ボディーソープ・ハンドソープ。これが石けん1本で事足りるなんてスッキリしますね。

ところで私は、以前海外を長期旅行した際、固形の純石けんを1つ持ち歩いて、体や髪を洗ったり、また洗濯したりと、使いまわしたことがあります。持ち物を極力少なくするためです。
この経験から私は、石けん1つでほとんど事足りることが分かりました。ですが、同じ石けんでも私がこの時使っていたのは固形タイプ。ですから、髪を洗うのがちょっとシンドかったんです。その点「マジックソープ」は液体ですから使いやすいと思います。

「マジックソープ」の価格は、236mlで千円前後。正直安くはないですけど、多目的に使えるんだったら、そして使い心地がいいんだったら買いだと思います。

自宅で使っているボディーソープや食器用洗剤がなくなったら、私もマジックソープを試してみるつもりです。

【追記】
後日、固形タイプの「マジックソープ」を使ってみました。使用感を下のリンク先に記しましたのでご覧ください。
「マジックソープ バー ローズ」の使用感をレビューします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆるりまいさんが愛用しているお皿「ゆるり」。シンプルで実用的、そのうえ個性的です。

なるべく物を持たないシンプルライフをすすめている、執筆家のゆるりまいさんは、ご自身で「なんにもない」と説明されるとおり、とてもスッキリとした...

ゆるりまいさんに学ぶ、クローゼットの徹底管理。モノは無駄に増やさない。

「捨て変態」を自称するゆるりまいさん。ゆるりさんのお家はいかにモノが少ないか、先日このブログでも、「ゆるりまいさんの家の、なんにもないリビン...

「マジックソープ バー ローズ」の使用感をレビューします。

モノを極力持たないシンプルな暮らしを実践しつつ、その体験をもとに本を執筆されているゆるりまいさんが、「マジックソープ」という石鹸を愛用されて...

ゆるりまいさんの家の、なんにもないリビングルームの魅力。

「なんにもない部屋の暮らしかた」の著者、ゆるりまいさん。私は、ゆるりさんのお家の中の様子がけっこう好きです。同著には、ゆるりさんのご自宅の写...

カレンダーと壁掛け時計のない生活。有元葉子さんのシンプルライフ

私は「モノを持たないシンプルな生活」を日頃から心がけています。でも、思い込みや先入観から、まだまだ余計なモノに振り回されていると気づくことが...