ゆるりまいさんが愛用しているお皿「ゆるり」。シンプルで実用的、そのうえ個性的です。

公開: 更新:2016/08/30

白山陶器 ゆるり

なるべく物を持たないシンプルライフをすすめている、執筆家のゆるりまいさんは、ご自身で「なんにもない」と説明されるとおり、とてもスッキリとしたお家にお住まいです。

たとえば、ゆるりさんの著書に掲載された、ゆるりさんのご自宅のリビングルームの写真を見ると、目につくものはテレビくらいしかありません。引っ越したばかりの家のように見事にスッキリとしています。

シンプルライフの実践者であるゆるりさんは、新刊「なんにもない部屋のもの選び」の中で、必要最小限に限定したお気に入りのモノをいくつか紹介しています。

今日はその中から、1枚のお皿をご紹介します。
白山陶器の「ゆるり」というお皿。

ちなみにゆるりさんは、このお皿がきっかけで「ゆるり」と名乗っているわけではありません。偶然同じ名前だっただけとか。

でももしかしたらゆるりさんは、ご自身と同じ空気を纏ったお皿に惹かれたのかもしれませんね。名前が醸し出す雰囲気ってあると思うんです。

スポンサーリンク

白山陶器の「ゆるり」


これが「ゆるり」というお皿です。ゆるりさんは17センチを愛用しているそうです。

ゆるりさんが気に入っているのは、お皿のかたちと使い勝手。

ゆるりさんによると、飽きがこないシンプルなデザインだから、このお皿はどんな料理にも対応するそうです。使い道が幅広いというのは、モノを極力減らしてスッキリ暮らすにはとても大事ですね。
お皿のかたちは、緩やかな曲線がとても優雅。ゆるりさんは、真ん中のぽっこりと盛り上がったところが特に好きだそうです。

シンプルで実用的だけど、個性的でもある。どんな料理にも合うからと言って、どこにでもありそうなお皿を買うよりも、ずっと面白いかもしれませんね。なかなか素敵なチョイスです。

ちなみに、白山陶器の「ゆるり」は、お皿以外にもボールやティーポット・ティーカップなども揃っています。

私も「ゆるり」が気になり始めました。まずはどこかで本物を見てみたいな。

かんな彫 しのぎ
【追記】その後私は「ゆるり」ではなく、白山陶器の他のシリーズのお皿を買いました。

上の写真はその中の一枚、「かんな彫 しのぎ」の小皿です。

ともえ
こちらは、「ともえ」というシリーズの青い小皿です。

どちらも「ゆるり」と同じく、曲線がいかされた優雅なデザインになっています。

私は、白山陶器のお皿がとても気に入りました。
ゆるりさんがおっしゃるように、使い勝手が良いので、シンプルライフにはもってこいですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆるりまいさんの家の、なんにもないリビングルームの魅力。

「なんにもない部屋の暮らしかた」の著者、ゆるりまいさん。私は、ゆるりさんのお家の中の様子がけっこう好きです。同著には、ゆるりさんのご自宅の写...

ゆるりまいさんが愛用している「マジックソープ」。メイク落としや食器洗いにも使えるそうです。

8月1日(2014年)に発売された、ゆるりまいさんの新刊「なんにもない部屋のもの選び」には、ゆるりさんの数少ない所持品の中からいくつかのモノ...

近藤麻理恵さんのときめく片づけ。「マイ神棚」のある生活を始めました。

上の写真をご覧ください。これは何だと思いますか?実は、これ、わが家の神棚なんです(笑)。本棚の上段につくった神棚です。この神棚をつくるきっか...

ゆるりまいさんに学ぶ、クローゼットの徹底管理。モノは無駄に増やさない。

「捨て変態」を自称するゆるりまいさん。ゆるりさんのお家はいかにモノが少ないか、先日このブログでも、「ゆるりまいさんの家の、なんにもないリビン...

ドミニック・ローホーさんに学ぶ、メークの意外な効果。免疫力がアップするそうです。

フランスの執筆家、ドミニック・ローホーさん。彼女は、モノを極力持たないシンプルな生活を提唱しています。ローホーさんの暮らしぶりって、とても好...