ゴーヤチャンプルのレシピ。ゴーヤの苦味の取り方。

公開: 更新:2016/07/12

ゴーヤ レシピ ゴーヤチャンプル 苦味 取り方

料理研究家の浜田陽子さんがすすめる、「ゴーヤチャンプル」の上手な作り方をご紹介します。

次の4つのポイントをおさえると、ゴーヤの食感がほど良く残った、苦味の少ないゴーヤチャンプルが出来ます。

ゴーヤチャンプルを作る4つのポイント
  1. ワタと種は取り除く。
  2. スライスは厚さ5~8ミリ。
  3. アク取りは塩もみをして5分置く。
  4. 炒める時は強火で2分が目安。

浜田さんによると、ゴーヤは5~8ミリくらいの厚さに切るのが理想です。
1センチ以上になると苦みの処理が大変で、5ミリ以下になるとヘニャヘニャになってしまいます。

またゴーヤのアク抜きは、水に漬けるよりも塩揉みをした方が、ゴーヤの強いアクがよく取れます。

さらにゴーヤは強火で炒めると、苦みをおさえて甘さを引き出すことが出来ます。

(情報元:TV「グッド!モーニング」今知るラボ 2014年8月26日放映)

スポンサーリンク

ゴーヤチャンプルの作り方

ゴーヤ レシピ ゴーヤチャンプル 苦味 取り方

浜田さんがすすめる「ゴーヤチャンプル」のレシピです。

材料
ゴーヤ1本
豚肉適量
適量
めんつゆ(醤油)適量
サラダ油適量
作り方
  1. ゴーヤを縦半分に切り、スプーンでワタを掻き出す。厚さ5~8ミリに切る。
  2. 1に塩(少々)を加え、よく揉んで5分置く。キッチンペーパーなどで水気を拭き取る。
  3. 温めたフライパンにサラダ油を引き、溶き卵を入れ、半熟に炒める。いったん皿に取り出す。
    フライパンにサラダ油を補い、2を強火で2分炒める。いったん皿に取り出す。
    最後に食べやすい大きさに切った豚肉を炒める。
  4. 3のフライパンに卵とゴーヤを戻し入れ、めんつゆ(醤油でもOK)で味付けしたらできあがり。

ゴーヤ レシピ ゴーヤチャンプル 苦味 取り方
出来上がったゴーヤチャンプルは、ゴーヤの苦みがまったくないわけではありませんが、かなり抑えられており、とても食べやすいです。

ゴーヤを好んで食べない夫も、いつもより苦みを感じないらしく、普通に食べてくれました。

またゴーヤにはほど良い歯ごたえがあり、全体的に食感にメリハリがあります。

ちょっとしたポイントをおさえるだけで、美味しいゴーヤチャンプルが出来ますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴーヤの簡単レシピ。浜田陽子さんの、ゴーヤのおひたし。

料理研究家の浜田陽子さんが考案した、ゴーヤのレシピをご紹介します。「ゴーヤのおひたし」です。ゴーヤ持ち味をいかした、シャキシャキとした食感の...

みきママの、ゴーヤチャンプルのレシピ。塩麹で苦味を和らげます。

おうち料理研究家のみきママが考案した、「ゴーヤチャンプル」のレシピをご紹介します。調理のポイントは、塩麹とマヨネーズを使うこと。塩麹の旨味と...

血糖値を下げるゴーヤのレシピ。栄養学のプロのおすすめです。

管理栄養士の岸村康代さんがすすめる、血糖値を下げるゴーヤのレシピをご紹介します。岸村さんによると、ゴーヤの苦み成分である「チャランチン」と「...

ゴーヤの簡単レシピ。クックパッドのおすすめです。

クックパッドのダイエットサービス専任管理栄養士・徳久尚子さんが考案した、ゴーヤのレシピをご紹介します。ゴーヤと豚肉を使った、珍しい酢飯の混ぜ...

ゴーヤのわたのレシピ。ふわふわ卵スープ。

料理研究家の島本美由紀さんが考案した、ゴーヤのワタを使った、卵スープのレシピをご紹介します。「ふわふわ卵スープ」です。普段捨ててしまいがちな...