日本一高い醤油、かめびし屋「古醤油廿歳造」の魅力。

2016/08/30

かめびし屋

けさ放映されたテレビ番組で、「日本一高い醤油」が紹介されていました。

かめびし屋の「古醤油廿歳造(こしょうゆ はつとせづくり)」。

最高の値がつくだけあって、こだわりの逸品だそうですよ。
日本一高い醤油「古醤油廿歳造」の魅力をまとめました。

(情報元:モーニングバード 2014年8月28日放映「日本一高い卵かけご飯」)

スポンサーリンク

おいしくて高い醤油「古醤油廿歳造」の秘密

かめびし屋

日本一高い醤油をつくる「かめびし屋」は、創業1753年の老舗。香川県東かがわ市にあります。
こちらの「古醤油廿歳造(こしょうゆ はつとせづくり)」は、55mlで3,132円。さすがに日本一だけあって高いのですが、このお醤油はなんと20年もの長い歳月をかけてつくられています。醤油の概念をくつがえす味が楽しめるそうですよ。

かめびし屋によると、おいしくて高い醤油「古醤油廿歳造」の秘密は3つあるそうです。

  1. 醸造期間20年
  2. 「古醤油廿歳造」の醸造期間は20年。
    醤油のもとになる「もろみ」は、その間に水分が抜けてとても硬くなるそうです。一般的な醤油は「もろみ」が柔らかいため、上から圧をかけて醤油を絞れるそうですが、こちらの「もろみ」はかたすぎて絞れない。そのため特殊な方法で時間をかけてじわじわと醤油を絞り出しているそうです。
    ちなみに20年間寝かせたもろみは、佃煮のような旨みがあるそうです。

  3. 国産の原料を使用
  4. 大豆は北海道産、小麦は地元香川産を使用しているそうです。

  5. むしろ麹製法
  6. こちらでは、醤油に使用する麹をムシロの上で大切に育てます。これは日本唯一のこだわり。ちなみに普通の醤油は、鉄板の上に麹を並べて機械で温度制御するそうです。この工程で醤油の味が決まると言えるほど、麹の出来は重要だそうですよ。

「古醤油廿歳造」の味

20年かけて作られた「古醤油廿歳造」は、見た目も味も個性的です。

一般的な醤油とくらべると、色は墨汁のように黒く、トロっとした食感があります。またとても深い味わい。パルサミコ酢のような酸味も感じられるそうです。
かめびし屋によるとこの醤油は、日本よりも海外でよく使われているそうです。しかも日本食というよりはフレンチやイタリアンで。

ところで、もし「古醤油廿歳造」を刺身につける場合、白身魚だと醤油の味が勝ちすぎてしまうようです。大トロやブリなどの脂の多い刺身に1滴たらすとすごく美味しいそうですよ。

【追記】番組では、かめびし屋の「古醤油廿歳造」を使って「日本一高い卵かけご飯」をつくっていました。使用された米や卵も、日本一高い。ちなみに米は戸邊秀治さんがつくった5キロ1万5千円する高級米を、卵はアクアファーム秩父の「」を使っていました。

アマゾンや楽天などで一番売れているかめびし屋のお醤油は、「かめびし こいくち醤油 900ml」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本一高い卵、アクアファーム秩父の最高級卵「輝」の魅力。

けさ放映されたテレビ番組で「日本一高い卵」が紹介されていました。アクアファーム秩父の最高級卵「輝(かがやき)」。ニワトリの品種づくりや育て方...

ピンクの醤油「華貴婦人」のレシピ。化粧品のように持ち歩くおしゃれな醤油のいかし方。

今日は、鳥取県が新たな名産品として推している、ピンク色の醤油をご紹介します。「ブリリアントアソシエイツ」という会社が製造販売している「華貴婦...

自然薯農家がすすめる、とろろご飯のレシピ。ツナ缶を加えるのがポイント。

静岡県牧之原市で自然薯農家を営む中嶋拓雄さんと、息子さんの中嶋雄一さんがすすめる、自然薯を使った「特製とろろご飯」のレシピをご紹介します。「...

醤油麹の簡単レシピ。白澤卓二さんのおすすめです。

医学博士の白澤卓二さんが考案した、「醤油麹」のレシピをご紹介します。白澤さんは、健康と食の関係を探るスペシャリスト。白澤さんによると「醤油麹...

一流料理人のお取り寄せグルメ。片岡護シェフ・坂井宏行シェフ・鎧塚俊彦シェフのおすすめです。

テレビ番組で取り上げられた、「一流料理人のお取り寄せグルメ」をご紹介します。片岡護シェフのおすすめ「冷やし白玉しるこ」と、坂井宏行シェフのお...