斬新な昭和初期の家庭料理。「胡瓜のコロッケ」「干魚のポテト詰め」「牛乳いかもどき」をご紹介。

2016/08/30


けさ放映されたテレビ番組で、「温故知新で食べてみた」という一風変わった料理本が紹介されていました。この本には今となっては珍しい昭和初期につくられた料理が、当時のレシピに忠実に再現されているそうです。

番組では、その中から料理3品が取り上げられていました。どれもすごく斬新です。簡単にご紹介します。

(情報元:スッキリ!テリー伊藤の「昭和初期の家庭料理のレシピがすばらしい」)

スポンサーリンク

胡瓜のコロッケ

胡瓜のコロッケ

上の画像は、昭和6年ごろにつくられたという「胡瓜のコロッケ」。
ひき肉を詰めたキュウリの揚げ物です。キュウリの中をくり抜いて使うところが面白いですね。著者の山本 直味さんによると、当時はキュウリの料理がとても多かったそうです。

作り方は、キュウリの中心をくり抜き、炒めたひき肉を詰めて衣をつけて揚げる。キュウリが揚げ物になっている違和感はまったくなく、美味しいそうです。

干魚のポテト詰め

画像と合わせてご紹介できないのが残念ですが、「干魚のポテト詰め」は、魚の干物にマッシュポテトを詰めた料理です。番組に出演されていたテリー伊藤さんは、「フランス料理っぽい。斬新!」と絶賛されていました。

作り方は、アジなどの開いてある干物の内側(骨が見える方)の片面にマッシュポテトをのせて折りたたみ、魚の外側にバターを塗って焼くだけ。

干物とポテトという斬新な組み合わせは、「なぜ今はなくなってしまったのか?」と思えるほどピッタリ合うそうです。

牛乳のいかもどき

牛乳のいかもどき

昭和8年頃につくられたという「牛乳のいかもどき」。
山本さんによると、当時栄養価が高い食品の代表だった牛乳を、ご飯のおかずとして考えたお料理だそうです。牛乳をイカさしのようにして食べます。

作り方は、温めた牛乳に寒天を加えて煮溶かし、砂糖とみりんで味を整えます。これを冷やし固めて細く切るだけ。

ところで、なぜ当時は牛乳をイカさしのようにしたのでしょうか?
テリー伊藤さんは「モダンだったからではないか?」とおっしゃっていました。なるほど、そうかもしれませんね。

食感はイカさしみたいで、とても不思議な味がするそうです。
砂糖やみりんを加えてつくりますから、「牛乳のいかもどき」は、牛乳寒天のような甘さがあるものと思われます。ですからご飯に合うか否かは、人によって好みが分かれるところかもしれません。

以上3品なかなか斬新。家でつくるお料理にもいかせそうなアイデアが満載です。他にはどんな料理が掲載されているのか、「温故知新で食べてみた」をぜひ読んでみたいです。

画像引用元:温故知新で食べてみた「胡瓜のコロッケ」温故知新で食べてみた「牛乳のいかもどき」

スポンサーリンク

スポンサーリンク
ひき肉のロールご飯のレシピ。昭和初期の料理の作り方。

けさのテレビ番組で、昭和初期につくられた斬新な料理が話題になっていました。当時の「主婦之友」に掲載された「挽肉のロールご飯」です。番組による...

もやし料理の面白レシピ。片栗粉で固めてつくる「もやしコロッケ」。

来月(2014年4月)に実施される消費税増税を控えて、多くの人が「食費の節約」をしたいと考えているようです。クックパッドのアンケート調査によ...

ブラジル料理「パステウ」&「ヴィナグレッチソース」のレシピ。日本の食材で簡単に作れます。

けさ放映されたテレビ番組「グッド!モーニング」(2014年6月11日)で、日本の食材を用いたブラジル料理の作り方が紹介されていました。サッカ...

北斗晶さんの人気レシピ。30品まとめ。

タレントの北斗晶さんの、人気レシピ30品をご紹介します。子供も喜ぶ優しい味付けと、遊び心たっぷりの「なんちゃって」メニュー。そして節約・時短...

家事えもんの人気レシピ。83品まとめ。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんの人気レシピをご紹介します。私は家事えもんの料理が好きで、テレビで話題になる度にほぼ毎回作っています...