「まぜてマジック」のコンセプトは、シンプルライフ。バリエーション豊富なソース&タレの作り方。

2016/08/30


先月(2014年8月)18日に発売されたハウス食品の「まぜてマジック」。
醤油やマヨネーズなどの調味料と混ぜると、さまざまな種類のソースやタレがつくれるという万能合わせダレです。

料理ブロガーのヤミーさんによると、「まぜてマジック」は、加える調味料の違いでまったく違う味のソース&タレがつくり出せるそうです。そのバリエーションは無数にあるとのこと。使ってみると面白いようですよ。

今日はそんな「まぜてマジック」の開発秘話と使い方をご紹介します。

(情報元:「グッド!モーニング」イマ知るラボ 2014年9月24日放映)

スポンサーリンク

「まぜてマジック」の開発秘話

「まぜてマジック」の見た目はジュレ状で、中にはところどころに赤とか緑の小さな香辛料の粒が見えます。味は甘酸っぱく、タマネギのシャキシャキした食感が残っているそうです。

ハウス食品によると、「まぜてマジック」が開発されたきっかけは、社員の何気ない一言でした。
「調味料って、そんなにたくさん必要?」
自宅の冷蔵庫の中にどんどん増える調味料を見て、その方は、たくさんの種類の調味料をストックすることに疑問を感じたそうです。

そこで、使用する調味料をシンプルにする目的でつくられたのが「まぜてマジック」。どんな料理にも使えて便利である上に、冷蔵庫内のスペースの問題も解消される。メーカーではそんな商品として考えられています。

「まぜてマジック」のコンセプトはシンプルライフなんですね。面白い発想です。

「まぜてマジック」は、なぜいろいろな調味料に合うのか?

ところで「まぜてマジック」は、なぜいろいろな調味料に合うのでしょうか?

ハウス食品によると、あまたある合わせ調味料を調べると、実はほとんどの味のベースは塩・砂糖・酢の3種類でできているそうです。それはつまり、この3つの調味料を加えたものに何かを足せば様々な味が生み出せるということ。「まぜてマジック」も、塩・砂糖・酢をベースにつくられています。

こんなことを伺うと、自宅でもつくれそうな気がしますね。ですが、何にでも合わせられるようにするためには味のバランスが難しいため、開発に2年かかったそうです。

「まぜてマジック」の気になる製造法は、細かく刻んだタマネギ・ピクルス・赤唐辛子に、企業秘密のトロミ液を加えます。これをしばらく煮詰めて完成。タマネギはいろいろな調味料と相性が良く、全体の味を上手にまとめてくれるそうです。

「まぜてマジック」の使い方

ここからは情報元のテレビ番組で話題になった、「まぜてマジック」の使い方をご紹介します。

ローストビーフ コク旨バルサミコだれ

ローストビーフ

まずご紹介するのは、都内の和食店オーナーで料理研究家の高橋善郎さんのレシピ。「ローストビーフ コク旨バルサミコだれ」です。
バルサミコ酢と「まぜてマジック」を下の割合で使用します。

パルサミコ酢2+まぜてマジック3

牛肉(塊肉)の表面をフライパンでしっかり焼き、バルサミコ酢と「まぜてマジック」を加えて煮絡めます。そして肉を一旦取り出し、アルミホイルで包んで予熱で火を通します。この過程で調味料を肉全体にしっかり浸透させます。
さらにローストビーフに添えるソースを作ります。まぜてマジック1・バルサミコ酢1・水1・ニンニク1かけ・バター5gをフライパンでさっと加熱。スライスしたローストビーフにかけたら完成。

「まぜてマジック」の香草の香りと、バルサミコ酢のほどよい酸っぱさ&甘さがよく合うそうです。

フレンチだれ

次にご紹介するのは、料理ブロガーのヤミーさんのレシピ。
「フレンチだれの鶏肉オーブン焼き」。

生クリーム2+粒マスタード1+まぜてマジック1

上の割合でつくったタレを鶏のもも肉に塗って、オーブンで焼いたら完成。マスタードがピリッと効いた鶏のオーブン焼きだそうです。

中華甘酢だれ

お次もヤミーさんのレシピ。「炒めるだけエビチリ」。

トマトケチャップ2+豆板醤少々+まぜてマジック3
この割合で混ぜてつくったソースを、エビ・細かく刻んだ長ネギとともに炒めたら完成。

ハウス食品おすすめレシピ

まぜてマジック

ハウス食品のこちらのページには、「まぜてマジック」でつくれるソース&タレのレシピが掲載されています。バリエーションは25種類以上。ぜひご覧ください。

ここからはハウス食品がすすめるレシピをいくつかご紹介します。

タルタル旨だれ 
マヨネーズ1+まぜてマジック1
エビフライなどの揚げ物に便利です。

ケチャップだれ
トマトケチャップ1+まぜてマジック1
ハンバーグにぴったり。

甘味噌だれ
味噌1+まぜてマジック3
ナスなどの炒めものに使えます。

ポン酢だれ
ポン酢しょうゆ1+まぜてマジック1
豚しゃぶサラダに合います。

中華ねぎ塩だれ
ゴマ油1+まぜてマジック2
チャーハンに使うとよいようです。

シーザーサラダだれ
無糖ヨーグルト2+混ぜてマジック1
鶏のササミ&卵と和えてレタスやトマトなどと一緒にパンに挟むと、彩り鮮やかなサンドウィッチができます。

「まぜてマジック」をきっかけに、いろいろな万能だれをつくってみると楽しそうですね。
でも、加える調味料のバリエーションを増やしすぎて、かえって調味料のストックを増やしてしまうこともあり得ます。シンプルライフを目指すのであれば、同時に本当に必要な調味料を洗い直すことも必要ですね。

画像引用元:Sunday roast by Jeremy Keith

スポンサーリンク
名古屋発祥の「台湾まぜそば」。作り方の特徴と誕生秘話をご紹介。

けさ放映されたテレビ番組によると、東京・新宿にある麺屋はなびの「台湾まぜそば(780円)」が、いま大変な人気だそうです。ブームに続けとばかり...

怪味ソースのレシピ。中国四川省に伝わる、万能調味料の作り方。

中国の四川省生まれで、台湾料理にもよく使われる「怪味(グァイ・ウェイ)」という調味料の作り方をご紹介します。日本では「怪味ソース」と呼ばれて...

ピカンテオイルの作り方。みきママの、唐辛子オイルのレシピ。

ピカンテオイル(オーリオ・ピカンテ:olio piccante)の簡単レシピをご紹介します。おうち料理研究家のみきママが考案した、超簡単な作...

みきママの、ハヤシライスのレシピ。たったの8分で作れます。

おうち料理研究家のみきママが考案した、「ハヤシライス」のレシピをご紹介します。使用する肉は、安い牛こま切れ肉。そのため材料費は、1人前あたり...

食べるラー油の簡単レシピ。みきママの作り方。

おうち料理研究家のみきママが考案した、食べるラー油のレシピをご紹介します。「サクサクピリ辛ダレ」です。スナック菓子の「カラムーチョ」に、ラー...