行正り香さんのクローゼット管理術。オフシーズンの服は、クリーニング店に預ける。

公開: 更新:2016/05/23

行正り香 クローゼット

料理研究家・行正り香(ゆきまさ りか)さんの新刊、「行正り香の暮らしメモ100」を読みました。

同著には、料理のコツから整理&整頓術や人との接し方まで、行正さんならではの生活に対する様々なこだわりが記されています。

今日はその中から、私が興味を持った服の整理術を1つご紹介します。

スポンサーリンク

オフシーズンの服はクリーニング店で保管

行正り香 クローゼット

行正さんは、クローゼットをすっきりとさせるために、オフシーズンの服はあえて収納しないことにしているそうです。では、季節外れの出番のない服はどうしているか?行正さんはクリーニング店で保管してもらっているそうです。

実は私も以前に、このサービスの利用を検討したことがあります。行正さんと同じくクローゼットの中を片付けるために。
でも実際に価格を調べているうちに、服の保管をするためだけにわざわざお金をかけることもないと思い直し、止めてしまったんです。

そんな中、私は行正さんの本を読んだことで、このサービスの利用を再度検討することにしました。

行正さんは、自宅のクローゼットに詰め込んでいる状態でも、服の管理にお金を払っていることに変わりはないとおっしゃいます。

持ち家でも賃貸でも、所有しているモノを置くためのスペースを、住居費として支出しているわけですし、そもそも服に限らず、自宅にあるモノをすっきりと減らせたら、今住んでいるほどの大きさの家は必要ないかもしれませんよね。
持っているモノと住居費の関係、自覚しづらい部分ではありますが、確かにおっしゃる通りです。

さらに行正さんは、オフシーズンの服がクローゼットの中で邪魔になると、今着たい服をパッと選んで取り出すことができないというデメリットも指摘されていました。
こういうちょっとしたストレスをなくすだけで、日々の生活の質ってガラッと変わるんじゃないかな。大事だと思います。

行正さんが利用しているクリーニング業者は分かりませんが、ネットで服の保管サービスも行っている良さそうなお店を調べてみました。

今日はその中から、「せんたく便」「ドレスキーパー」「クロークネット」「イークローゼット」の4社のサービスの特徴をご紹介します。

ちなみに、預かってくれる期間は、4社とも半年から9ヶ月程度です。

せんたく便

せんたく便
まずご紹介するのは「せんたく便」というクリーニング店。

こちらには、衣類30点詰め放題(クリーニング代・保管代・送料込み)で、約半年間の合計料金が11,929円というお得なサービスがあります。ちなみに10点では7,780円、5点だと5,780円。
他社と比較すると、この価格はかなり安いです。

ただこちらのサービスを受けるには、注意すべき点があります。
というのは、集荷用ボックスの大きさが幅44×奥行き40×高さ48センチ(85リットル)と指定されているので、「30点詰め放題」だからと言って、たとえば厚手のコート30着を預けるのは無理なんです。コートだったらこの大きさだと、せいぜい4~5着が限界。
さらに申し込みの際に着数を伝えるシステムになっているので、集荷用ボックスにどれくらい入るのか事前にしっかりと見極める必要があります。

ちなみにたとえ預けるものがコート4~5着だったとしても、11,929円というのは他社とくらべてもかなりお得です。

ドレスキーパーとクロークネット

クロークネット

ドレスキーパー」や「クロークネット」のサービスは、服の点数によって価格設定されているので分かりやすいのが特徴です。

たとえば「ドレスキーパー」は、ベーシックコースだと衣類5点で8,000円。10点だと13,400円です。一方「クロークネット」の最もベーシックなコース・セレクトは、5点で6,500円、10点で12,000円。
価格だけで判断すると、「ドレスキーパー」よりも「クロークネット」の方がちょっとお得です。

イークローゼット

また、アイテムによって1着ずつ価格が決まっている店もあります。

イークローゼット」は、ブラウスやシャツだったら720円から利用可能です。
ただコートになると2,000円以上しますから、厚手の衣類ばかりを預けるとなると、先の3店よりも高くつきます。そして預ける衣類の合計金額が1万円以下だと、全国一律で送料が1,785円加算されます。

「イークローゼット」は、薄手の衣類を預る場合には割安です。衣類のほつれ直しやボタンつけなどのサービスもあるようですから、そんな場合にも便利です。

わが家は2人暮らしですし、所有する服もあまり多くありませんから、上の4社だったらどこを利用しても、1万円ちょっとでオフシーズンの服をスッキリすべて預けることができます。意外と安いと思いました。

なお、価格などサービスの詳細は、それぞれのリンク先をご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:Rubbermaid HomeFree series closet system by Rubbermaid ProductsRubbermaid HomeFree series closet system by Rubbermaid Products

クローゼットの整理術。「少ないけど良質の服を」が、今のトレンド。

クローゼットの中の服を減らした、シンプルな暮らしをすすめる本が、最近はとても人気があります。私はそうした本の影響で、クローゼットを自分でも驚...

近藤麻理恵さんのときめく片づけ。「マイ神棚」のある生活を始めました。

上の写真をご覧ください。これは何だと思いますか?実は、これ、わが家の神棚なんです(笑)。本棚の上段につくった神棚です。この神棚をつくるきっか...

年齢を重ねても、女性らしさを維持する方法。片付けがもたらす意外な効果。

今日は、ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さんの著書「大人の女は、こうして輝く。」をもとに、年齢を重ねても女性らしさを維持する方法を...

服は「一生もの」を選ぶのではなく、常にアップデートすることを考える。

今月(2014年11月)発売された『「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女の秘密』という本は、著者が出席した同窓会の話か...

もみじの天ぷらのレシピ。紅葉の楽しみ方。

紅葉の季節がやってきました。2014年の関東の紅葉は、まさにこれから(11月上旬)、ピークを迎えようとしています。ところで紅葉と言えば、一般...