食べるヤクルト「カップ de ヤクルト」でつくる、ミルフィーユのレシピ。

公開: 更新:2016/08/26

食べるヤクルト

ヤクルトと言えばお馴染みの乳酸飲料ですが、今年(2014年)9月に、そのヤクルトがデザートになって登場しました。

カップ de ヤクルト」です。

一見するとカップに入ったヨーグルトのようですが、フタを開けてみると香りはヤクルト。

気になるお味の方は、ヤクルトよりもやや酸味が抑えれており、濃厚な味わいがプラスされています。プリンみたいな味わいだとか。
ちなみに乳酸飲料のヤクルトに、生クリーム・寒天・ゼラチンを加えてつくっているそうです。

今日は、この「カップ de ヤクルト」を使ったデザートを1つご紹介します。

(情報元:「グッド!モーニング」イマ知るラボ 2014年11月17日放映)

スポンサーリンク

ミルフィーユ カップdeヤクルト

ミルフィーユ

ご紹介するのは、「カップ de ヤクルト」を使ったミルフィーユ。

「ミルフィーユ カップ de ヤクルト」。

「カップ de ヤクルト」の入ったクリームと、揚げた餃子の皮でつくったミルフィーユです。イチゴが飾られた可愛いスイーツですよ。

つくり方を教えてくださったのは、東京・世田谷にあるル・パティシエタカギのオーナーシェフ・高木康政さん。

「カップ de ヤクルト」に含まれる「乳酸菌シロタ株」は、熱を加えると死んでしまうため、あえて熱を加えないレシピを考案されたそうです。材料は自宅にあるものでOK。

つくり方は次の通りです。

材料
カップ de ヤクルト1カップ
生クリーム80g
粉糖5g
餃子の皮適量
イチゴ適量
チャービル
粉糖
適量(飾り用)
つくり方
  1. 餃子の皮を170度の油で色がつくまで揚げる。冷ます。
  2. ホイップした生クリーム(80g)に、「カップ de ヤクルト」を半分(40g)加える。
  3. 2に粉糖(5g)を加えて混ぜる。
  4. 残りの「カップ de ヤクルト」半分(40g)を皿に広げる。
  5. 4の上に1を被せる。さらにその上に3のクリームを盛る。最後に半分にカットしたイチゴをのせる。以上の工程を3回繰り返して積み上げる。最上部はイチゴ1粒とチャービルを飾り、粉糖をふりかける。

餃子を揚げる際には、丸まらないように平らにするのがポイント。
またクリームの甘みは、普通の砂糖ではなく粉糖を使用した方が良いようです。そうすると、ざらつきのない滑らかなクリームに仕上がるそうです。

番組で試食をした方によると「ミルフィーユ カップ de ヤクルト」は、餃子の皮のザクザクとした食感とクリームの滑らかさが絶妙で、ほのかなヤクルトの酸味を感じる上品な味のスイーツだそうです。
ヤクルト風味のスイーツなんて面白いですね。

「カップ de ヤクルト」は、1個115円。スーパーやコンビニなどで、来年(2015年)の3月末まで販売されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:mille feuille by noirouge

もみじの天ぷらのレシピ。紅葉の楽しみ方。

紅葉の季節がやってきました。2014年の関東の紅葉は、まさにこれから(11月上旬)、ピークを迎えようとしています。ところで紅葉と言えば、一般...

りんごパンのレシピ。パネトーネマザーでつくると上品な味わいになります。

生のままいただくにはちょっと水っぽくて残念なリンゴで、パンをつくりました。まず、リンゴから出る水分だけで煮リンゴをつくります。煮リンゴをさら...

ハッピーターンアイス。美味しさの秘密は、ハッピーパウダー。

来週の月曜日(2014年9月29日)に、ユニークなアイスが発売されます。明治の「ハッピーターンアイス」。亀田製菓の人気商品「ハッピーターン」...

スーパーカップのアレンジレシピ。人気パティシエのおすすめです。

明治のアイス「エッセル スーパーカップ バニラ」のアレンジレシピをご紹介します。人気パティシエの篠直余さんが考案した、スーパーカップとトマト...

人気のタイ料理店「ガイトーン Tokyo」に学ぶ、本格的な「カオマンガイ」の作り方。

つい先日(2014年7月11日)オープンした、日本初のカオマンガイ専門店「ガイトーン Tokyo」は、本格的なタイ料理の「カオマンガイ」が食...