うなぎ蒲焼きの温め方。簡単に美味しく食べる方法。

公開: 更新:2016/07/20

うなぎ 蒲焼き 温め方 ウナギ 鰻 蒲焼

スーパーで販売されているタレつきのうなぎの蒲焼きを、ほんのひと手間で美味しくする方法をご紹介します。

静岡県焼津市でうなぎの養殖業を営んでいる片岡征哉さんによると、まずはうなぎにかかっているタレを、熱湯で洗い流すと良いそうです。

手順を詳しくお伝えします。

(情報元:TV「ジョブチューン」2014年12月6日放映)

スポンサーリンク

うなぎの温め方

うなぎ 蒲焼き 温め方 ウナギ 鰻 蒲焼 

市販のうなぎの蒲焼きは、けっこうタレがたっぷり塗られていますよね。そのため残念なことに、うなぎの味があまり感じられないことが多いと思います。しかも焼くと焦げやすい。

片岡さんによると、そんな場合は、潔く熱湯をかけてタレを洗い流すと良いそうです。

手順
  1. うなぎの蒲焼きに熱湯をかけてさっと洗う。
  2. 水気をよく拭き取る。
  3. 酒をふる。
  4. アルミホイルで包み、魚焼きグリルで3~5分温める。
  5. タレをかけたらできあがり。

実際に試してみたところ、ふっくらとしたうなぎの蒲焼きに仕上がりました。
そのまま焼くよりも、身に塗られたタレを洗い流してから温める方が、うなぎの味がより感じられます。
臭みもなく、まったく別物と思えるほど美味しくなりますよ。

ところで家に魚焼きグリルが無いという方には、こちらの方法がおすすめです。

タレを洗い流すところなど、基本的には上の調理法とよく似ていますが、この方法は加熱にフライパンを使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:尾花のうな重 by Toshimasa TANABE

水島弘史シェフの、うなぎの蒲焼きの温め方。ウーロン茶と酒を使う。

フレンチのシェフ 水島弘史さんが考案した、うなぎの蒲焼きの温め方をご紹介します。うなぎをウーロン茶で煮て、日本酒を混ぜたタレを塗ってグリルで...

うなぎ蒲焼きの温め方。超一流のうなぎ職人のおすすめです。

千葉県成田山の参道にある、創業105年の老舗うなぎ店「川豊」の3代目店主・伊藤小澄さんがすすめる、「スーパーで買ったウナギの蒲焼きを、簡単に...

うなぎ蒲焼の温め方。フライパンを使います。

安いうなぎの蒲焼を、美味しく食べる方法をご紹介します。スーパーで売られているタレつきのうなぎの蒲焼きは、身が硬くて臭みがあることがしばしば。...

みきママの、うなぎの蒲焼きのレシピ。ちくわでかさ増しします。

おうち料理研究家のみきママが考案した、「うな丼」のレシピをご紹介します。ウナギの蒲焼きは、2人前で1/2尾程度しか使いません。その代わりにチ...

北斗晶さんの、蒲焼き丼のレシピ。うなぎの代わりに豆腐を使います。

タレントの北斗晶さんが考案した、蒲焼き丼のレシピをご紹介します。ウナギの代わりに豆腐を使った「なんちゃって蒲焼き丼」です。この蒲焼き丼の魅力...