厚さ5.5センチの巨大どら焼き。ファミリーマートの「俺の生どら焼 栗入り」を食べました。

2016/08/26

俺の生どら焼

厚さが5.5センチもある巨大などら焼きを食べました。
ごく普通のどら焼きは、厚くても2センチくらいですよね。このどら焼きはその3倍近い厚みがあります。

しかもこのどら焼き、驚くのは大きさだけではありません。皮の色は真っ黒。食品にはあまりない、濃い黒色をしています。かなりのインパクトです。

今日は、ファミリーマートが展開しているデザートブランド・Sweets+(スイーツプラス)の、「俺の生どら焼き 栗入り」を食べた感想をお伝えします。

スポンサーリンク

俺の生どら焼 栗入り

俺の生どら焼

「俺の生どら焼 栗入り」は、今月(2014年12月)の16日に発売されました。

ちなみに私は、発売当日にいただきました。
その日に知人が、この巨大どら焼きを偶然ファミマで発見して買ってきてくれたんです。

初めてこのどら焼きを目にした時、私はとてもワクワクしました。黒いし大きいし。見た目がスゴイどら焼きだったので、それだけでティータイムが盛り上がりましたよ。

俺の生どら焼

袋から出してそのままお皿にのせると、なんだかちょっと無愛想な感じもします。真っ黒い皮しか見えないので。

俺の生どら焼

でもカットすると断面はこんなに美しい。

ところで「俺の生どら焼」は、その名から推測すると、男性向けのスイーツだと思われます。だからこんなにボリュームがある。

でも実際は、男性でも1人で食べるにはちょっと大きすぎるんじゃないかな。あえて大きめにつくっているんだろうけど。だからこそ、ワクワク感があるんだけどね。
ちなみにダイエット中の私は、夫と2人で半分ずつ食べました。

俺の生どら焼

ファミリーマートのHPには、「俺の生どら焼 栗入り」について、次のような商品紹介があります。

北海道産小豆を使用したつぶあんで、ラム風味のマロンクリームを包み、秋冬の季節にちなんで、黄栗を1個分トッピングし、竹炭を練り込んだ真っ黒どら焼生地でサンドしました。

皮の黒い色は、竹炭だったんですね。

色に惑わされて冷静な味見ができなかったのですが、少なくとも皮は、炭のような味はしません。醤油のような素朴な風味が印象に残りましたが、基本的にはけっこう普通のどら焼きに近い味です。

ただ、普通のどら焼きの皮とちょっと違うのが食感。しっとりとしてきめ細かい感じではなく、男性っぽい噛みごたえのある生地になっています。

中身には、つぶあん・マロンクリーム・栗の甘露煮が、大雑把な感じでずっしりと詰まっています。そう言えば、中身もけっこう男性っぽいです。
つぶあんの粒の残り具合が粗めだし、つぶあんとマロンクリームの混ざり具合とか、皮と皮の間から見える中身の様子も、わざと荒い感じに仕上げているんじゃないかな。
嫌な感じはまったくしません。むしろ女性向けのデリケートな仕上がりのスイーツが幅を効かせている中、男性っぽい見た目のスイーツって新鮮です。

甘さは控えめ。つぶあんやマロンクリームはたっぷり入っていますが、飽きのこない味です。全体的にも甘ったるい感じはありません。

ところで、「生クリームが入ったどら焼き」はだいぶ前からあります。生クリームだけだったら和菓子の範疇だと私は感じるんです。
でも「俺の生どら焼 栗入り」のように、マロンクリームが入っており、なおかつ皮の食感がしっかりしているとなると、和菓子とも洋菓子とも言えない不思議な領域のスイーツだと感じます。

「俺の生どら焼 栗入り」は、話題性があって面白いですよ。しかもけっこう美味しい。また食べたいスイーツです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お弁当の簡単おかずレシピ。柳澤英子さんの、照り焼きチキン。

お弁当の簡単おかずレシピをご紹介します。今日のメニューは、次の2品です。メニュー料理研究家 柳澤英子さんの「テリヤキチキン」柳澤英子さんの「...

横浜中華街の肉まん&小龍包店。「行列の長さランキング ベスト5」

横浜中華街が最もにぎやかになる、休日のお昼どき。食べ歩きができる「肉まん&小龍包」のお店をチェックしました。お店の前にできる行列の長さで、「...

超一流のなす農家がすすめる、簡単ナスピザのレシピ。なす嫌いな子供にもおすすめです。

ナスの生産量が日本一の高知県で、24年もの長い間その栽培に携わっている、ナス農家の植野進さん。植野さんが作る「土佐鷹ナス」は、身が軟らかくア...

横浜中華街・華正樓の「伍仁月餅 (ごもくげっぺい)」。ナッツぎっしり甘さ控えめで美味しいです。

横浜中華街にある北京料理の名店「華正樓」。ここの月餅が美味しいと友人にすすめられ、「伍仁月餅 (ごもくげっぺい)」を食べました。華正樓は本店...

プロの栗ご飯のレシピ。栗は蒸してからご飯に加えます。

料理のプロがすすめる、栗ご飯のレシピをご紹介します。懐石料理の専門店「懐石一文字」の店主・廣瀬和彦さんによると、栗の皮は、塩水に浸すとむきや...