たいめいけんの茂出木シェフがすすめる「ナポリタン」のつくり方。今風レシピ。

公開: 更新:2016/08/30

ナポリタン

日本橋の洋食店「たいめいけん」の茂出木浩司シェフが、けさのテレビ番組で「ナポリタン」の上手なつくり方を披露されていました。

ケチャップだけでなくフレッシュなトマトの風味もいかした、今風のナポリタン「たいめいけん流ナポリタン」です。

日焼けサロンで真っ黒に焼けたお顔と、真っ白なコックコートのコントラストが眩しい茂出木さん。私は楽しい茂出木さんが大好きです。

ではレシピをご紹介します。

(情報元:「いっぷく!」2015年1月15日放映)

スポンサーリンク

「たいめいけん流ナポリタン」のつくり方

「たいめいけん流ナポリタン」の調理のポイントは4つあります。

  1. ケチャップとトマト缶を使う。
  2. 甘みを引き出すため、ケチャップはしっかりと火を通す。
  3. 隠し味に砂糖とマスタードを加える。
  4. 具材にウインナーを使う。

一番大事なポイントは、トマトのダブル使い。ケチャップだけでなくトマト缶(ホールトマト)も加えます。味つけはホールトマトがメインで、ケチャップは、ナポリタン独特の風味を出すために少量使います。

またケチャップは、パスタと具材を混ぜてから最後に加えるのではなく、あらかじめ具材に加えてしっかりと火を通すと、ちょうど良い甘みが出て美味しいそうです。

そして隠し味に砂糖とマスタードを加えます。砂糖は甘みコクをプラスするため、マスタードは仕上げに味を引き締めるためです。

さらに具材にはウィンナーを使います。ベーコンを使うと脂がたくさん出てしまいますが、ウィンナーだったらほどよい脂と旨みをプラスできるからだそうです。

レシピをまとめると次のようになります。

材料【2人分】
ウィンナー4本
玉ネギ1/2個分
ピーマン2個
バター20g
白ワイン大さじ2
ホールトマト(缶詰)2個分
砂糖小さじ2
トマトケチャップ大さじ1
塩・コショウ適量
マスタード小さじ1
パスタ200g
つくり方
  1. ウィンナーは斜めに切る。玉ネギ・ピーマンは薄切りにする。
  2. ホールトマトを包丁で細かくたたく。
  3. パスタを茹でる。
  4. フライパンを温めて中火にし、バターを加えて焦がさないように溶かす。
  5. 玉ネギを加えてしんなりするまで炒める。さらにウィンナーとピーマンを投入。白ワインも加えてアルコールが飛ぶまでしばらく炒める。
  6. 2と砂糖を入れる。水分が飛んで煮詰まってきたら、トマトケチャップも加え、さらにしっかりと炒める。
  7. 茹で上がったパスタを加え、塩・コショウで味を整えながら混ぜる。仕上げにマスタードを加えてさらに混ぜたら、できあがり。

同番組で試食された方によると「たいめいけん流ナポリタン」は、ほどよい甘みがあってしっとりとしているそうです。やはり人気シェフのナポリタン。大絶賛でした。

ナポリタン好きの夫のために、さっそくわが家でもつくってみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:ナポリタン by hirotomo t

たいめいけんの茂出木シェフが愛用する鍋。「プロキング」。

東京・日本橋にある、昭和6年創業の洋食店「たいめいけん」。こちらのお店の三代目オーナーシェフ・茂出木浩司さんが愛用する鍋が、今日のテレビ番組...

たいめいけん・茂出木シェフいちおしのフライパン。「キングフロン」。

東京・日本橋にある、昭和6年創業の洋食店「たいめいけん」。ふわとろの絶品卵料理がとても有名です。今日放映されたテレビ番組で、こちらのお店の三...

茂出木シェフの、ハンバーグのレシピ。絹ごし豆腐でふわふわにします。

洋食の名店「たいめいけん」の茂出木浩司シェフが考案した、ハンバーグのレシピをご紹介します。「ふわふわヘルシーハンバーグ」です。絹ごし豆腐をタ...

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。84日分まとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを、84パターンご紹介します。全84品のうちの81品が、名店のシェフやレシピ本の著者といったプロのアイデアを混ぜ込ん...

安い食材で、高級店のオムライスを作る裏ワザ。洋食の名店「たいめいけん」の味が再現できます。

東京・日本橋にある昭和6年創業の洋食の名店「たいめいけん」と言えば、3代目のオーナーシェフ・茂出木浩司さんの独特のキャラと、チキンライスの上...