羊羹の変わった食べ方。こだわりの羊羹職人のおすすめ。

2016/08/26

羊羹

和歌山県東牟婁郡にある創業明治33年の老舗ようかん店「紅葉家本舗」の四代目・坂井良雄さんは、8年連続モンドセレクション金賞を受賞した凄腕ようかん職人です。

今日は坂井さんがすすめるユニークな羊羹の食べ方をご紹介します。

(情報元:「ジョブチューン」超一流職人スペシャル 2015年1月24日放映)

スポンサーリンク

紅葉家本舗の柚子羊羹の食べ方

紅葉屋本舗

坂井さんがすすめる羊羹の食べ方はとても斬新です。

柚子羊羹になんとクリームチーズをつけていただきます。
フランス人の客が考案した食べ方で、チーズケーキのようにいただけるとか。どんな味がするのか私もぜひ食べてみたいです。

ちなみに坂井さんがつくる羊羹は、一般的なものとはかなり違っています。
伝統的な手法を大事にされているという坂井さんの羊羹は、表面にパリパリとした食感があり、中はしっとりとしているのが特徴です。

つくり方はかなり手がかかっています。意外ですが、できあがった羊羹をさらに1週間かけて乾燥させるそうです。そうすると砂糖の結晶が表面を覆い、羊羹全体をコーティングしているような状態になり、独特の食感が生まれるのだとか。

先にご紹介した「柚子羊羹とクリームチーズ」という斬新な組み合わせは、やはり坂井さんの羊羹で試したいですね。

坂井さんがつくった竹皮で包んだ「柚子羊羹」は、1本(230g)で1,296円(送料別)。お店のHPのこちらのページからお取り寄せができます。

スポンサーリンク

画像引用元:sweet bean jelly / 羊羹 by Kanko*

スポンサーリンク
羊羹のレシピ。谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」をイメージして作りました。

谷崎潤一郎さんの「陰翳礼讃改版」を読んでいたら、羊羹(ようかん)が食べたくなりました。谷崎さんは同著書の中で、室内の暗がりの中に置いた羊羹を...

食パンの最も美味しい食べ方。こだわりパン職人のおすすめです。

群馬県北群馬郡にある「地球屋パン工房」でこだわりの無添加パンをつくる廣瀬満雄さんは、この道34年のベテランパン職人です。廣瀬さんは、「食パン...

凄腕のソーセージ職人がすすめる、本当に美味しいソーセージの食べ方。

山形県高畠町にあるハム・ソーセージの専門店「スモークハウス ファイン」で、およそ20年にわたり化学調味料を一切使わない無添加ソーセージをつく...

たこ焼き器を使ったアイデアレシピ。オムライスやカレーパンなど7品をご紹介。

たこ焼き器を使って、たこ焼きではない新しいお料理をつくるのが、今流行っているそうです。今日は、けさのテレビで話題になった、たこ焼き器の新しい...

パン職人が教える、パンの保存方法。冷凍・解凍の仕方。

こだわりのパン職人 廣瀬満雄さんがすすめる、パンの保存方法をご紹介します。廣瀬さんはこの道34年のベテランパン職人で、群馬県北群馬郡にある「...