あさり豆腐のレシピ。上田勝彦さんのおすすめ。

公開: 更新:2016/08/31

あさり豆腐 レシピ 上田勝彦 ウエカツ

元漁師で水産庁官僚の上田勝彦さんが考案した、アサリのレシピをご紹介します。

「アサリ豆腐」です。

アサリの料理といえば、私は真っ先に「アサリの酒蒸し」を思い出します。
美味しいですよね、アサリの酒蒸し。

でも残念ながら酒蒸しは、栄養面ではイマイチなようです。
アサリの大事な栄養分である鉄分が溶け出して、とてもモッタイナイとか。

でもアサリと豆腐を合わせると、アサリから出た鉄分を豆腐が吸収してくれるため、栄養をムダなく摂取することができるそうです。

調理も簡単で、あさりの旨みも存分に楽しめますよ。

ちなみに上田さんは元漁師で、現在は水産庁の官僚として霞ヶ関にお勤めです。
魚に大変お詳しく、「ウエカツの目からウロコの魚料理」などの魚料理の本も執筆しています。

(情報元:TV「林修の今でしょ!講座」2015年2月10日放映)

スポンサーリンク

アサリ豆腐の作り方

上田勝彦 あさり豆腐

上田さんの「アサリ豆腐」のレシピです。

包丁を使わずに簡単に作れます。

材料
むきアサリ適量
木綿豆腐適量
ゴマ油適量
コショウ適量
醤油適量
作り方
  1. 温めた鍋にゴマ油を引き、アサリを炒める。コショウをひとふりする。
  2. 木綿豆腐を手で適当な大きさにちぎって1に加える。醤油で味を整える。汁気が少なくなるまで煮たらできあがり。

上田さんによると、コショウをひと振りすると、それだけで貝のエグミが緩和されるとのこと。

具材はお好みで、小松菜・三つ葉などの青い物やエノキなどを加えても良いようですよ。

上田勝彦 あさり豆腐
アサリの旨みが豆腐にしっかり染み込んだ、ボリュームのある美味しいおかずが出来ます。

豆腐は包丁で切るよりも手でちぎった方が、味がよく染みて美味しく仕上がるようです。

上田勝彦 あさり豆腐
私はこれまで上田さんのレシピをいろいろと試してきましたが、どれも簡単で美味しい。ハズレがありません。

アサリ独特の風味がぎゅっと詰まったこの「アサリ豆腐」も、超おすすめですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あさりの冷凍保存法。冷凍のプロのおすすめです。

冷凍のプロ、東京海洋大学教授の鈴木徹さんがすすめる、アサリの賢い保存法をご紹介します。アサリは、水に浸して冷凍保存します。そして解凍する場合...

カツオのつかんまぜのレシピ。上田勝彦さんのおすすめ。

元漁師で水産庁官僚の上田勝彦さんが考案した、「カツオのつかんまぜ」のレシピをご紹介します。カツオの臭みがまったくない、旨味たっぷりのお料理が...

あさりの砂抜きと冷凍保存の方法。

アサリの砂抜きと冷凍保存の方法をご紹介します。アサリの砂抜きをするには、海水と同じ3%の塩水にアサリを浸し、冷暗所に3時間ほど置きます。また...

ほっけの干物で作る、アクアパッツアのレシピ。上田勝彦さんのおすすめ。

ホッケといえば、焼いて食べるのがとても美味しいものです。でもホッケの栄養をムダなくいかすには、焼くよりも煮た方が良いようです。なぜならその方...

魚のプロがすすめる、さわらのレシピ。栄養をいかして生で食べる調理法。

今日はサワラを生でいただく料理を1品ご紹介します。水産庁官僚の上田勝彦さんが考案した「サワラの酒塩和え」のレシピです。上田さんは元漁師という...