あじのりゅうきゅうのレシピ。上田勝彦さんのおすすめ。

公開: 更新:2016/08/31

あじのりゅうきゅう レシピ 上田勝彦 ウエカツ

アジには「EPA」という血液をキレイにする成分が豊富に含まれいるため、動脈硬化の予防に良いと言われています。
ただ残念なことに「EPA」には、空気に触れると壊れてしまう性質があります。

そこで今日は、アジの優れた栄養を効率よく摂取できる調理法をご紹介します。

抗酸化作用のあるゴマを加えると、EPAをムダなく摂ることができます。

ゴマを使ったアジのレシピを教えてくださったのは、元漁師で、現在は水産庁官僚というすごい経歴をお持ちの上田勝彦さんです。

上田さんは魚の調理法について大変お詳しく、「ウエカツの目からウロコの魚料理」という魚料理の本も執筆しています。

さて上田さんの「あじのりゅうきゅう」は、アジをおろしてしまえば、数分で簡単に作れます。

ちなみに「りゅうきゅう」とは、サバやアジといった生魚とネギなどの薬味を砂糖醤油に漬け込んだ、大分県の郷土料理です。

(情報元:TV「林修の今でしょ!講座」2015年2月10日放映)

スポンサーリンク

あじのりゅうきゅうの作り方

上田勝彦 あじのりゅうきゅう

「あじのりゅうきゅう」のレシピです。

切って和えるだけで完成します。

材料【2人分】
アジ3尾(切り身で160g)
万能ネギ6g
大葉2枚
おろしショウガ5g
みりん大さじ1/2
醤油大さじ1
すりゴマ大さじ1/2

※オリジナルのレシピに分量はありませんでしたので、情報元のテレビ番組の映像をもとに、私が分量を推測しました。
冒頭の写真は、この分量で作っています。参考にしてください。

作り方
  1. 食べやすい大きさに切ったアジに、細かく刻んだネギと大葉・おろしショウガ・みりん・醤油を加えて和え、しばらく置いて味をよく染み込ませる。
  2. 1から出た汁気を切る。
  3. すりゴマを加えて和えたらできあがり。

上田勝彦 あじのりゅうきゅう

上田さんによると、この料理の最も大事なポイントは、アジを調味料に漬けたままにしないことです。

醤油には魚の生臭みを取る効果があるため、漬けたままにすると、魚の臭みが残ってしまいます。
ですから調味料の味が馴染んだら、においがついた余計な汁気を取り除きます。

最後にすりゴマで和えると、日持ちするようになり、冷蔵保存で3~4日くらいは美味しくいただけます。

上田勝彦 あじのりゅうきゅう
アジの臭みがまったくない、美味しい「りゅうきゅう」が出来ます。

上田勝彦 あじのりゅうきゅう
魚から出た汁気を取り除くと、魚の臭みが取れるだけでなく、見た目にも美味しそうに仕上がります。

「アジの漬け」を作るご家庭は多いと思いますが、汁気を切ってゴマを加えるだけで、美味しくて栄養たっぷりの、日持ちのするお料理が出来ますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
魚のプロがすすめる、さわらのレシピ。栄養をいかして生で食べる調理法。

今日はサワラを生でいただく料理を1品ご紹介します。水産庁官僚の上田勝彦さんが考案した「サワラの酒塩和え」のレシピです。上田さんは元漁師という...

あじの簡単レシピ。あじ漁師がすすめる、本当に美味しい食べ方。

アジ漁師の高須義隆さんがすすめる、アジの絶品料理を2品ご紹介します。「アジのなめろう」と「アジのさんが焼き」です。高須さんは、アジ一筋34年...

ほっけの干物で作る、アクアパッツアのレシピ。上田勝彦さんのおすすめ。

ホッケといえば、焼いて食べるのがとても美味しいものです。でもホッケの栄養をムダなくいかすには、焼くよりも煮た方が良いようです。なぜならその方...

ウル得マンの、あじのレシピ。アジのヘルシーハンバーグ。

ウル得マンこと、お笑いコンビ「心の犬」のいけや賢二さんが考案した、アジのレシピをご紹介します。「アジのヘルシーハンバーグ」です。いけやさんは...

アジの南蛮漬けレシピ。アジの下処理は、キッチンバサミにおまかせ。

昨日近所の魚屋さんを覗いたら、小アジが10尾で120円でした。安い!!こんな時に作りたくなるのが、アジの南蛮漬け。小アジと言えば、お馴染みの...