ニシンの塩焼きを、みずみずしく美味しく仕上げる調理法。

2016/08/30

ニシン

東京海洋大学客員准教授のさかなクンによると、ニシンを最も美味しく食べる方法は塩焼きです。
ニシンのジューシーさとふんわりとした身の食感が、存分に堪能できるからだそうです。

今日はさかなクンが出演していたテレビ番組で話題になった、ニシンの塩焼きをみずみずしく美味しく仕上げる方法をご紹介します。

(情報元:TV「マツコの知らない世界」2015年2月17日放映)

スポンサーリンク

ニシンの塩焼き

ニシンの塩焼きを家庭で美味しくつくるポイントは、グリルで加熱した後におよそ1分ほど放置することです。
そうすると余熱でニシンがふっくらと蒸されて、みずみずしい仕上がりになるようですよ。

また、つけ合わせの大根おろしに輪切りにした青唐辛子を少し混ぜると、すっきりとした辛みが増し、ニシンの塩焼きをより美味しくいただけるそうです。

ニシンは次のような手順で焼きます。

作り方
  1. ニシンの内蔵を取り除いて、両面に軽く塩をする。
  2. グリルで20分加熱。
  3. 火を止めたあと1分ほど放置する。

ちょっとしたことで、できあがりの美味しさに違いが出るんですね。これは覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

画像引用元:エビ天+ニシンの欲張り蕎麦 by Kohei Fujii

スポンサーリンク
さんまの焼き方。フライパンとクッキングシートで、煙が出ない&片付けがラク。

サンマが美味しい季節になりました。旬のサンマはシンプルに「塩焼き」にするのがとても美味しいものですが、調理の際に煙が出たり脂が飛び散ったりす...

鯛めしのレシピ。鯛漁師がすすめる、炊飯器を使った簡単なつくり方。

愛媛県今治市の鯛漁師・渡辺幹也さんがすすめる、炊飯器で簡単にできる鯛めしのつくり方をご紹介します。生の鯛ではなく、塩焼きにした鯛を使います。...

ミシュランシェフの、さんまの塩焼きのレシピ。脂が少ないさんまにおすすめ。

東京・荻窪にある、割烹料理の名店「有いち」の店主 橘光太郎さんがすすめる、サンマの塩焼きのレシピをご紹介します。10~11月に出回る、脂のの...

鯛めしをふっくら美味しく炊きあげる方法。香ばしいおこげも楽しめます。

東京海洋大学客員准教授のさかなクンが出演するテレビ番組で、ふっくら美味しい鯛めしの作り方が話題になっていました。炊きあがりにひと手間かけると...

鈴木登紀子さんの、さんまの塩焼きのレシピ。塩にひと手間かけます。

「ばぁば」の愛称でお馴染みの、料理研究家 鈴木登紀子さんがすすめる、「サンマの塩焼き」のレシピをご紹介します。調理のポイントは、塩にひと手間...