鯛めしをふっくら美味しく炊きあげる方法。香ばしいおこげも楽しめます。

公開: 更新:2016/08/30

鯛めし

東京海洋大学客員准教授のさかなクンが出演するテレビ番組で、ふっくら美味しい鯛めしの作り方が話題になっていました。
炊きあがりにひと手間かけると、香ばしいおこげも楽しめるようです。

レシピをご紹介します。

ちなみにさかなクンは、東京・五反田にある「元(GEN)」というお店に通い、鯛めしをはじめとした魚料理を堪能しているそうです。

(情報元:TV「マツコの知らない世界」2015年2月17日放映)

スポンサーリンク

鯛めしの作り方

ふっくら美味しく、なおかつ香ばしいおこげも楽しめる鯛めしは、次のような手順でつくります。

鯛飯の作り方
  1. 土鍋に研いだ米を入れて昆布をのせる。水・酒・みりんを入れてしばらく置く。
  2. ウロコと内蔵を取り除いた真鯛を丸ごと鍋に入れる。
  3. フタをして沸騰するまで強火で加熱する。
  4. 沸騰したら弱火にして10分加熱する。
  5. 炊きあがりにもう一度、1分だけ強火にかけたらできあがり。

最後の工程5で、香ばしいおこげができるそうです。
覚えておくと使えますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:[email protected] by Ippei Suzuki

鯛めしのレシピ。鯛漁師がすすめる、炊飯器を使った簡単なつくり方。

愛媛県今治市の鯛漁師・渡辺幹也さんがすすめる、炊飯器で簡単にできる鯛めしのつくり方をご紹介します。生の鯛ではなく、塩焼きにした鯛を使います。...

鯛めしのレシピ。鯛の頭を使いました。

新鮮な鯛の頭を、大変安く購入することが出来ました。今日はそれを使って「鯛めし」をつくりました。一般的に鯛めしは、鯛を焼いてから御飯と一緒に炊...

栗おこわの簡単なレシピ。むき栗とおかきを使います。

テレビで話題になった、「栗おこわ」のユニークなレシピをご紹介します。コンビニでも手に入る「むき栗」と「おかき」を白米に混ぜて炊くだけで、まる...

さんまを使った漁師めしのレシピ。上田勝彦さんの、棒サンマ。

元漁師で水産庁官僚の上田勝彦さんがすすめる、漁師飯のレシピをご紹介します。宮城の漁師飯、「棒サンマ」です。塩と酢で味付けするだけで、サンマの...

水島弘史シェフの、科学的にも理にかなったハンバーグの作り方。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、科学的にも理にかなった美味しいハンバーグの作り方をご紹介します。水島さんは、科学的な側面からも美味...