牛乳マニアの、牛乳リゾットのレシピ。焼きおにぎりを使います。

2016/08/26

牛乳リゾット

これまで日本全国の牛乳150種類を飲み尽くしたという、牛乳マニアの小山浩子さん。
今日は、小山さんが考案した「牛乳リゾット」のレシピをご紹介します。

小山さんは大手牛乳メーカーに勤務したご経験をお持ちで、その際には牛乳を使った料理教室を主催されていたそうです。

小山さんが執筆された「目からウロコのおいしい減塩 乳和食」は、料理のプロでもなかなか獲れないグルマン料理本大賞を受賞した話題の料理本で、牛乳のコクをいかした和食のレシピがたくさん掲載されています。

さて「牛乳リゾット」は、焼きおにぎりとスライスチーズを使ってつくります。
たった3分で、本格和風リゾットが完成します。

(情報元:TV「マツコの知らない世界」2015年3月3日放映)

スポンサーリンク

牛乳リゾット

「牛乳リゾット」を上手につくるには、電子レンジで加熱した後にちょっとだけ注意します。

おにぎりをほぐしながら、アツアツのご飯に牛乳をしっかり吸わせると、とても美味しく仕上がるそうです。

材料
冷凍の焼きおにぎり 1個
スライスチーズ 1枚
牛乳 適量
作り方
  1. 凍ったままの冷凍おにぎりを深めの器に入れ、その上にスライスチーズをのせる。
  2. おにぎりの1/3が浸るくらいの牛乳を注ぐ。
  3. ラップを軽くかけ、電子レンジで2分30秒加熱する。
  4. 焼きおにぎりをほぐしながら、ご飯に牛乳をしっかり吸わせたらできあがり。

牛乳っぽさがなく、醤油味が際立った和食っぽいリゾットができるようです。

ミルクの甘みが醤油味を引き立たせ、コクがある味わいに仕上がるということです。美味しそうですね。

ところで先日このブログで、冷凍食品大手のニッスイが考案した、ユニークな焼きおにぎりのレシピを2つご紹介しました。
「焼きおにぎりのエッグベネディクト風」と「焼きおにぎりバーガー」です。これらはどちらも、おにぎりの形を活かした料理でした。

今回ご紹介した小山さんのレシピは、これらと比べると、あえておにぎりを崩して使っているところがとても斬新です。
焼きおにぎりの香ばしさが、牛乳のコクによく合いそうですね。

スポンサーリンク

画像引用元:Risotto cacio e pepe by Luca Nebuloni

スポンサーリンク
牛乳マニアが考案した、たった3分でできる「牛乳おしるこ」のレシピ。

これまで日本全国の牛乳150種類を飲み尽くしたという、牛乳マニアの小山浩子さん。今日は、小山さんが考案した「牛乳おしるこ」のレシピをご紹介し...

デトックスウォーターのレシピ。美容・リラックス・むくみに効果的な3種類をご紹介。

管理栄養士の小山浩子さんが考案した「デトックスウォーター」のレシピをご紹介します。「デトックスウォーター」とは、フルーツ・野菜・ハーブなどを...

乳和食のレシピ。牛乳を使った新しい和食の作り方。

管理栄養士の小山浩子さんが考案した、「乳和食」のレシピをご紹介します。「乳和食」とは、牛乳を使った和食のこと。カレーやシチューに牛乳を加える...

牛乳プリンのレシピ。ゼラチンや寒天を使わず、しょうが汁で作ります。

横浜国立大学名誉教授の渋川祥子さんがすすめる、ゼラチンや寒天を使わない牛乳プリンのレシピをご紹介します。「しょうが牛乳プリン」です。渋川さん...

斬新な昭和初期の家庭料理。「胡瓜のコロッケ」「干魚のポテト詰め」「牛乳いかもどき」をご紹介。

けさ放映されたテレビ番組で、「温故知新で食べてみた」という一風変わった料理本が紹介されていました。この本には今となっては珍しい昭和初期につく...