食の安全を守るための、最良の食事法。中国の「爆発するスイカ」騒動

公開: 更新:2016/08/30

saa-suika

 食の安全性に不信感が募る中国で、爆発するスイカが話題になっているそうです。スイカが爆発って・・ちょっとビックリしてしまいますが、成長促進剤を使って育てたスイカは、大きくなると突然バン!と破裂してしまうのだそうです。消費者が口にする前に爆発してしまうかもしれないこのスイカ、当然のことながら果物店が喜んで仕入れることはないそうです。

 最近中国に住む人達は食べ物に対して大変シビアになっているようです。”地方のマーケットで買った肉は食べるな”とか、”チャイナブランドの乳製品は食べるな”とか、また例えば、”リンゴを買うのならあばたがあって虫が食った跡があるものの方が安全だ”とか、各人が安全な食生活に対する考えを持っているということです。

 皆が食に関心を持つことは良いことだけど、関心があるというのは、つまり食の安全性が脅かされていると思っているということなのかもしれません。本当は、食に対する関心なんて必要が無いくらいに平和な方がいいですね。

 さて、CNNのHow do you eat safely in China?と題された記事には”自分が今まで得た最良の食に対するアドバイスは、日常の食事を多様化させること、つまり偏った毒の取り方を避けるというものだ。”と書かれています。どんなに体に良いと言われている食べ物でも、度を過ぎた摂取は悪影響を及ぼすと思います。これは日本に住む私にとっても良いアドバイスだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
no image
中国人の文化的欲求を満たすアート

クーリエ ジャポン 9月号 に、北京北部でデジタルプリント会社「時間機器(タイムマシン)」の技術顧問をしているXu Xi(シューシー)さんと...

no image
中国で感じた表現の自由度について―美術家アイ・ウエイウエイ氏が警察に拘束される。彼の表現はさらに研ぎ澄まされるに違いない。―

中国の美術家アイ・ウエイウエイ(艾未未)氏の行方が分からなくなっているそうです。ニューヨークタイムスによると、アイ・ウエイウエイ氏は、3日に...

「小麦は食べるな!」を読了。古代の小麦、ヒトツブコムギってどんな味?

「小麦は食べるな!」という本を読みました。著者は、アメリカの循環器専門医、ウイリアム・デイビスさん。小麦の、食材としての安全性を問いなおす、...

横浜みなとみらいの日本料理店「四季亭」。港が一望できる絶景を楽しみながら、彩りが美しい会席料理を堪能。

横浜みなとみらいにある日本料理店「四季亭」で、会席料理をいただきました。「四季亭」は、横浜ランドマークタワー内、ロイヤルパークホテルの68階...

チーズは真空パックから出して保存。チーズづくりのプロがすすめる、理想的な保存法。

チーズ職人の宮嶋望さんは、北海道十勝にある「共同学舎新得農場」で、ヨーロッパの本格的な技術を取り入れつつ、日本の風土をいかしたチーズづくりを...