クローゼットの整理術。「少ないけど良質の服を」が、今のトレンド。

公開: 更新:2016/05/23

ワードローブ

クローゼットの中の服を減らした、シンプルな暮らしをすすめる本が、最近はとても人気があります。

私はそうした本の影響で、クローゼットを自分でも驚くほどすっきりと片付け、これからは流行にあまり左右されることなく、自分のスタイルを確立していこうと決心しました。

ところがそんな私は、先日読んだ本がきっかけで、ちょっしたショックを受けました。

そこには、「少ない服でおしゃれを楽しむのが、今のトレンド」だと書かれていたからです。
流行に染まらないクローゼットを作ったつもりが、どうやら私は以前と変わらず、トレンドにのかっていたようです。

スポンサーリンク

シンプルなクローゼットのすすめ

フランス人は10着しか服を持たない

クローゼットの片付けをすすめる本と言えば、2014年10月に出版された「フランス人は10着しか服を持たない」を思い浮かべる人は多いでしょう。
およそ半年もの間、多くの書店でベストセラー1位をキープし続けている、最近の最も代表的な1冊です。

同著には、フランス人のシンプルなワードローブをマネて、服を「10着」だけに絞って生活したアメリカ人の著者の体験が記されています。(詳しい本の内容は、コチラをご覧ください。)

朝5秒の鏡の魔法

またファッションプロデューサー・しぎはらひろ子さんの「朝5秒の鏡の魔法 その無難な服では稼げません!」は、先の本「フランス人は10着しか服を持たない」が意識されているのか、「10着」ではなく「10セット」に絞った服の整理法が紹介されています。

ちなみにこの本にも、ヨーロッパ女性のシンプルなクローゼットが話題に上げられています。しぎはらさんは、彼女たちに習った「自分のスタイル」を重視した服選びをすすめています。

人生がときめく片付けの魔法

さらにもう少し前になると、ときめく片付けでお馴染みの片付けコンサルタント・近藤麻理恵さんは、著書の中で、クローゼットの中をシンプルにして「洋服は堂々とワンパターンでいく」と宣言しています。

服が10着以下になった私

私は、近藤麻理恵さんの片付けの本にかなり影響を受け、クローゼットをすっきりと片付けました。

もともと所持する服が少なかった私は、現在ではその数が、「フランス人は10着しか服を持たない」がすすめる「10着」よりも少なくなっています。
堂々とワンパターンでいくことにも、今ではほとんど抵抗がなくなり、以前よりも質の良い高価な服を選ぶようになりました。良い傾向だと思っています。

ちなみに同著がすすめる「10着」を実践してみたところ、私には意外と多いことが分かりました。
実は「10着」には、コートやジャケットなどの上着類や、スカーフや帽子などのアクセサリー類、そしてTシャツやタンクトップなどのアンダーシャツは含まれていません。
また1年を通して着る服をすべて合わせて10着ではなく、季節ごとに10着という数え方なのです。

「10着」に絞ったところで、問題はまったく感じませんでした。

少ないけど良質の服を揃えるはトレンド

ところが、クローゼットをすっきりさせた私は、先日「服を買うなら、捨てなさい」という本を読んでハッとさせられました。

そこには「少ない服でおしゃれを楽しむこと」が、最近のトレンドだと記されていたからです。
人気の本をもとに、少ない服でトレンドと縁を切ろうと考えていた私は、ちょっとしたショックを受けました。

著者のスタイリスト・地曳いく子さんは、ご自身の職場でもあるファッションの世界でも、最近は、同じ服ばかりを着る人が多いとおっしゃいます。
服の価格が以前より高くなっていることもあり、「少ないけど良質のものを」が、今のトレンドになっているとか。

ちなみに、地曳さんの知り合いのおしゃれなプロスタイルストは、なんと週3回も同じ服を着ているそうです。
このような話を知ると、着回しのプレッシャーから解放される気がしますね。

さて、クローゼットをシンプルにして自分のスタイルを確立しようと考えていた私も、実は以前と変わらず、トレンドに大きな影響を受けていたことが分かりました。
情報が溢れる環境で生活しながら「流行と縁を切る」なんて、はじめから不可能だったんですね。

まあそうは言っても、すっきりした現在のクローゼットが、私はとても気に入っています。
ですからこれからもしばらくは、服の数を絞った流行のシンプルライフを楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:Unique Shopping in Fargo Moorhead by Fargo-Moorhead CVB

服を10着しか持たない生活。その5つの効果。

先月(2014年10月)発売された「フランス人は10着しか服を持たない」という本を読みました。この本はアメリカ人の主婦が書いたもので、彼女が...

服は「一生もの」を選ぶのではなく、常にアップデートすることを考える。

今月(2014年11月)発売された『「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女の秘密』という本は、著者が出席した同窓会の話か...

行正り香さんのクローゼット管理術。オフシーズンの服は、クリーニング店に預ける。

料理研究家・行正り香(ゆきまさ りか)さんの新刊、「行正り香の暮らしメモ100」を読みました。同著には、料理のコツから整理&整頓術や人との接...

ゆるりまいさんに学ぶ、クローゼットの徹底管理。モノは無駄に増やさない。

「捨て変態」を自称するゆるりまいさん。ゆるりさんのお家はいかにモノが少ないか、先日このブログでも、「ゆるりまいさんの家の、なんにもないリビン...

年齢を重ねても、女性らしさを維持する方法。片付けがもたらす意外な効果。

今日は、ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さんの著書「大人の女は、こうして輝く。」をもとに、年齢を重ねても女性らしさを維持する方法を...