浜田陽子さんの、生姜焼きのレシピ。わさびを使います。

公開: 更新:2016/06/22

生姜焼き

料理研究家の浜田陽子さんが考案した、生姜焼きの作り方をご紹介します。

かなり変わったレシピです。

肉にワサビを塗り、蒸してから、下味をつけて焼きます。

このようにすると、柔らかくて旨みのある生姜焼きに仕上がるそうです。

(情報元:TV「この差って何ですか?」2015年5月24日放映)

スポンサーリンク

浜田流 生姜焼きの作り方

生姜焼き

浜田さんが考案した、生姜焼きのレシピです。

豚肉は、薄くスライスしたものではなく、かたまり肉を使います。

材料
豚ロースかたまり肉
練りワサビ
下味用の調味料
作り方
  1. かたまり肉の表面に、どっさりとワサビを塗る。そのまま30分ほど置く。
  2. 蒸気の立った蒸し器に1を入れ、6分ほど加熱する。
  3. 肉の表面に残ったワサビと水気を、キッチンペーパーなどできれいに拭き取る。
  4. 肉を少し厚め(1センチくらい)に切る。
  5. 4に下味をつけ、フライパンで焼いたらできあがり。

浜田さんによると、薄切り肉ではなく、かたまり肉を使う理由は、厚さが調整しやすいから。
生姜焼きは、ちょっと厚めに切った方が美味しく仕上がるそうです。

またワサビを塗る理由は、旨みをプラスし、肉の脂臭さを軽減するため。
練りワサビには、旨み成分であるアミノ酸がたっぷりと含まれています。そんなワサビをたっぷり塗って、旨みを肉に染みこませるというわけです。

浜田さんは、ワサビの黄緑色が分かるくらいたくさん塗っていました。
これほどたっぷり塗っても、加熱することで、辛さは飛んでしまうようです。面白いですね。

さらに、焼く前に蒸すと、硬くなりがちな生姜焼きを、柔らかく仕上げることができるということです。

ところで、このように肉を2段階に分けて加熱する調理法を、以前このブログで紹介したことがあります。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる「冷めても美味しい唐揚げの作り方」です。

水島さんは、肉を揚げる前に、低温で茹でます。
そうすると、柔らかくてジューシーな唐揚げに仕上がると、水島さんはおっしゃっています。

水島さんは、浜田さんと同じ理由で、肉を2回に分けて加熱しています。
リンク先も合わせて参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:スイートホーム by hiro

篠原涼子さんの生姜焼きのレシピ。ヨーグルトを使います。

女優の篠原涼子さんが自宅でよく作るという、生姜焼きのレシピをご紹介します。「篠原涼子 特製生姜焼き」です。また生姜焼きの付け合わせとして、野...

生姜焼きのヘルシーレシピ。浜内千波さんの減塩する調理法。

料理研究家の浜内千波さんが考案した、「生姜焼き」の減塩レシピを2品ご紹介します。浜内さんによると、料理で上手に減塩をするには、野菜などの酸味...

お弁当の人気おかずレシピ、肉料理10品まとめ。運動会&お花見におすすめ。

お弁当のおかずにぴったりの、人気の肉料理10品をご紹介します。料理のプロや芸能人が考案したレシピで、冷めても美味しくいただける料理ばかりです...

南極料理人の生姜焼きのレシピ。苺ジャムとポン酢を使う。

南極料理人こと、料理研究家の西村淳さんが考案した生姜焼きのレシピをご紹介します。「ジャム生姜焼き」です。この生姜焼きの特徴は、2つあります。...

河村隆一さんの、生姜焼きのレシピ。こだわりの5つの特徴。

歌手の河村隆一さん直伝の、生姜焼きのレシピをご紹介します。教えてくださったのは、河村隆一さんの奥様・河村公美さん。公美さんによると隆一さんは...