シェフが教える、ホワイトオムレツのレシピ。泡立て過ぎないのがポイントです。

公開: 更新:2016/06/22

ホワイトオムレツ

ザ・キャピタルホテル東急のシェフ・中村直人さんがすすめる、美味しいホワイトオムレツの作り方をご紹介します。

ホワイトオムレツとは、卵白だけを使ったオムレツのこと。

卵白には、体に吸収されやすい良質のタンパク質が多く含まれているので、美容や健康のために食べているという方も最近は多いです。
ちなみに先日このブログでも、アンチエイジングの専門家が、紫外線対策として、ホワイトオムレツを積極的に摂っていることをお伝えしました。(詳しくはコチラをご覧ください。)

さて中村さんによると、ホワイトオムレツを上手に作る最大のポイントは、卵白を泡立て過ぎないことです。

(情報元:TV「PON!」加藤シゲアキが挑む、本格ホワイトオムレツ 2015年6月8日放映)

スポンサーリンク

ホワイトオムレツの作り方

ホワイトオムレツ

中村さんがすすめるホワイトオムレツを上手に作るポイントは、2つあります。

1つは卵白を泡立て過ぎないこと。
中村さんによると、泡立て過ぎるとなめらかな仕上がりになりません。卵白の弾力が無くなり、サラサラになるくらいが、泡立て終了の目安です。

さらに2つめのポイントは、卵白をフライパンに流し入れたら、耐熱性のゴムベラなどで手早くかき混ぜること。
卵白のオムレツは、普通のオムレツにくらべて固まりやすいのが特徴です。卵はまわりから固まってくるので、外側の卵白を内側へ入れ込むように全体を混ぜます。

なお生クリームを加えると、味がまろやかになり、コクが出ます。

材料【1人分】
卵白4個分
少々
コショウ少々
生クリーム30cc
バター適量
作り方
  1. 卵白をボールに入れ、泡だて器で混ぜる。あまり泡立て過ぎないように注意する。
  2. 1に塩・コショウ・生クリームを加えて混ぜる。
  3. 温めたフライパンにバターを引き、2を一気に流し入れる。耐熱性のゴムベラを使って手早く混ぜながら、卵に均一に火が通るようにする。全体が固まってきたら、いったん火から下ろす。
  4. 3のフライパンを奥を下にして傾け、手前側の卵のフチを返しながら前に寄せ、オムレツの形を作る。この状態で少し火にかけ、表面が固まってきたら、ひっくり返す。できあがり。

ホワイトオムレツ
実際に作ってみたところ、食べ応えのあるオムレツができました。

上の写真は、私が作ったホワイトオムレツです。
見た目はイマイチになってしまいましたが、味はなかなかイケます。

ホワイトオムレツは、全卵で作ったオムレツとくらべると美味しくなさそうなイメージがありますが、全然そんなことはありません。
生クリームを補うと、コクが出て香りが良くなります。このレシピだったら、卵白だけでも十分満足できますよ。

私はこれまで、卵白をメレンゲ状にしてホワイトオムレツを作っていましたが、あまり泡立てない方が、しっとりとなめらかに仕上がります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
横浜みなとみらい「ラ・メール・プラール」で、人気の伝統のオムレツをいただきました。

「ラ・メール・プラール」の横浜みなとみらい店で、ランチをいただきました。こちらのお店は、フランスのモン・サン・ミッシェルにある老舗レストラン...

モンサンミッシェルのオムレツのレシピ。浜内千波さんのおすすめ。

料理研究家の浜内千波さんが考案した、オムレツのレシピをご紹介します。「モンサン・ミッシェル ふわふわオムレツ」です。フランスの世界遺産モンサ...

ふわふわオムレツの作り方。フランスの名店「ラ・メール・プラール」の味を再現したレシピだそうです。

フランスのモン・サン・ミッシェルに本店を構える、老舗レストラン「ラメール・プラール」。日本でも「丸の内店」と「横浜みなとみらい店)」の2店舗...

タマミちゃんの、ふわふわオムレツ。モンサンミッシェル風。

タマミちゃんこと、タレントの友加里さんが考案した、オムレツのレシピをご紹介します。「超フワフワ 新型オムレツ」です。その名の通りフワフワなオ...

キューピーのすごい冷凍食品「とろっと名人ひらけオムレツ」。湯煎するだけで、半熟のふわトロオムレツが完成。

けさのテレビ番組で、キューピーのスゴイ冷凍食品が話題になっていました。「スノーマン とろっと名人ひらけオムレツ」。15分ほど湯煎するだけで、...