煮崩れしない煮魚の作り方。こんにゃくを鍋底に敷きつめます。

2016/06/22

煮魚

煮崩れしない「煮魚」の簡単な作り方をご紹介します。

食物学博士 佐藤秀美さんのおすすめです。

佐藤さんは、調理科学に大変お詳しく、「おいしさをつくる「熱」の科学」をはじめとした本も執筆しています。

佐藤さんによると、鍋底にこんにゃくを敷きつめるだけで、煮崩れさせずに簡単に、煮魚を作ることができます。

(情報元:TV「発見!なるほどレストラン」まさか!?の楽うまレシピ デヴィ夫人・木村佳乃 2015年6月9日放映)

スポンサーリンク

煮魚に煮崩れを防ぐ方法

煮魚

かたちがきれいに整った煮魚を、簡単に作る手順です。

魚2切れに対して、コンニャクは、ちょっと多めの250gほど使うと良いそうです。

材料
2切れ
コンニャク 250g
作り方
  1. コンニャクを5ミリくらいの厚さに切る。
  2. 鍋に煮汁と1を入れる。
  3. 2のコンニャクの上に魚をのせる。
  4. 落としフタをして、弱火で15分煮込んだらできあがり。

このようにすると、煮崩れしないばかりか、魚を安心して皿に盛り付けることもできるようです。

ところでなぜ、コンニャクを使うと、煮崩れを防げるのでしょうか。

佐藤さんによると、煮崩れの原因は、鍋底に生まれる煮汁の対流。
これが煮魚を傷つけてしまうために起こります。

でもこんにゃくは、煮汁を薄めることなく、クッションのような働きをしてくれます。そのため煮崩れが防げるというわけです。

なお一緒に煮たコンニャクは、魚のダシが染み込んだおかずとしていただくことができます。

煮魚のついでに、美味しい料理がもう1品作れるなんていいですね。
覚えておくと便利な裏ワザです。

スポンサーリンク

画像引用元:R1064454 by yoppy

スポンサーリンク
ぶりのレシピ。激安のぶりで、美味しい煮付けをつくる裏ワザ。

激安の養殖ブリを使って、高級な天然ブリでつくったかのような美味しい煮付けをつくる裏ワザをご紹介します。真冬に捕れる天然ブリは、脂がのっていま...

日本料理の名店「分とく山」の店主がすすめる、煮魚のレシピ。スズキの「煮魚うどん」の作り方。

東京・広尾にある、日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野﨑洋光さんが考案した、まかないレシピをご紹介します。スズキを使った「煮魚うどん」で...

トマト味噌のレシピ。減塩できる万能調味料の作り方。

料理研究家のMICHIKOさんが考案した、「トマト味噌」のレシピをご紹介します。「トマト味噌」とは、トマトと味噌の旨味をいかした万能調味料の...

ゆうこりんの、さんまのレシピ。さんまの梅煮の作り方。

ゆうこりんこと、小倉優子さんが考案した、「さんまの梅煮」のレシピをご紹介します。サンマは、煮る前に酢水で下茹ですることで、臭みが取れ、味が染...

ウル得マンの、さばの味噌煮のレシピ。めんつゆを使います。

ウル得マンこと、お笑いコンビ「心の犬」のいけや賢二さんが考案した、「サバの味噌煮」の簡単レシピをご紹介します。いけやさんは、19才から大手居...