ダイエットに効くヨーグルトの食べ方。電子レンジで温めます。

公開: 更新:2016/06/22

ヨーグルト

便秘の名医・順天堂大学の小林弘幸教授がすすめる、ダイエット効果が上がるヨーグルトの食べ方をご紹介します。

小林先生によると、ダイエットを成功させるには、まず腸の調子を整えることが大切です。

便秘がちになると、腸がむくんだ状態「むくみ腸」になり、腸の動きや吸収が悪くなって、体脂肪がたまる原因になります。

働きが鈍った腸を元気にするには、温めたヨーグルトを食べると良いそうです。

(情報元:TV「解決!ナイナイアンサー」ダイエットによい食材 2015年6月23日放映)

スポンサーリンク

ヨーグルトを温める方法

バナナ

小林先生がすすめる「ヨーグルトの食べ方」をまとめました。

ヨーグルトの理想的な食べ方
  1. 150gの無糖ヨーグルトを、電子レンジ(500w)で40秒温める。
  2. 酸味が気になる場合は、バナナを加える。ただしバナナの摂取量は、1日半分までにする。
  3. 1日150~200gのヨーグルトを、なるべく夕食時に摂る。

小林先生によると、ヨーグルトを温める理由は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の動きを活発にするためです。

実は乳酸菌は、冷蔵庫から出したての冷たいヨーグルトの中では、動きが鈍くなっているそうです。
乳酸菌が最も活性化するのは、人の腸内温度とおなじ38~40度くらい。
上の方法で電子レンジで加熱すると、ちょうどこれと同じ人肌くらいの温度になるそうです。

また温めたヨーグルトは、酸味が強く感じられるようです。
この酸味が気になる場合は、バナナを加えると食べやすくなるとのこと。
バナナに含まれるオリゴ糖が、乳酸菌の動きをより活発にしてくれるというオマケつきです。
オリゴ糖をたっぷり含んだハチミツを加えるのも良いかもしれませんね。

なおヨーグルトの理想的な摂取量は、1日に150~200gくらい。夕食に合わせて摂るのが良いそうです。

ところでこのヨーグルトの食べ方は、Rサイエンスクリニック院長の日比野佐和子先生も、実践しています。
日比野先生は、16kgものダイエットに成功したそうですよ。

ちなみに、紫外線のスペシャリストでもある日比野先生は、紫外線対策にもなる他のダイエット法も取り入れています。
詳しくはコチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:画像引用元:Yaourt maison – 2012-04-25 by Frédérique Voisin-DemeryWe Keep Reinventing the Banana Wheel by Alan Levine

便秘はダイエットの大敵。便秘の原因「むくみ腸」を改善する、食事とエクササイズ。

便秘の名医・順天堂大学の小林弘幸教授によると、便秘はダイエットの大敵です。便秘を解消すれば、難なく痩せられる。小林先生はそうおっしゃっていま...

便秘の名医がすすめる、ヨーグルトの食べ方。腸の調子を効率よく整える方法。

便秘の名医・順天堂大学の小林弘幸教授がすすめる、腸に良いヨーグルトの食べ方をご紹介します。腸の調子を整えるにはヨーグルトを積極的に摂るとよい...

「むくみ腸」は便秘のもと。体の冷えや便秘薬の誤った服用が原因。

けさ放映されたテレビ番組で、「むくみ腸」が話題になっていました。便秘の名医・順天堂大学の小林弘幸教授によると、腸がむくむと便秘になりやすくな...

大人のきのこの山の意外な食べ方。人気パティシエのおすすめ。

東京・高円寺にある人気洋菓子店「パティスリー・ラブリコチエ」のオーナーシェフ・佐藤正人さんがすすめる、「大人のきのこの山」の意外な食べ方をご...

腸内環境をチェックする方法。最新の検査で、腸内細菌やミネラルを調べる。

小林メディカルクリニック東京の小林暁子院長は、身体の調子が悪くなった時には、まず真っ先に腸内環境の悪化を疑うべきだとおっしゃいます。小林先生...