中華のプロの餃子レシピ。トマトを加え、蒸してから焼くのがポイント。

公開: 更新:2016/05/15

餃子

四川料理の名店「スーツァンレストラン陳」の総料理長、菰田欣也シェフがすすめる、餃子のレシピご紹介します。

ポイントは、タネの作り方と加熱方法にあります。

タネは、ひき肉だけをまずよく練ってから、野菜と調味料を加えます。
隠し味にトマトを加えると、ジューシーに仕上がります。

餃子の加熱方法は、蒸してから焼くです。

(情報元:TV「この差って何ですか?」2015年7月12日放映)

スポンサーリンク

餃子を上手に作るコツ

餃子

菰田さんによると、餃子を美味しく作るポイントは3つあります。

餃子を上手に作る3つのポイント
  1. タネ作りは、まずひき肉だけをしっかり練る。
  2. 隠し味としてトマトを加える。
  3. 蒸してから焼く。

この3つのポイント3について、簡単に説明します。

ひき肉だけを練る

菰田さんによると、餃子のタネを作る場合、ひき肉・調味料・キャベツを一度に混ぜ合わせるのはNGです。

肉にキャベツを入れてこねると、キャベツから水が出て、肉に味が入らなくなってしまいます。

肉にしっかり下味をつけるために、まずは肉をしっかりこねます。そして調味料を加え、肉に味をよく染み込ませます。最後に野菜を加えて混ぜたらタネの完成です。

タネにトマトを加える

またみじん切りにしたトマトをタネに加えると、ジューシーな餃子に仕上がります。

蒸してから焼く

餃子を焼く時は、まず冷たい状態のフライパンに油を引かずに餃子を並べます。

そして中火にかけ、フライパンが温まったら、焼く前に、湯を加えて餃子を蒸します。
ちなみに湯ではなく水を加えると、沸くまでに時間がかかるため、皮がベタベタになってしまいます。湯を加えて、短時間で蒸し上げましょう。

フライパンの水分が完全に蒸発したら、そこではじめてサラダ油を加え、最後に餃子の焼き色をつけて完成です。

以上の3つのポイントを踏まえ、菰田シェフの餃子のレシピをまとめると、次のようになります。

スポンサーリンク

菰田シェフの餃子のレシピ

餃子

菰田さんがすすめる、家庭でも簡単に作れる、美味しい餃子のレシピです。

なお分量はありません。
詳しい分量が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
タネの作り方は若干異なりますが、今回のものと良く似た菰田さんの餃子のレシピを、分量入りで紹介しています。

材料
豚ひき肉
キャベツ
長ネギ
トマト
おろしショウガ
塩・コショウ
醤油
オイスターソース
餃子の皮
サラダ油
作り方
  1. ひき肉をボールに入れ、粘りが出て全体がピンク色になるまで、手でしっかり練る。
  2. おろしショウガ・塩・コショウ・醤油・オイスターソースを1に加え、よくこねて肉に味をつける。
  3. みじん切りにしたトマトを2に加え、よく混ぜる。
  4. 細かく刻んだキャベツ・ネギを3に加え、よく混ぜる。これでタネの完成。
  5. タネを皮で包む。
  6. 冷たい状態のフライパンに、油を引かずに餃子を並べる。中火にかけてフライパンを温める。ここに湯を適量加え、餃子を5分ほど蒸す。
  7. フライパンの水分を完全に蒸発させたら、サラダ油をまわしかける。ガスの火はムラがあるので、均一に焼き目をつけるために、フライパンをたまに動かしながら焼く。1分ほどかけて餃子に焼き目をつけたら、できあがり。

このような手順で作ると、中はジューシーで皮はカリッとした、お店で出てくるような美味しい餃子に仕上がるそうですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:hamamatsu gyoza by hirotomo t餃子定食 by hirotomo t

ジューシーな餃子の作り方。中華のプロは、蒸してから焼く。

中華料理の名店「スーツァンレストラン陳」の総料理長、菰田欣也シェフが考案した、餃子のレシピをご紹介します。皮はパリパリで中身はジューシーにな...

水餃子の簡単レシピ。平野レミさんの、食べれば水餃子。

料理愛好家の平野レミさんが考案した、水餃子のレシピをご紹介します。「食べれば水餃子」です。ごく普通の水餃子は、餡を皮で包んで作りますが、レミ...

北斗晶さんの人気レシピ。31品まとめ。

タレントの北斗晶さんの、人気レシピ31品をご紹介します。子供も喜ぶ優しい味付けと、遊び心たっぷりの「なんちゃって」メニュー。そして節約・時短...

水島弘史シェフの、餃子のレシピ。科学的にも理にかなった低温調理法。

フレンチのシェフ 水島弘史さんがすすめる、科学的にも理にかなった弱火調理法で作る、餃子のレシピをご紹介します。たった2つのポイントをおさえる...

プロの栗ご飯のレシピ。栗は蒸してからご飯に加えます。

料理のプロがすすめる、栗ご飯のレシピをご紹介します。懐石料理の専門店「懐石一文字」の店主・廣瀬和彦さんによると、栗の皮は、塩水に浸すとむきや...