うなぎ蒲焼きの温め方。緑茶で煮ると、ふわふわになります。

公開: 更新:2016/07/20

うなぎ 坂上忍 緑茶 ウーロン茶 蒲焼き 温め方

安くて硬いウナギの蒲焼きを、簡単に美味しくする裏ワザをご紹介します。

緑茶で煮るだけで、ふわふわの食感になります。

使用するお茶は、ペットボトルでOK。
緑茶の味も残りません。

ウーロン茶や無糖の紅茶でも代用できますよ。

(情報元:TV「あのニュースで得する人損する人」坂上忍の生活に役立つ得ワザ 2015年8月6日放映)

スポンサーリンク

安いうなぎの蒲焼きを美味しくする裏ワザ

うなぎ 坂上忍 緑茶 ウーロン茶 蒲焼き 温め方

ウナギの蒲焼きを、緑茶で煮る手順です。

手順
  1. フライパンの上にウナギの蒲焼きをのせる。
  2. ウナギが浸るまで、緑茶を入れる。
  3. 緑茶がなくなるまで煮込んだらできあがり。

このようにすると、安いウナギの蒲焼きが、箸がすっと入るくらい柔らかくなります。

このウナギを試食したタレントの坂上忍さんは、「最高です!チョーうまい!」とその味を絶賛していました。

ふわっとして、緑茶のクセもないそうです。

でもなぜ緑茶で煮るだけで、ウナギが柔らかくなるのでしょうか。

ウナギが硬くなる原因は、コラーゲンにあります。
ウナギにはコラーゲンが多く含まれているので、時間が経つにつれて、身が硬くなってしまうのです。

一方緑茶には、渋みのもとであるタンニンが含まれており、タンニンにはコラーゲンを溶かして柔らかくする効果があります。
しかもタンニンは、都合が良いことに、ウナギのタンパク質と結合すると、渋みが弱まる性質もあります。
そのためお茶の味が残ることなく、ウナギが美味しくなるというわけです。

ところでこの裏ワザに使うお茶は、茶葉から淹れた緑茶ではなく、ペットボトルの緑茶の方が適しています。

ペットボトルのお茶は、成分が安定していてタンニンが少ないため、ウナギをほど良く柔らかくしつつ、渋みが残りにくいとか。

ちなみに緑茶がない場合は、無糖の紅茶やウーロン茶などでも代用できます。

簡単な裏ワザです。覚えておくと便利ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:尾花@南千住 by Norio NAKAYAMA

うなぎ蒲焼きの温め方。超一流のうなぎ職人のおすすめです。

千葉県成田山の参道にある、創業105年の老舗うなぎ店「川豊」の3代目店主・伊藤小澄さんがすすめる、「スーパーで買ったウナギの蒲焼きを、簡単に...

水島弘史シェフの、うなぎの蒲焼きの温め方。ウーロン茶と酒を使う。

フレンチのシェフ 水島弘史さんが考案した、うなぎの蒲焼きの温め方をご紹介します。うなぎをウーロン茶で煮て、日本酒を混ぜたタレを塗ってグリルで...

平野レミさんの、うなぎで作るおやきのレシピ。1人前のうなぎの蒲焼きを4人で楽しめます。

料理愛好家の平野レミさんが考案した、うなぎの蒲焼きを使った、おやきのレシピをご紹介します。「1人前が4人前!うなぎ汁のおやき」です。1人前の...

北斗晶さんの、蒲焼き丼のレシピ。うなぎの代わりに豆腐を使います。

タレントの北斗晶さんが考案した、蒲焼き丼のレシピをご紹介します。ウナギの代わりに豆腐を使った「なんちゃって蒲焼き丼」です。この蒲焼き丼の魅力...

みきママの、うなぎの蒲焼きのレシピ。ちくわでかさ増しします。

おうち料理研究家のみきママが考案した、「うな丼」のレシピをご紹介します。ウナギの蒲焼きは、2人前で1/2尾程度しか使いません。その代わりにチ...