平野レミさんの、ハンバーグのレシピ。ジャングルバーグ。

公開: 更新:2017/01/20

平野レミ ジャングルバーグ

料理愛好家の平野レミさんが考案した、ハンバーグのレシピをご紹介します。

「ジャングルバーグ」です。

このハンバーグは、子供も大人も喜ぶ、遊び心のある見た目がとても印象的です。

直径20センチほどもある巨大ハンバーグを大地に見立て、そこにクレソンを挿して、ジャングルの密林を表現しています。

ハンバーグのタネには、ご飯が練りこまれているため、これ一品で、おかずにもご飯にもなりますよ。

(情報元:フジテレビ「発見!ウワサの食卓」2015年8月11日放映、TBSテレビ「おびゴハン!」2017年1月20日放映)

スポンサーリンク

「ジャングルバーグ」の作り方

平野レミ ジャングルバーグ

「ジャングルバーグ」のレシピです。

ハンバーグのタネには、パン粉の代わりに、練ったご飯を加えます。
そうすると、あまり肉々しくない、食べやすいハンバーグに仕上がります。

また焼きあがったハンバーグには、レミさん特製の「レミグラスソース」をかけ、クレソンとトマトとコーンで飾り付けをします。

なおレシピの分かりにくい工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4~6人分】
ハンバーグのタネ
合いびき肉600g
1個
玉ネギすりおろし(汁ごと)80g
ご飯200g
小さじ1
コショウ少々
ナツメグ小さじ1/4
レミグラスソース
ウスターソース大さじ2
ケチャップ大さじ1
生クリーム(※)大さじ1
サラダ油小さじ1
赤ワイン(好みで)1/4カップ
クレソン適量
ミニトマト(小さめ)適量
コーン(缶詰)適量

※コーヒー用ミルクでも代用可。

作り方
  1. ご飯をポリ袋に入れ、上から10回くらい手で練る。これをボールに入れ、ご飯以外のタネの材料すべてを加えてよく混ぜる。
  2. 温めたフライパンにサラダ油を引き、1を円形にして入れる。フライ返しなどで平らにしながら、1個の大きなハンバーグ型に成形する。
    フタをして片面を中火で6分焼く。ひっくり返したら赤ワインを加え、フタをしてもう片面を4分ほど焼き、完全に火を通す。
    焼き上がったら皿にのせる。
  3. ウスターソース・ケチャップ・生クリームを混ぜ、2のハンバーグにかける。
    ハンバーグにクレソンを挿し、4等分したミニトマトとコーンを散らしたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

スポンサーリンク

ジャングルバーグを作ってみた

平野レミ ジャングルバーグ
ここからは、写真をもとにレシピを辿ります。

ちなみに私は、レシピの半量でハンバーグを作ったので、出来上がりが15センチ程度になりましたが、レシピ通りに作ると、直径20~25センチくらいの大きさに仕上がると思います。

まず、ご飯をポリ袋に入れ、手で揉みます。

平野レミ ジャングルバーグ
半づきにしたご飯は、ハンバーグのタネに加えます。

ご飯は、かなりたっぷり入ります。

平野レミ ジャングルバーグ
タネの材料すべてを、手でよく混ぜあわせます。

平野レミ ジャングルバーグ
そして、温めたフライパンにサラダ油を引き、タネを円形にして入れます。

フライ返しなどでタネの形を整え、フタをして中火で6分ほど加熱したら、ひっくり返して赤ワインを加え、フタをしてさらに4分ほど焼いて火を通します。

ちなみに私はレシピの半量で作ったので、加熱時間は半分ほどで済みました。

平野レミ ジャングルバーグ
ハンバーグが焼きあがったら、皿にのせ、その上に、レミさん特製の「レミグラスソース」を回しかけます。

「レミグラスソース」は、ウスターソース・ケチャップ・生クリームを、2:1:1の割合で混ぜて作ります。
まろやかな口当たりが特徴の、親しみやすい味のソースができます。

平野レミ ジャングルバーグ
ハンバーグにソースをかけたら、いよいよジャングル風に飾り付けをします。

まず、ハンバーグにクレソンを刺します。
ある程度の太さがあるクレソンだったら、簡単に刺すことができます。

そして、その周りにトマトとコーンをトッピングしたらできあがり。

レミさんによると、クレソンは、ジャングルに生い茂る木をあらわしています。

ちなみに、クレソンの下に隠れるように配置されたトマトやコーンについての説明はありませんでしたが、ジャングルに生えるシダや苔などの植物か、あるいは小動物なのかもしれませんね。
想像が膨らむ、ユニークなハンバーグです。

このハンバーグをひと目見た家族は、手を叩いて大喜びしました。
食べる前から大盛り上がりする、このユニークな料理を考案したレミさんは、あらためて天才だと思います。

平野レミ ジャングルバーグ
お味の方も、バッチリでした。

牛肉のコッテリとした濃厚な旨味と、ご飯のさっぱりとした味が、ぴったり合います。
練ったご飯がほど良く肉汁を吸って、ハンバーグとしては珍しい、モッチリとした食感に仕上がります。

レミさんがおっしゃる通り、しつこい肉々しさがないハンバーグで、とても食べやすいです。パクパクといくらでも食べられそうです。

また、ハンバーグなんだけど、ご飯も一緒にいただいているような満足感があります。

平野レミ ジャングルバーグ

簡単に作れますし、これ一品でおかずにもご飯にもなります。

しかも、みんなでワイワイやりながら楽しく食べられる。子供も大喜びしますよ。

超おすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みきママの、ハンバーグのレシピ。どでか チーズインハンバーグ。

おうち料理研究家のみきママが考案した、ハンバーグのレシピをご紹介します。「どでか チーズインハンバーグ」です。直径20センチほどもある巨大ハ...

プロの作り置き人気レシピ。常備菜45品まとめ。

プロが考案した野菜や魚介を使った料理の中から、常備菜におすすめの人気レシピを45品ご紹介します。当サイトでは、主にテレビで話題になったメニュ...

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。83日分まとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを、83パターンご紹介します。全83品のうちの80品が、名店のシェフやレシピ本の著者といったプロのアイデアを混ぜ込ん...

水島弘史シェフの、科学的にも理にかなったハンバーグの作り方。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、科学的にも理にかなった美味しいハンバーグの作り方をご紹介します。水島さんは、科学的な側面からも美味...

冷めても美味しいハンバーグの作り方。お弁当にぴったりです。

お弁当のプロ、塩見英生さんがすすめる、冷めても美味しいハンバーグの作り方をご紹介します。塩見さんは、1日200個ものお弁当を販売している「横...