冷めても美味しいご飯の炊き方。ハチミツを加えます。

公開: 更新:2016/07/01

ご飯

アレンジ王子こと、料理研究家の有坂翔太さんがすすめる、冷めても美味しいご飯の炊き方をご紹介します。

ハチミツを少量加えるだけで、5時間経ってもふっくらとしたご飯が炊きあがります。

お弁当にぴったりです。

(情報元:TV「ヒルナンデス!」お弁当テクニック 2015年9月1日放映)

スポンサーリンク

冷めても美味しいご飯の炊き方

ご飯

ハチミツを使ったご飯の炊き方です。

ご飯の炊き方
米3合につき、ハチミツ大さじ1を加えて普通に炊く。

炊きあがりは普通のご飯とあまり変わりませんが、5時間ほど置くと、違いが出てきます。
ハチミツ入りご飯は、硬くならずにふっくらとしたままで、お米の自然な甘みも感じられるとか。

でもなぜハチミツを加えるだけで、冷めても美味しいご飯が炊けるのでしょうか。

それは、ハチミツに保水効果があるためです。
ハチミツがご飯の水分をしっかりと抱えてくれるため、冷めてもご飯が乾燥することなく、ふっくらと仕上がります。

またハチミツに含まれる消化酵素が、米のデンプンをブドウ糖に分解してくれるため、ご飯自体の甘みも増します。

ところで、フレンチのシェフ・水島弘史さんも、ハチミツを使った炊飯をすすめています。
水島さんの場合は、ハチミツだけでなく、さらに氷も加えてご飯を炊きます。
詳しくはコチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:Jan 30, 2009 #2 by Makoto OTSUKA

水島弘史シェフの、冷めても美味しいご飯の炊き方。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、冷めても美味しいご飯の炊き方をご紹介します。水島さんは、科学的な側面からも美味しい料理をつくる方法...

浜田陽子さんの、ご飯の炊き方。豆乳を加えます。

料理研究家の浜田陽子さんが考案した、美味しいご飯の炊き方をご紹介します。豆乳を加えると、甘くてコクがある美味しいご飯が炊けるそうです。(情報...

水島弘史シェフの、きのこの炊き込みご飯のレシピ。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、科学的にも理にかなった、美味しい「キノコの炊き込みご飯」の作り方をご紹介します。たった2つのポイン...

パナソニックの「スチーム&可変圧力 IHジャー炊飯器」。早炊き機能をよく使う方におすすめです。

「本当に優れた炊飯器は、早炊き機能で美味しいご飯が炊ける」。先日放送された「ヒルナンデス!」(2014年5月28日)というテレビ番組によれば...

ご飯のカロリーを50%オフする方法。ココナッツオイルを入れて炊きます。

ご飯のカロリーを50%カットする方法をご紹介します。アメリカの雑誌「TIMES」は、先日(2015年3月25日)、ダイエットに関心のある女性...