ヘアオイルの使用感レポート。「さざんかとホホバのヘアオイル」&「ヴェレダのヘアオイル」

2016/08/30

ヘアオイル,おすすめ,さざんかとホホバのげアオイル

上に写っているのは、私が今使っているヘアオイル、松山油脂の「さざんかとホホバのヘアオイル」です。最近の私のお気に入りです。

今日は、この「さざんかとホホバのヘアオイル」とヴェレダの「ヘアオイル」、計2アイテムの魅力を記します。

スポンサーリンク

「さざんかとホホバのヘアオイル」の魅力

「さざんか」はもちろん分かるけれど、「ホホバ」って聞きなれないですね。どういうものなんでしょう?
ホホバとは米国やメキシコなどの砂漠に自生する低木。その低木の種子を絞って得られるのがホホバオイルです。ホホバオイルには、肌を柔らかくきめ細かくする効能があると言われており、日本でも高い人気を誇っています。

「さざんかとホホバのヘアオイル」の魅力は、何といっても次の3点です。

  • 使い心地がさっぱりとしている
    日本人好みだと思います。国産メーカーの良いところですね。ここ最近のムシムシした夏日にも合います。
  • ラベンダーとローズマリーのほのかな香りが上品
    香り成分は天然の精油。とてもリラックスした気分で使えます。
  • 手頃な価格
    このヘアオイルを購入する前、私は、オーガニックコスメを扱うヴェレダというブランドのヘアオイルを使っていました。

    私は今でもヴェレダのヘアオイルのファンですが、「さざんかとホホバのヘアオイル」はヴェレダのヘアオイルの価格の1/3以下。
    貯めたお金をなるべく投資に使いたいわが家の家計の事情を合わせて考えると、この「さざんかとホホバのヘアオイル」を買うのも良い選択だと思います。

    とは言っても、今後もたまにはヴェレダを使いたいです(笑)。

ところで、このヘアオイルについてイマイチだと思うところも1点だけあります。

それは、液ダレがしやすいこと。容器の肩の部分にオイルが溜まることがあります。少々面倒くさいのですが、たまにチェックした方がいいです。

でもまあ、その手間を考えても、このヘアオイルは良いと思います。

さざんかとホホバのヘアオイルの成分表示

スキンケア用品や化粧品を選ぶ時には、イメージも大事ですけど(テンションが違いますよね!)、どのような成分が使われているのかも、とても大事ですよね。

さざんかとホホバのヘアオイルの成分は以下の通りです。

ホホバ油、サザンカ油、トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー油

とてもシンプルですね。
化粧品などの成分表示を見ると、大抵は知らない名前ばかりがズラリと羅列されています。一方、このオイルの成分は分かりやすい。聞き覚えのある成分が並んでいます。でも、この中に1つ、ちょっと聞き慣れない成分があります。「トコフェロール」。トコフェロールってどのような成分なのでしょうか。

ウィキペディアによると、トコフェロールはビタミンEのことで、「広く普遍的に自然界に存在する」と言います。以下ちょっと難しいですけど原文を引用します。

(トコフェロールは、)主に抗酸化物質として働くと考えられている。抗酸化物質としての役割は、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ることである。フリーラジカルはDNAやタンパク質を攻撃することでガンの原因ともなりうるし、また、脂質過酸化反応により脂質を連鎖的に酸化させる。

トコフェロールは、疾病を治療する目的で医薬品や食品・飼料などに、また、栄養の補給や食品添加物の酸化防止剤としても広く利用されているそうです。

ちなみに、このヘアオイルの製造元、松山油脂の無添加石鹸にも酸化防止剤として使用されています。

成分も安心だし、使い心地も良いので、購入して良かったと思える商品です。

ステキな香りのヘアオイル。ヴェレダ

さて、今日はもう一つヘアオイルをご紹介します。それは、私が先の「さざんかとホホバのヘアオイル」を購入する以前に使っていた、ヴェレダの「ヘアオイル」です。

先ほど私は、”価格が高いから、このヘアオイルを「さざんかとホホバのヘアオイル」に替えた”と書きましたが、実際は、決して高額な商品ではありません。50ミリリットルで2千円弱ですから。

さて、このヴェレダのヘアオイル。香りが本当に素晴らしい。私は、ヴェレダの他のスキンケア用品も愛用していますが、どれも香りは最高。このヘアオイルも例外ではありません。

ヴェレダの成分表示

ヴェレダのヘアオイルの成分は、こちらです。

ピーナッツ油、アカツメクサ花エキス、香料、ゴボウ根エキス

「香料」なんて書いてあると、いかにも人工的につくられたものという感じがしますが、ヴェレダのホームページによると、香料は、「全て植物から抽出されるエッセンシャルオイルを使用」と説明されています。

ちなみに、成分中の「アカツメクサ花エキス」というのは、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含み、乾燥やシワ、ハリのなさで悩む肌を若々しい肌へと導く効果があるそうです。

また、「ゴボウ根エキス」は、漢方では、種子を解毒、消炎、排膿作用があるので腫れものの薬として使用されており、保湿作用、フケ・脱毛予防作用、発汗作用、血行促進作用などがあるそうです。

こちらも安心して使えます。

以上ヘアオイル2種、どちらも香りが素晴らしく、使い心地が良いのが特徴です。是非お試しください。

スポンサーリンク
おすすめマッサージオイル2種。ヴェレダの「ホワイトバーチ」と美健の「フォーリラクシング」。

私はオイルマッサージが好きです。ふくらはぎや太ももを中心に、時間がある場合はほぼ全身を、入浴後に毎日マッサージしています。足のむくみはこれだ...

ココナッツオイルの魅力。ダイエットに効果あり。紫外線もカットします。

ココナッツオイルが、女性を中心にたいへん人気だそうです。美容に効果があるようですよ。人気の火付け役となったのは、サマンサタバサのCMでお馴染...

化粧水を捨てて美容液を使う。松山油脂「保湿美容液」の使用感をレポートします。

昨日の記事にも書きましたが、私は今、化粧水をまったく使っていません。現在、「化粧水断ち」を試みている最中です。化粧水って、女性にとっては、必...

私のおすすめクレンジング。マッサージオイルを使うといいですよ。

私はつい最近まで、フランスやドイツのオーガニック化粧品のクレンジング剤を使って、化粧落としをしていました。特に気に入っていたのが、ロゴナのク...

ドクターブロナー社の「オーガニック リップバーム」を使ってみました。

マジックソープの製造で知られているドクターブロナー社の「オーガニック リップバーム(ローズ)」を使ってみました。同社の固形石鹸「マジックソー...