プロのボロネーゼのレシピ。温野菜にもご飯にも合います。

2016/07/01

ボロネーゼ 温野菜

料理研究家の高城順子さんが考案した、ボロネーゼソースのレシピをご紹介します。

高城さんは、ビギナーズ向けの料理本や、健康料理の本を執筆しています。

さて、「ボロネーゼ」というとパスタ料理を想像しますが、「高城流ボロネーゼ」は、ご飯や温野菜にも合う万能ソース。

これからお伝えする「ブロッコリーのボロネーゼがけ」は、蒸したブロッコリーにボロネーゼソースをかけた一品で、ご飯のおかずにぴったりです。

(情報元:TV「バイキング」坂上忍の時短!簡単!節約!晩ごはん2016年1月26日放映)

スポンサーリンク

ボロネーゼの作り方

ボロネーゼ 温野菜

「ブロッコリーのボロネーゼがけ」のレシピです。

「高城流 ボロネーゼソース」の特徴は、2つあります。

1つは、隠し味に醤油を加えること。
醤油を少量加えるだけで、ご飯にも合うソースができます。

2つめは、すりおろしたジャガイモでとろみをつけること。
野菜たっぷりの、味わい深いソースに仕上がります。

なおレシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分】
合い挽き肉 180g
玉ネギ 1/2個
ニンニク 1かけ
ジャガイモ 100g
ブロッコリー 120g
ピザ用チーズ 30g
小さじ3/4
コショウ 少々
オリーブオイル 大さじ1と1/2
赤ワイン 1/4カップ
トマト缶 200g
小さじ1/4
醤油 小さじ1
顆粒ブイヨン 小さじ1/3
1/4カップ
作り方
  1. 玉ネギは5ミリ角に切り、ニンニクは薄切りにする。
    玉ネギ・ニンニクを耐熱ボールに入れ、その上からオリーブオイル(大さじ1/2)を回しかけ、ラップをして電子レンジ(600w)で2分30秒加熱する。
  2. 合いびき肉に塩(小さじ1/2)とコショウ(少々)をふり、粘りが出ないようにスプーンなどでサックリと混ぜる。
  3. 温めたフライパンにオリーブオイル(大さじ1)を引き、2を加え、あまり崩さずに焼く。
    肉の表面の色が変わったら、1を加え、炒め合わせる。
    さらに赤ワインを加え、沸騰したらトマト缶も加える。
    塩(小さじ1/4)・コショウ(少々)・酢で味を整え、ひと煮立ちさせたら弱火にする。
  4. ジャガイモの皮をむき、すりおろして3に加え、3~4分煮る。
    仕上げに醤油を加え、チーズを散らす。
  5. ブロッコリーを小房に切り分け、耐熱ボールに入れる。
    顆粒ブイヨンと水を加え、ラップをして電子レンジ(600w)で3分加熱する。
  6. 4と5を皿に盛ったらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

スポンサーリンク

ブロッコリーのボロネーゼがけの作り方

ボロネーゼ 温野菜 レシピ
【工程1】
まず、玉ネギを5ミリ角に切り、ニンニクを薄切りにします。

そして玉ネギとニンニクを耐熱ボールに入れ、オリーブオイル(大さじ1/2)を回しかけ、ラップをして電子レンジ(600w)で2分30秒加熱します。

【調理のポイント】
玉ネギとニンニクは、オリーブオイルを回しかけ、電子レンジで加熱します。

電子レンジを使うと、炒める手間がかからないため、調理時間を大幅にカットすることができます。

ボロネーゼ 温野菜 レシピ
【工程2】
続いて、ひき肉に塩(小さじ1/2)とコショウをふりかけ、粘りが出ないように、スプーンでサックリと混ぜます。

ひき肉は、かたまりを残したまま調理するので、大雑把に混ぜる程度でOKです。

ボロネーゼ 温野菜 レシピ
【工程3】
そして、温めたフライパンにオリーブオイル(大さじ1)を引き、ひき肉を加え、あまり崩さずに焼きます。

【調理のポイント】
ひき肉は、あまり崩さずに、かたまりを残します。

かたまりのまま焼くと、少量の肉でも、肉の存在感が出ます。

ボロネーゼ 温野菜 レシピ
上の写真のように、肉の表面の色が変わってきたら、レンジでチンした玉ネギとニンニクを炒め合わせます。

ボロネーゼ 温野菜
さらに赤ワインを加え、沸騰したらトマト缶も加えます。

そして、塩(小さじ1/4)・コショウ(少々)・酢で味を整え、ひと煮立ちさせたら弱火にします。

ボロネーゼ 温野菜 レシピ
【工程4】
弱火で煮込んでいる間に、ジャガイモの皮をむき、すりおろします。

そしてフライパンの中に入れ、3~4分煮込み、とろみをつけます。

【調理のポイント】
小麦粉の代わりにジャガイモでとろみをつけると、長く煮こむ必要がなく、まろやかな味わいに仕上がります。

ボロネーゼ 温野菜 レシピ
仕上げに醤油を加え、チーズを散らします。

これでボロネーゼソースが出来ました。

【調理のポイント】
仕上げに、隠し味として醤油を少量加えると、ご飯にも合う万能ソースに仕上がります。

ボロネーゼ 温野菜 レシピ
【工程5】
最後に、ブロッコリーを加熱します。

小房に切ったブロッコリーを耐熱ボールに入れ、顆粒ブイヨンと水を加え、ラップをして電子レンジ(600w)で3分加熱します。

ボロネーゼ 温野菜
【工程6】
ブロッコリーとボロネーゼソースを皿に盛ったらできあがり。

さっそくいただいてみたところ、ひき肉を完全に崩さずに、敢えてかたまりのまま調理する意味がよく分かりました。
少量のひき肉でも、まるで塊肉を使ったかのような食べ応えが出ますし、また見た目も豪華です。

すりおろしたジャガイモの風味が加わることで、食べ飽きない、優しい味のボロネーゼソースができます。

ブロッコリーだけでなく、他のどんな野菜とも合いそうですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クリスマスのレシピ。パーティー料理の簡単メニュー48品。

クリスマスにおすすめの、パーティー料理48品をご紹介します。当ブログでは、主にテレビで話題になったプロの料理を紹介していますが、今日はその中...

葉加瀬太郎さんのチャーハン。「料理は音楽より少し上手」

バイオリニストの葉加瀬太郎さんが考案した、チャーハンのレシピをご紹介します。「葉加瀬太郎 特製チャーハン」です。世界を股にかけて活躍される超...

プロの常備菜人気レシピ。作り置き31品まとめ。

プロが考案した、常備菜の人気レシピを31品ご紹介します。当ブログでは、主にテレビで話題になった料理を取り上げていますが、その中で、特に注目度...

北斗晶さんの「とろろフォンデュ」のレシピ。長芋を使います。

タレントの北斗晶さんが考案した「とろろフォンデュ」の作り方をご紹介します。「とろろフォンデュ」は、チーズフォンデュのチーズを、長芋で代用した...

お弁当の簡単おかずレシピ。ウル得マンの、かつおの唐揚げ。

お弁当の簡単おかずレシピをご紹介します。今日のおかずは、次の3品です。メニューウル得マンこと、タレントのいけや賢二さんの「カツオの唐揚げ」和...