バタコやんの、クロワッサンのレシピ。ホットケーキミックスを使い、たったの30分で作ります。

公開: 更新:2016/06/06

バタコやん クロワッサン

バタコやんこと、シンクロックの吉田結衣さんが考案した、クロワッサンの簡単レシピをご紹介します。

「サクサク!スピードクロワッサン」です。

バタコやんは、パンシェルジュ2級の資格を持つ、パンのスペシャリスト。

バタコやんによるとクロワッサンは、ホットケーキミックスを使うと、たったの30分で作れるとのこと。

実際に試してみたところ、生地がやや重い感じはありますが、表面がサクサクの美味しいクロワッサンができましたよ。

(情報元:TV「あのニュースで得する人損する人」バタコやんのパン工房 2016年2月11日放映)

スポンサーリンク

サクサク!スピードクロワッサンの作り方

バタコやん クロワッサン

まずは、バタコやんの「サクサク!スピードクロワッサン」の特徴をまとめました。

バタコやん流クロワッサンの特徴
  1. ホットケーキミックスと冷凍パイシートを使って生地を作る。
  2. 魚焼きグリルで焼く。

以上2つのポイントを踏まえてレシピをまとめると、次のようになります。

なおポイントの詳細は、後ほど写真をもとに順に説明します。

材料【6~8個分】
クロワッサン生地
ホットケーキミックス50g
溶かしバター大さじ1
牛乳大さじ1
冷凍パイシート1/2枚(80~100g)
ハム適量
キャンディーチーズ適量
板チョコ適量
あらびきコショウ適量
牛乳(表面に塗る分)適量
作り方
  1. ホットケーキミックス・バター・牛乳を密閉袋に入れ、手でよく揉む。
  2. クッキングシートの上にパイシートをのせ、その上に袋から取り出した1をのせる。
    パイシートの短辺を3つ折りにし、麺棒(ラップの芯で代用可)で長方形に伸ばす。再び三つ折にし、生地を15×25センチくらいの長方形に伸ばす。
  3. 2を6~8枚の三角形に切る。生地で具材を巻く。(1種類は、生地にコショウをふり、ハムとチーズを巻く。もう1種類は、板チョコを巻く。)
    ハケで表面に牛乳を塗る。
  4. 魚焼きグリルにアルミホイルを敷き、予熱する。
    アルミホイルの上に3を並べ、その上にクシャクシャにしたアルミホイルを被せ、弱火で8~10分焼く。
    上のアルミホイルを取り、弱火で2分焼いたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

スポンサーリンク

バタコやんのクロワッサンを作ってみた

バタコやん クロワッサン
【工程1・2】
まずクロワッサンの生地を作ります。

最初にホットケーキミックス・バター・牛乳を密閉袋に入れ、手でよく揉みます。

【調理のポイント】
洗い物を少なくするために、ポリ袋を使って材料を混ぜます。

2016-02-12 04.58.58-5_edited-1
そしてクッキングシートの上にパイ生地を置き、その上に袋の中身をまとめてのせます。

バタコやん クロワッサン
続いて上の写真のように、パイ生地の短辺を3つ折りにします。

バタコやん クロワッサン
3つ折りにしたら今度は、麺棒で細長く伸ばします。

ちなみにバタコやんは、短辺は2倍くらいに、そして長辺は38センチくらいの長さに伸ばしているようでした。

なお麺棒が無い場合は、ラップの芯で代用できます。
ラップがまだ残っていても、作業の後に1周分取ってしまえば、その後もちゃんと使えますよ。

バタコやん クロワッサン
生地を長く伸ばしたら、再び3つ折りにします。

バタコやん クロワッサン
そして3つ折りにした生地を、最後に15×25センチくらいの長方形に伸ばします。

これでクロワッサンの生地ができました。

【調理のポイント】
クロワッサンの生地は、ホットケーキミックスと冷凍パイシートで作ります。

ホットケーキミックスを使う理由は、次の通りです。

バタコやんによると、ホットケーキミックスには、クロワッサン作りに必要な材料が、あらかじめバランス良く配合されています。
そのため材料を量る手間をかけずに、誰でも簡単に、クロワッサン生地が作れるそうです。

ホットケーキミックスは、砂糖や塩などで既に味がついていますし、ベーキングパウダーが入っているので、発酵させなくても、生地を簡単に膨らませることができます。

またホットケーキミックスは、加える牛乳の量を控えめにし、高温で焼き上げると、クッキー生地のようなサクサクとした食感に仕上がる特徴があるそうです。
このホットケーキミックスの性質を利用して、クロワッサンの軽い食感を再現します。

そして冷凍パイシートは、あらかじめ小麦粉とバターが何層にも重なっています。
ホットケーキミックスの生地に、パイシートを補助的に使うことで、クロワッサンらしい生地を簡単に作ります。

バタコやん クロワッサン
【工程3】
続いて、生地を三角形に切り、6~8等分します。

バタコやん クロワッサン
そして生地で具材を巻きます。

私はバタコやんと同じように、2種類の具材を使いました。

1種類は、生地にコショウをふり、4等分したハムとキャンディーチーズ1個(半分に切ったもの)を巻きました。

生地の広い方に具材をのせ、クルクルっと転がすだけで、きれいに巻けますよ。

バタコやん クロワッサン
もう1種類は、チョコレート1かけを半分に割って巻きました。

なおバタコやんによるとこのクロワッサンは、具材を変えるだけで、様々なバリエーションが楽しめます。
たとえば、マヨネーズとコーンを合わせたものを巻いたり、またマスタードを生地に塗ってウインナーを巻いたり、さらに生のリンゴにシナモンシュガーをかけて巻いても、美味しいそうです。

バタコやん クロワッサン
生地をすべて巻いたら、表面に牛乳を塗ります。

【調理のポイント】
クロワッサン生地の表面には、牛乳を塗ります。

普通は卵を塗りますが、牛乳にもタンパク質が含まれているので、十分きれいな焼色がつきます。

バタコやん クロワッサン
【工程4】
成形が済んだクロワッサンは、魚焼きグリルで焼きます。

まず魚焼きグリルにアルミホイルを敷き、あらかじめ温めておきます。

そしてアルミホイルの上にクロワッサン生地をのせ、さらにクシャクシャにしたアルミホイルを被せます。

バタコやん クロワッサン
上の写真のようにアルミホイルを被せた状態で、弱火で8~10分焼きます。

なおクロワッサンの表面は牛乳で柔らかくなっているので、アルミホイルとくっつきやすいです。

アルミホイルは、クシャクシャにした上で、クロワッサンに接触しないようにふんわりと被せた方がいいですよ。

【調理のポイント】
クロワッサンは、アルミホイルを被せて焼きます。
直接火が当たると、焦げやすいためです。

またアルミホイルはいったんクシャクシャにして広げて使うと、クロワッサンにくっつきにくくなります。

バタコやん クロワッサン
アルミホイルを被せて8~10分焼いたら、今度はアルミホイルを取り、弱火で2分焼きます。

最後に、表面に美味しそうな焼色をつけます。

【調理のポイント】
クロワッサンはオーブンではなく、魚焼きグリルで焼きます。

バタコやんによると、魚焼きグリルは、実はパンを焼くのにぴったりとか。

その理由は、魚焼きグリルの庫内の温度と加熱方法にあります。
400度という高温になる上に、空気で熱を伝えつつ、食材を直接加熱することもできます。
詳しくは、コチラの記事の「調理のポイント4」をご覧ください。

ちなみに、魚焼きグリルでクロワッサンを焼いても、焼いた後にすぐに取り出せば、魚臭さはつきません。


お皿に盛ったらできあがり。

ひと口サイズの可愛いクロワッサンが出来ました。

バタコやん クロワッサン
さっそくいただいてみたところ、表面のサクサクっとした食感が印象的でした。

たったの30分で作れますが、十分に本物のクロワッサンらしく仕上がりました。
おそらく8割くらいの人は、クロワッサンだと認めると思います。私もそのうちの一人です。

ただ欲を言うと、もう少し軽さが欲しいところです。
発酵生地で作ったごく普通のクロワッサンとくらべると、やはり生地が少し重いと感じます。

実は私は、バタコやんのこのクロワッサンのレシピを知って、1つ疑問に思うことがありました。

それは、ホットケーキミックスを使わずに、冷凍パイシートだけで具材を巻いて焼く方が、クロワッサンに近いものができるのではないかということです。

バタコやん クロワッサン
そして実際に同じ条件で、冷凍パイシートを使ってクロワッサンを作ってみたところ、私は、パイシートだけの方が、クロワッサンらしい軽さが感じられると思いました。
ただ一方で、発酵によるふんわりとした膨らみや風味が足りないとも思いました。

ちなみに上の写真は、冷凍パイシートだけを使って作ったクロワッサンです。

私はパン作りに詳しくありませんが、パイ生地とクロワッサン生地の似ているところは、小麦粉とバターが何層にも重なっているところで、一番大きな違いは、おそらく発酵しているか否かにあると思います。

そうしたパイ生地とクロワッサン生地の違いを考えると、バタコやんが今回ホットケーキミックスの生地をパイ生地と合わせた理由が、何となく分かるような気がしました。
私流に解釈すれば、発酵による膨らみではなく、ベーキングパウダーによるふんわり感を、パイ生地に加える意図があったのだと思います。

バタコやん クロワッサン
いろいろ細かいことを書きましたが、お店のよく出来た商品との違いなど考えなければ、十分美味しいクロワッサンだと思います。

生地が若干重くても、ほど良い甘みとホットケーキミックス特有のバニラのような風味が加わわるため、バタコやん流のクロワッサンの方がむしろ好みだと言う方も、おそらくたくさんいらっしゃると思います。

面白いレシピなので、是非試してみてください。

【追記】バタコやんの人気レシピを、写真つきで紹介しました。合わせて是非ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バタコやんの人気レシピ。パン7品まとめ。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんの、人気レシピをご紹介します。バタコやんは、パンシェルジュ2級の資格を持つ、パンのス...

バタコやんの、カレーパンのレシピ。たったの30分で作れます。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんが考案した、カレーパンの簡単レシピをご紹介します。「サクサク!揚げないスピードカレー...

バタコやんの、メロンパンのレシピ。食パンで作ります。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんが考案した、「メロンパン」のレシピをご紹介します。バタコやんは、パンシェルジュ2級の...

フォンダンショコラの簡単レシピ。たったの10分で完成。

バタコやんこと、シンクロックの吉田結衣さんが考案した、フォンダンショコラの簡単レシピをご紹介します。「ふわふわ!スピードフォンダンショコラ」...

バタコやんの、パンのレシピ。発酵時間はたったの10分です。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんが考案した、パンのレシピをご紹介します。バタコやんは、パンシェルジュ2級の資格を持つ...