バタコやんの、ベーグルのレシピ。たったの30分で作れます。

公開: 更新:2016/06/06

バタコやん ベーグル

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんが考案した、ベーグルの簡単レシピをご紹介します。

「ツヤツヤ スピードベーグル」です。

このベーグルの特徴は、2つあります。

バタコやん ベーグル

1つは、「スピードベーグル」という名前の通り、短時間で作ること。

バタコやんのベーグルは、焼き時間(18分)を含め、たったの30分で完成します。

ベーグルは、もともと発酵時間が比較的短いのが特徴ですが、「バタコやん流ベーグル」は、その発酵時間を別途かけずに作ります。

発酵時間を取らないでベーグルを作るために、バタコやんは、生地を効率よく発酵させる工夫をしています。

その工夫とは、生地を作る前に、イーストに砂糖とお粥を加え、人肌くらいに温めること。

バタコやんによると、イーストの餌である糖質(砂糖とお粥に含まれている)をイーストに与え、イーストの働きが活発になる35度前後の温度を保つと、生地を効率よく発酵させることができます。
そうすることで、発酵時間を取らなくても、ベーグルをちゃんと膨らませることが出来るそうです。

バタコやん ベーグル

「バタコやん流ベーグル」の2つめの特徴は、ベーグルの生地を、ハチミツを加えた湯で茹でること。

ベーグルは独特のモチモチ感を出すために、生地を焼く前に茹でるのですが、その際に、湯の中に少量のハチミツを加えます。

バタコやんによると、ハチミツを加えると、生地の表面が糖分でコーティングされるため、ベーグルがツヤツヤに仕上がるそうです。

実際に作ってみたところ、米粉パンのようなモチモチ感とあっさりとした味が特徴の、美味しいベーグルが出来ました。
私の感想も合わせてお伝えします。

(情報元:TV「あのニュースで得する人損する人」バタコやんのパン工房 2016年3月3日放映)

スポンサーリンク

スピードベーグルの作り方

バタコやん ベーグル

「ツヤツヤ スピードベーグル」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4個分】
強力粉180g
おかゆ(※)125g
ドライイースト2g
砂糖小さじ2
ひとつまみ
オリーブオイル小さじ1
ハチミツ大さじ2

※レトルトでもOK。

作り方
  1. おかゆ・砂糖・ドライイーストを耐熱ボールに入れ、よく混ぜる。電子レンジ(600w)で30秒加熱し、人肌くらいに温める。
  2. 【生地をこねる】別のボールに強力粉と塩を入れてよく混ぜ、1・オリーブオイルを加え、手でよく混ぜる。
    生地を台の上にのせ、台に押し付けるようにして伸ばし、伸ばした生地をまとめる。さらに台の上に、生地を叩きつける。これらの作業を3分間繰り返す。
  3. 【成形する】発酵時間を取らずに、生地を4等分する。
    それぞれの生地を円錐形にし、麺棒(ラップの芯で代用可)で伸ばして均等な厚さにしながら、ナンのような角が丸い二等辺三角形にする。
    二等辺三角形の同じ長さの辺をそれぞれ内側に倒し、生地を三つ折にする。生地の細い方を生地の太い方に繋げ、ドーナツ型にする。
  4. 【生地を茹でる】ベーグルが浸かるくらいの湯を沸かし、ハチミツを入れる。
    3を30秒間茹で、クッキングシートを敷いた天板の上に並べる。(茹でたらすぐに焼くので、オーブンを200度に予熱しておく。)
  5. 【オーブンで焼く】200度に予熱したオーブンで、18分焼いたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

スポンサーリンク

バタコやんのベーグルを作ってみた

バタコやん ベーグル
【工程1】
まず、おかゆ・砂糖・ドライイーストを耐熱ボールに入れ、よく混ぜます。

そして、ラップをせずに電子レンジ(600w)で30秒加熱し、人肌くらいに温めます。

【調理のポイント】
生地を作る前に、イーストに砂糖とおかゆを加え、人肌くらいに温めます。

イーストの餌である糖質(砂糖とお粥に含まれている)をイーストに与え、イーストの働きが活発になる35度前後の温度を保つと、生地を効率よく発酵させることができます。

バタコやん ベーグル
【工程2】
続いて、別のボールに強力粉と塩を入れてよく混ぜ、イーストとおかゆと砂糖を混ぜたものと、オリーブオイルを加えます。

【調理のポイント】
オリーブオイルを加えることで、イースト独特のいやな臭いを、消すことができます。

バタコやん ベーグル
そして手でよく混ぜ、まとめます。

バタコやん ベーグル
さらに生地を台の上にのせ、上の写真のように、生地をこねます。

思い切り外に引っ張り、今度は伸ばした生地を折ってまとめるという動作を繰り返します。

また時々、生地を台の上に叩きつける作業も加え、3分ほど続けます。

【調理のポイント】
生地をこねる際、生地を台の上に押し付けて引っ張る動作を繰り返すと、生地にモチモチ感が出ます。

また台の上に叩きつけると、生地の弾力が増します。

バタコやん ベーグル
【工程3】
続いて、生地を成形します。

発酵時間は置かずに、生地を4等分します。

そしてそれぞれの生地を、上の写真のように円すい形にします。

バタコやん ベーグル
円すい形にした生地は、1つずつ麺棒で伸ばし、均等な厚さにしながら、ナンのような形にします。

なお麺棒が無い場合は、ラップの芯でも代用できます。
まだラップが残っていても、作業の後に1周分だけ切り取れば、残りはちゃんと使えます。

バタコやん ベーグル
ナンの形に伸ばしたら、今度は上の写真のように、生地を三つ折にします。

バタコやん ベーグル
そして三つ折にした生地の細い方の先端を、太い方の中に入れ込むようにして繋げ、円形にします。

バタコやん ベーグル
生地がドーナツ型になったら、生地の穴に親指を入れ、もう片方の手も使って、おにぎりを握るようにして形を整えます。

バタコやん ベーグル
【工程4】
生地を成形したら、茹でます。

まず、ベーグルが浸かるくらいの湯を沸かします。
ちなみに生地を茹でたらすぐに焼くので、この段階で、オーブンも200度に予熱しておきます。

そして湯にハチミツを加え、生地を入れて30秒茹でます。

なお生地を茹で過ぎると、表面が固まりすぎてシワができるので、茹で時間は30秒ちょうどにします。

30秒茹でたら、網じゃくしで生地をすくい、クッキングシートを敷いた天板の上に並べます。

【調理のポイント】
ベーグルは、焼く前に茹でます。

茹でることで生地の表面を固め、内側から膨らむ力を押さえると、ベーグルらしいムチムチの密度の濃いパンができます。

また茹でる際には、少量のハチミツを加えます。
ハチミツを加えると、生地の表面が糖分でコーティングされるため、ベーグルがツヤツヤに仕上がります。

バタコやん ベーグル
【工程5】
天板の上に茹でた生地を並べ、200度に予熱したオーブンで18分焼きます。

バタコやん ベーグル
できあがり。

表面がツヤツヤで、きれいな焼色がついたベーグルが完成しました。

私は自宅でたまにベーグルを作るのですが、その際には、発酵時間を別途30~40分設けています。
ですから今回は、いつもの半分程度の調理時間で、ベーグルが完成したことになります。

バタコやん ベーグル
おかゆを使っていることもあり、出来上がったベーグルは、米粉パンのような味と食感があります。

ごく普通のベーグルよりもあっさりした味で、食感はモッチリとしています。

発酵時間を取らなかった分、生地は少し重めですが、これはこれで美味しいですよ。

ちなみにこのベーグルは、「チョコレート味」や「ブルーベリー味」、そして「きんぴら味」や「明太子マヨネーズ味」にアレンジしても美味しいそうです。

チョコレートは、生地にチョコチップを練り込みます。ブルーベリーは、ドライブルーベリーを生地に加えます。
同じように、キンピラゴボウを練り込むとキンピラ味に、明太子とマヨネーズを混ぜたものを加えると明太子マヨネーズになります。

バタコやん ベーグル
ところでこのベーグルは、発酵が不十分なため、3時間くらいすると硬くなってしまうと、バタコやんは言います。

食べきれずに残った場合は、このベーグルをフレンチトースト風のスイーツにアレンジするのがおすすめだそうです。

最後にバタコやんの、ベーグルを使ったフレンチトーストのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

バタコやん流フレンチトースト

バタコやんの「モッチモチ!フレンチトースト」のレシピです。

材料
残ったベーグル3個
1個
牛乳35ml
砂糖25g
バニラエッセンス2適
バター20g
イチゴ・ブルーベリー・メープルシロップなど好みで適量
作り方
  1. 一口大に切ったベーグル・卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンスをボールに入れ、よく混ぜる。
  2. 温めたフライパンにバターを溶かし、1を並べる。ほど良く焦げ目がつくまで焼く。
  3. 2を皿に盛り、好みでフルーツを盛りつけ、メープルシロップをかけたらできあがり。

ごく普通のフレンチトーストとは違い、卵液があまり染みこみ過ぎず、美味しいそうですよ。

【追記】バタコやんの人気レシピを、写真つきで紹介しました。合わせて是非ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バタコやんの、ピザのレシピ。たったの15分でできます。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんが考案したピザのレシピをご紹介します。「本格 窯焼き風 パリパリピザ」です。バタコや...

バタコやんの、パンのレシピ。発酵時間はたったの10分です。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんが考案した、パンのレシピをご紹介します。バタコやんは、パンシェルジュ2級の資格を持つ...

バタコやんの人気レシピ。パン7品まとめ。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんの、人気レシピをご紹介します。バタコやんは、パンシェルジュ2級の資格を持つ、パンのス...

バタコやんの、クロワッサンのレシピ。ホットケーキミックスを使い、たったの30分で作ります。

バタコやんこと、シンクロックの吉田結衣さんが考案した、クロワッサンの簡単レシピをご紹介します。「サクサク!スピードクロワッサン」です。バタコ...

家事えもんの、グラタンパンのレシピ。パンの発酵時間は、わずか10分。

家事えもんこと、ジューシーズの松橋周太呂さんが考案した、グラタンパンのレシピをご紹介します。「ふんわりトロトロの クリームグラタンパン」です...