まな板に除菌&漂白剤は要らない。有元葉子さんがすすめる、まな板の洗い方。

公開:

まな板 除菌 漂白

料理研究家の有元葉子さんがすすめる、まな板の洗い方&管理の仕方をご紹介します。

有元さんは、著書「毎日すること。ときどきすること。」の中で、まな板について次のように書いています。

13年間使っているまな板を、私は黒ずませたことなどありません。

ちなみに有元さんが使っているのは、木製のまな板。
除菌剤や漂白剤を使わなくても、きれいな状態を13年もキープできるそうです。

私は、有元さんのまな板の管理の仕方を実践しています。
とてもシンプルな方法で、習慣にすると、それだけで気分までスッキリしますよ。

スポンサーリンク

有元葉子さんがすすめる、まな板の洗い方

まな板 除菌 漂白

有元さんのまな板の洗い方を、著書「毎日すること。ときどきすること。」より引用します。

何を切っても、最初は水とたわしだけで洗うのです。

たわしをしっかり握り、ゴシゴシと木の目に沿ってひたすらこすります。使わなかった面も側面も。(中略)
水とたわしだけでは汚れが落ちないとき、次にぬるま湯で洗います。たわしでゴシゴシと。油分があるときは洗剤をちょっとだけつけて、ぬるま湯で洗うんです。

洗ったら水でよくゆすぎ、手のひらでまな板の表面を触ってみて、きれいになっていることが確認できたら、洗いは完了。ここでにおいをかぐことも大事。においが残っていたら一からやり直しです。(中略)

さて、さっぱりと洗えたら、ふきんで水気を拭き陰干しして、ちゃんと乾かしてからしまいます。これも、かびさせないための重要事項です。

このようにすると、木製のまな板を13年もきれいに使い続けることが出来るそうです。

有元さんによると、一番大事なのは、何を切っても最初は水とたわしだけで洗うこと。

実際に試してみると、スポンジよりもたわしの方が、木の表面にこびりついた汚れがスッキリ落ちます。同じ自然素材同士なので、相性が良いのかもしれません。

ちなみに肉や魚を切った時も、まずは水とたわしで洗います。
脂分が残ったら、そこではじめてぬるま湯やごく少量の洗剤を使うのです。
また肉や魚を切った後によくやってしまいがちな、まな板の上にいきなり熱湯をかけるのはNGです。
熱湯をかけると、まな板に付着したタンパク質が凝固しやすく、それがカビの原因になってしまうそうです。

ところで以前の私は、まな板の使ったところだけをスポンジでさっと洗って済ませていましたが、有元さんがおっしゃるように裏も側面もたわしでしっかり洗うことを習慣化したところ、不思議と自分の料理に少しずつ自信が持てるようになりました。

ちゃんと洗ったまな板がキッチンに鎮座していると、それを眺めるだけで気分も良くなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
有元葉子さんの、小豆の簡単デザート。半解凍したゆであずき。

料理研究家の有元葉子さんがすすめる、小豆の美味しい食べ方をご紹介します。有元さんは、ゆでただけの小豆を冷凍し、半解凍してデザートとしていただ...

トイレマットとトイレカバーを無くし、トイレ掃除を頻繁にしています。

つい最近まで私は、清潔なトイレマットとトイレカバーがトイレには欠かせないと考えていました。トイレマットとカバーは、私にとって、気持ちの良いト...

有元葉子さんが利用する食材宅配サービス。「田中農園・ペトラン」。

料理研究家・有元葉子さんの新刊「大切にしたいモノとコト」によると、有元さんは、茨城県にある「田中農園・ペトラン」の食材宅配サービスを利用され...

大人のきのこの山の意外な食べ方。人気パティシエのおすすめ。

東京・高円寺にある人気洋菓子店「パティスリー・ラブリコチエ」のオーナーシェフ・佐藤正人さんがすすめる、「大人のきのこの山」の意外な食べ方をご...

家を精一杯美しく使うと、より良い家が次に待っている。有元葉子さんの体験談より

料理研究家の有元葉子さんの著書には、しばしばご自宅の写真が掲載されています。イタリアと日本、どちらのお家も、シックで落ち着いた雰囲気が素敵。...