有元葉子さんの、小豆の簡単デザート。半解凍したゆであずき。

小豆 レシピ 小豆の煮方

料理研究家の有元葉子さんがすすめる、小豆の美味しい食べ方をご紹介します。

有元さんは、ゆでただけの小豆を冷凍し、半解凍してデザートとしていただくのがお好きだそうです。

有元さんは著書「毎日すること。ときどきすること。」の中で、次のように書いています。

冬じゅう、冷凍庫にゆであずきを常備しています。お砂糖も入れず、ただふっくらと柔らかくゆでただけのあずきです。

凍らせておいたのを少し解凍して、しゃりしゃりと氷あずきみたいに食べるのは、冬の温かい部屋の中でのお楽しみ。
食後のデザートにお出ししても喜ばれます。

ゆでただけの小豆を冷凍し、半解凍して氷あずきのように食べる。
ありそうでない、シンプルで斬新なアイデアだと思いました。

ところでこの小豆のデザートは、好みに応じて味付けをいろいろと変えることができるそうです。

スポンサーリンク

有元さんのゆであずきのデザート

小豆 レシピ 小豆の煮方

有元さんによると、このゆであずきのデザートは、「丹波の大納言」のような上質な小豆を使って作ると、甘みをまったく加えなくても美味しいそうです。

小豆 レシピ 小豆の煮方

また甘みが欲しい場合は、冷凍した小豆に氷砂糖と和三盆をかけ、そのまま一晩置いて自然に溶かすのがおすすめとか。

実際に作ってみたところ、すっきりとした甘みで小豆の風味が引き立ち、甘く煮た小豆とはまた違った味わいがありました。

他にもメープルシロップをかけたり、またアイスを添えても美味しいようです。

その時々の気分に応じて、味つけを変えられるところが、このデザートの良いところです。
冷凍庫にゆであずきをストックしておけば、食べたい時にいつでもすぐに作れますね。

ところで、有元さんの小豆の煮方も、とても面白いです。
ごく一般的には、小豆は水に浸さずそのまま火にかけるか、水に浸したとしてもせいぜい数時間ですよね。

でも有元さんは、2~3日かけて小豆を戻します。

有元さんの小豆の煮方を、最後に簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

有元葉子さんの小豆の煮方

小豆 レシピ 小豆の煮方

小豆を茹でる時は、一般的には水に浸さずそのまま火にかけますが、有元さんは、たっぷりの水に漬けて2~3日置きます。

毎日水を替えながら、じっくり時間をかけて小豆を戻すと、火の通りが良くなり、またふっくら美味しく煮えるそうです。

そして水に浸した後は、3回ゆでこぼしてアクを取り、こまめに湯を差しながら小豆が煮汁から出ないようにして、弱火で40~50分ほど煮ます。

あとは煮汁ごと小分けにし、冷凍するだけ。
好きな時に半解凍すれば、もう小豆のデザートの完成ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんにゃくをお肉に変える裏ワザ。冷凍して「氷こんにゃく」をつくる。

こんにゃくの賢い活用法をご紹介します。こんにゃくを冷凍すると、食感が変化してお肉のようになるそうです。こうすると、どんなお料理にも、お肉の代...

森泉さんが考案した、ざくろのレシピ。スムージーとヨーグルトデザートの作り方。

モデルの森泉さんが考案した、ざくろを使ったレシピを2品ご紹介します。「泉のザクロボウル」は、ヨーグルトに冷凍ザクロをトッピングしたデザート。...

小松菜のおひたしの簡単レシピ。加熱せず、冷凍するだけ。

知的家事プロデューサーの本間朝子さんが考案した、「小松菜のおひたし」の簡単レシピをご紹介します。加熱は一切しません。生のままの小松菜を、冷凍...

肉を早く美味しく解凍する方法。氷水に浸します。

冷凍肉を、早く美味しく解凍する方法をご紹介します。自然解凍した肉は、肉汁が流出してしまうため、美味しさやジューシーさがいまひとつ。でも氷水に...

冷凍りんごのレシピ。リンゴを凍らせただけの絶品スイーツ。

リンゴは、凍らせるだけで絶品スイーツになるとのこと。今ネットで話題になっています。実はこの「冷凍リンゴ」、1970年代から福島県の学校給食で...