長芋のとろろがかゆい。かゆみ止めには、冷凍がおすすめ。

公開:

長芋 山芋 大和芋 かゆい

食品学のプロ、関東学院大学の津久井学准教授がすすめる、山芋(長芋・大和芋・自然薯など)のとろろを食べても、唇がかゆくならない方法をご紹介します。

津久井さんによると、山芋の細胞には「シュウ酸カルシウム」という、かゆみの元になる物質が含まれています。
顕微鏡で見ると針のように見えるこの物質は、尖った先で皮膚の神経を刺激するので、唇がかゆくなるのだそうです。

さて津久井さんがすすめる、とろろをかゆくなりにくくするポイントは、2つあります。

皮を厚めにむくことと、冷凍することです。

(情報元:TV「この差って何ですか?」2016年4月17日放映)

スポンサーリンク

山芋のかゆみを止める方法

長芋 山芋 大和芋 かゆい

津久井さんがすすめる、かゆくなりにくいとろろを作る方法です。

かゆくなりにくいとろろを作る方法
  1. 皮を厚めにむく。
  2. 一晩冷凍してから、すりおろす。

津久井さんによると、山芋のかゆみ成分「シュウ酸カルシウム」は、皮の内側の5ミリ当たりに多く含まれています。
そのため皮を厚くむくだけで、かゆみがかなり和らぎます。

また山芋を凍らせると、「シュウ酸カルシウム」の針が折れるため、かゆみを感じにくくなるそうです。

ほんのひと手間なので、覚えておくと便利ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:とろろごはん by yoppy

自然薯農家がすすめる、とろろご飯のレシピ。ツナ缶を加えるのがポイント。

静岡県牧之原市で自然薯農家を営む中嶋拓雄さんと、息子さんの中嶋雄一さんがすすめる、自然薯を使った「特製とろろご飯」のレシピをご紹介します。「...

ステーキの焼き方。冷凍のプロは、肉を凍らせて焼く。

冷凍のプロ、東京海洋大学教授の鈴木徹さんがすすめる、美味しいステーキの焼き方をご紹介します。鈴木さんによると、ステーキは凍らせてから焼くと、...

科学の力で、そばを美味しくする方法。乾麺の茹で方とつゆの作り方。

麺のスペシャリスト、工学院大学先進工学部教授の山田昌治さんがすすめる、科学的に理にかなった、美味しい蕎麦の作り方(乾麺の茹で方&そばつゆの作...

あさりの冷凍保存法。冷凍のプロのおすすめです。

冷凍のプロ、東京海洋大学教授の鈴木徹さんがすすめる、アサリの賢い保存法をご紹介します。アサリは、水に浸して冷凍保存します。そして解凍する場合...

水島弘史シェフの、きのこの炊き込みご飯のレシピ。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、科学的にも理にかなった、美味しい「キノコの炊き込みご飯」の作り方をご紹介します。たった2つのポイン...